FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
明日から仕事だぁ

明日から仕事だぁ


明日から仕事ですねぇ。
サスガに正月ボケ気味。
終わってみればあっという間。
新年のスケジュールを色々と考えなければ~。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

金曜日は株価が上に来ましたねぇ。
日経先物20100円ですか。
なんだかイマイチな展開です。
ドルがあんなにぶっ壊れたのに株価がシッカリなのが気に入らん~。

まぁ、ブツブツ言っててもしゃーない。
お年玉って訳にはいきませんでした~。
プット売ってた強い人が勝った訳ですな。

明日からの市場がどうなるかは、正直あんまり分かりません。
上値は重いとは思ってるので、そこはスタンス変わらないんですけどね。

アメリカの株価SP500は2575ポイントを見に来るはずで、今2531ポイントなのでもうちょい上昇余地はありそうに思います。
そこで下がればキレイです。

ドル円は一回110円台に戻ってもいいように思いますけど、どうでしょうね。
一目的には109.4ぐらいかなぁ。
ただ、これ、104円から半値引いてるのでちょっと当てにならん気もします。

ファンダメンタルズと言うか、市場を動かしそうで気になるのはトランプです。
政府の一部閉鎖をしましたが、年単位になるぞと脅しています。
このオヤジ、ホントにヤクザと変わらないなぁ。。。

民主党もトランプもお互いに譲らないと分かってるのに、市場がガタガタするってのも何だかなぁって感じですが、結局はそういうもんでしょう。
ボラティリティが下がったらプットは買いたいぞ。

ランドは少し上がりましたね。
株価が上がったからかな。
対ドルで13ポイント台に入ってます。

ランド円は8円台ではないんですけど、ここ数カ月ではまずまず高いレベルです。
まぁ、これぐらいなら上出来ですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



2019年年始の雑感 Part4

2019年年始の雑感 Part4


ドル円がぶっ壊れたので、日経もぶっ壊れるかと期待してたのに全然来なかったですねぇ。
プットの買いは失敗のようです。
まぁ、来週まで持っちゃおうとは思ってますけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ここまでの世界経済の環境の中で日本の市場はどうなるか?
割と一番簡単かもしれなくて、大方の予想通り円高の株安でしょね。(←コレ、実は年末に書いてあったんですけど、出す前にスッゴイ円高になっちゃった。。。)
何度も書いてますけど、株を買うのは勧めません。

きちっと損切りだけラインを決めて、信用売りを継続が2019年前半の戦略で考えています。
それ以外はあまりやりたくないかなぁ。

オプションは色々と戦略が組めるので、ちょっと考えたいですけども、好きなストラテジーはやりにくいなぁ。
なんかユルユルと下がるの前提のポジションを作らないとですよねぇ。
プットのレシオは怖いしなぁ。。。
一番簡単なのはコールの売りか(笑)

さすがに金融緩和もよっぽどの事が無い限りは出せないでしょうからね。
コールの売りも怖い思いはいっぱいしてますけど、2019年は最も機能しそう。
ショートカバーだけ気を付けて売ればいい気はしますね。

とは言え、クラッシュで金利を下げるのはあるかもですね。
まぁ、ちょっとやそっとじゃ金利下げられないでしょうけども。
そんなに下げ余地が大きい訳でもないですしねぇ。

そう言えば、大納会の日にコール売っても良かったな。。。
プット買いのコール売りでベガを少しヘッジしておくべきだった。。。
まぁ、残存ちょっとあるし連休だから売り戦略は控えるべきでしょうけども。

為替はドル円は円安になるイメージは描きにくい所です。
どこまで円安が進むかは不明ですけど、100円割るかって言われると分からないなぁ。。。
無いって言えない人もいないでしょうけども。

結局は、株価がどこまで下落するかって話なんじゃないでしょうか。
それ次第で為替も振られる。

サブプライムの時みたいな市場のシステム不全に陥るレベルにはならないといいんですけどね。
一応は、周期的な景気後退とされていますし。
それであれば、まぁムチャクチャな事にはならないでしょう。

一方で、2018年の株式市場の下落幅はサブプライムレベルだったので、既に暴落しちゃった感も個人的にはありますけど。。。
それにも関わらずたいしたパニックになってないのは為替市場が比較的落ち着いてるからかなと思ってたんですけど、なにやら雲行きが怪しい。。。

と言う所で、2019年は嫌な感じで始まってしまいました。
1週間前に思ってたよりも悲観的にならざるを得ませんね。
ここ数年で湧いて出てきた投資家の実力が問われる年かもしれませんよ。
買ってるだけで勝てる相場では既に無いように思います。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



2019年年始の雑感 Part3

2019年年始の雑感 Part3


年始からやっぱりぶっ飛んできましたね。
ドル円かぁ。
104円。
すげーストップ出たんでしょね。

雑感のPart3は新興国です。
前にも書きましたが主役はトルコでしたかねぇ。
1年を通して、だいぶ書いた気がします。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

新興国はトルコに始まってトルコに終わったかなと言う印象です。
何年か前から思ってたんですけど、トルコの金融政策ってデタラメじゃないかなって疑ってました。
少なくとも、ランケンが南アフリカの金融政策や日銀の元総裁の白川さんの本を読んで学んだ考え方とは大きく違いました。

金融政策の原理とか本質的な考え方って変わってはいけないはずで、それを無視した政策を取ってるように見えたのがトルコでした。
別にランドの応援のためにトルコをディスってた訳では無くて理解が出来なかった。
トルコ語だからかなぁと思ったりもしてたんですけどね。

でも、2018年の暴落を見ると、やっぱり基本って大事なんだなと改めて思わざるを得なかったです。
トルコリラ円が30円から15円に落ちて、インフレ率が25%。
いくら新興国とは言え、これは恥ずかしいレベルですし、国家のリーダーとひいては国民の無知さを思い知らされた経済でした。

2018年は比較的世界経済が安定してる時期だったのはラッキーと言えるでしょう。
これが世界経済の不安も抱えてる状況だったら、50%下落じゃ済まなかったと思います。
新興国全体に飛び火するような話になってIMFが乗り出してなシステム不安に陥ったかもと思いますよね。

金利が高いってんでFXでもガンガンと宣伝がされてたリラですけど、さすがに広告が減った(笑)。
金利が高いってのは何をもって高いのか、何が理由で高いかってのを理解しないといけないですね。
そんなん教えてるのランケンスクールぐらいしかないのかもですけど。

ランドについては、Cyril Ramaphosa大統領の期待外れが出た年でした。
と言うか、南アフリカに期待しすぎなのかもしれませんけど。。。

潜在成長率が高いのはあるはずなので、政治が変われば良くなるはずって言う考え方がランケンも含めて大方の見方だったんでしょうねぇ。
残念ながらたいして変わったようには見えないと言うのが正直な所です。。。

ランドは2019年も周りに振り回されるんじゃないでしょうかね。
南アフリカとしては低位安定で移民やテロのリスクはあんまり感じません。
この低成長でインフレがスゴク高くなるとも思えないし。

格付けは気になる所ではありますけど、まぁこれもジャンク入りしたからって手が付けられない程に今更売られるって事もあんまりないんじゃないかなぁ。
むしろ、ジャンクじゃない方が不思議な訳で。。。

一方でジャンクにムーディーズが落とした時に売られないかって言うとそんなことはないと思います。
パニック的な売りにはならない可能性の方が高いってだけで売られるは売られると考えています。

インフレも若干高くなってくる見込みですから、上がる要素はあまりないかなぁ。
間違って景気が良くなる事も無さそうだし。。。
短期の売り目線の方がいいかもですね。

新興国以下ではフロンティア市場ってのがあるんですけど、筆頭はアルゼンチンかな。
ベネズエラって完全に通貨を腐らせた国もありました。
これだけ情報がある時代にあんな腐らせ方するのは、リーダーがクソ以外の何物でもない。
国民の勉強不足も大きな問題です。

コモディティ価格も低調ですしねぇ。。。
先進国の中でもアメリカ一強になってますがアメリカの金利の高さと新興国の低成長を見ると2019年も新興国にいい風が吹く感じはしません。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



2019年年始の雑感 Part2

2019年年始の雑感 Part2


年始の雑感Part2です。
今日はヨーロッパの雑感。
正直、あんまりヨーロッパを意識しなかった年かもなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

ヨーロッパもついにサブプライム後の金融緩和の出口な年でした。
相変わらずゴタゴタしてるBREXITは市場に大きな影響は出てないようではあって、個人的には割とスルーしてました。
でも、Financial Timesでは重要事項だとなってます。
イギリスの新聞なんで当たり前ですけどね。

ヨーロッパは地政学的リスクが大きくて移民に対してはますます閉鎖的になってます。
今のところ反転する兆しは全く無く、ユーロ圏より東の国にとっては厳しい所でしょう。
ちょうどトルコ辺りですね。
トルコについては新興国として扱うので別途書きます。

保護主義はあまり頂けないように思いますけど、移民を誰でも許すのはやっぱりムリがあるのが明確になってしまった2018年でした。
ある程度の区別は付けないと、秩序だった国家がカオスに引きずり込まれる。
これに対して欧州各国はNoと言ってるのは間違いなく、今の動き自体はやむを得ないし、何を言っても現実としては通用しないでしょうし、先進国の中で最も閉鎖的な国である日本人が何を言っても何も意味は無い(笑)。

やっぱり宗教や価値観が違うと社会的な不安定をもたらしますね。
ユーロ圏が限界だな。
あれ以上は広げてはいけない。

ユーロの中で気になるのはイタリアでしょうか。
イタリア国債の利回り上昇は心配です。
ギリシャの危機があったのにまたかよって気はしますけどね。

これはユーロの構造問題ですから、本質的な解決策はありません。
一方で欧州安定化機構が出来たりはしてるし、やはりギリシャショックはまだ忘れるには早すぎる。
ですので、イタリア危機にはならないとは考えてるんですが、市場が売りを浴びせた時にどこまで価格が下がるかは気になります。
まぁ言うてもイタリア国債の流動性が枯渇するって事にはならないでしょうから、やっぱりギリシャは考えにくいかなぁ。

2018年はヨーロッパの世界経済への存在感をあまり感じませんでしたが、2019年も比較的落ち着いてる気がします。
アメリカよりもヨーロッパの方がいいって事もなかろうし。

あんまりユーロを積極的に買う理由もない気がしますね。
アメリカの貿易戦争でドル安に動かされたらユーロが上がるかもなぁな気分。
為替は2018年同様に難しい年になる気がします。


人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



2019年年始の雑感 Part1

2019年年始の雑感 Part1


あけましておめでとうございます!!!
今年はイノシシでしたっけ。
あんまり猪突猛進しないようにしよう(笑)。

そう言えば、昨年の雑感見てたら、負け犬にならないようにしようなんて書いてましたけど、負けましたね。。。
全ては2018年の年始の一発。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

アメリカの景気は上々だと思ってはいます。
一方で、市場は既に将来を織り込んできてるのは債券やら株やらを見ていれば明らかです。
このままの景気が続くとは見られていないですよね。

アメリカの不動産市場もさすがに停滞感が出ているようで、マンハッタンのマンションの売り上げは2008年のサブプライム以来で最低とWall Street Journalで出ています。
今後もしばらくは渋い展開だろうとされており、来年は更なる価格下落が見込まれています。
金利も上がってるから当然でしょうねぇ。

2019年の焦点は景気がソフトランディングできるかどうかって所なんでしょう。
現状、懸念としてあがってるのは米中の貿易摩擦です。
アメリカが保護主義を前面に押し出して、中国が保護主義反対なんて言ってるんですから、時代がひっくり返ったか?みたいな気はしますよね。

そもそも保護主義の色合いを強く出してるのはトランプ。
今年は民主党が議席を取り返したので、来年は政治的な混乱が更に激しくなりそうです。
トランプが譲る気もしないし民主党が譲る事もなかろう。

結果として政治的な停滞どころか、足を引っ張るような局面が出てくるように思います。
きっと相場もまたクラッシュする。

あと、やっぱり長短金利の動向は2019年に最も重要なものの1つと思ってます。
中銀が金利を上げれば、株のようなリスク資産を買うモチベーションは減ります。
だって、アメリカの比較的短期の国債が2.5%で無リスクですからね、配当利回りが3%ぐらいだったらバカバカしくて配当狙いじゃ買えなくなります。

先日、ランケンスクールの受講生さんがドル建ての三菱UFJ社債を見せてくださいましたが、4%超えてました。
G-SIFIで潰せない銀行ですから、例え合併しようがなんだろうが社債を踏み倒せる事はないはず。
にしても、MUFGの株の配当利回り4.1%でPBRが0.43か。
さすがに安い気はしますね(笑)

アメリカに戻ると、株価は高すぎると思うので上値は重いはず。
今月の下落で既にアメリカの株価は天井をつけたと思ってます。
短期金利が高い状態で、SP500が3000ポイントを抜けるのは相当に厳しいかと。

SP500ベースで2100ポイント辺りまで下げてもおかしくない。
2100ポイントを大きく割り込むとクラッシュがあるはずなので、ちょっと怖い所です。
多分、そこまで致命的なレベルにはならないと思うんですけどねぇ。

為替の方はどうでしょうね。。。
対ユーロで考えるべきだとは思ってますけど、正直、まったく分からない。。。

ドル高になる理由もユーロ高になる理由もあんまりない気がしてます。
フラフラと方向感のない展開でしょうかねぇ。

ただ、金利の点はあるですね。
ECBはマイナス金利政策ですから、アメリカとの金利差は開いています。
ユーロ高よりはドル高の方が理由がありそうな気がするな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



良いお年を~!!!

良いお年を~!!!


ボクシングの世界戦は日本人が3人とも勝ちましていい年末になりました。
拳四郎がスッゴイ飛ばされててかわいそうだったけどなぁ。
スピードがあって軽量級も好きなので、見たかった所です。

井上拓真は泥臭いけど井上家らしいボクシングをしますね。
尚弥の試合見てると、もうちょいスピードが欲しい所な気はしますけど。
同じバンダム級とは思えないのは、尚弥が異常なのかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

年末なので今年の相場を振り返ってみましょうかねぇ。
若干忘れつつありますが、一応は南アフリカランド研究所なので、ランドの動きから。

2018年の年始は9.2円でしたかぁ。
安値が7.1円で年末は7.64円。
なるほどなるほど。

南アフリカは格下げの話が相応に出てましたが、まぁある意味で低位安定。。。
Cyril Ramaphosa大統領は完全に期待外れな様相です。。。
なんとかならないのかな、あの国の政治は。。。

今年のランドはなんとなくトルコに振り回された1年だった気がしますね。
トルコの急落が2018年の年始にもあって記憶があって、ランドはそこで引っ張られるように売られたのを覚えています。

しかしトルコリラ円は年始に30円だったのか。。。
1年で半分になった通貨も、あのレベルの経済の通貨では珍しい。
15円台から戻して今は20.88円。

今年、もっとも勉強になった通貨だな、リラは。
見てて、とても興味深い通貨でした。

トルコもユーロ入りを願ってた国ですが、ユーロに入らなくて良かったなと改めて思います。
金融政策を放棄していたら、第二のギリシャになる所だった。

でも、金融政策を持っていると言う強みがあるにもかかわらず、バカな独裁者の大統領がいるとあまり役に立ちません。
しっかりと締めるべき所を締めないからあぁなるんだよなぁと改めて思いました。

面倒な事は宗教として価値観に結びついてる所ですね。。。
イスラム系の通貨は買いにくいと言う事を示してしまったようにも思います。

これはイスラム教国家にとって非常に不幸な話で、イスラム教国には投資資金が流れにくくなる事を意味します。
具体的には、パキスタン、インドネシア、バングラデシュ辺りでしょうか。
ムスリム人口は世界で16億人もいるのにね。。。

金利の考え方を宗教と切り離せないもんですかねぇ。
どの宗教も問題を抱えますけど、最大の宗教の中では最も貧しくなりそうな宗教です。
そこで出てくる格差がテロに繋がっちゃう所が困りもんですね。

株式市場は、個人的には2月に食らった奴が痛かったなぁ。。。
完全にリスクコントロールを怠った。。。
プット売りの怖さは分かってたつもりなんですけど、過信以外の何物でもない。

残存3日で2円が720円になるとは。。。
しっかりと損切り入れておかなかったので一発で持ってかれました。。。
去年、うまくコントロール出来てただけに鼻っ柱を折られた感じが強いです。

それ以外は概ね好調でしたけど、あれだけが悔やまれる。
好調な全てを飛ばしてくれますわ。

2018年の後半はオプションは若干控えめで、信用売りが多かったです。
結果としてこれは成功。
ランケンが取るストラテジー的にはオプションの相場では無かったように思います。
プットをガマンして買ってれば良かったのかなぁとも思わなくはないんですけど、多分バックスプレッドは怖くてガマンできなかったと思う。
下がるんですけど、ガツンと下がったのが年末だけだったような。。。

まぁ、でも、信用売りが機能してくれたのは良かったです。
個別株のネイキッド売りってスゴク久しぶり。
CFD以来だな。
地合いとかみ合いが良かったので楽勝モードでした。

明日以降、年始の雑感とします。
それでは、皆様、良いお年を~!!!

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカ、11月貿易収支は黒字

南アフリカ、11月貿易収支は黒字


大寒波襲来だそうで、冬らしくガッツリと冷え込みましたね。
風が吹くと体全体に力が入っちゃいます。
肩が凝るな冬は。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日は大納会で7年ぶりに前年末を下回るとの事でした。
7年も上がり続けてたのかぁ。
ある意味でスゴイ。

最後まで粘って、先ほどプットを仕込んでみました。
年末年始に大暴落を期待的な嫌なポジションです。
経験的に下がる気がするんですわ、年末年始。

特にアメリカが下がってる感じ。
第四四半期の〆が理由の1つじゃないかと思ってるんですけどね。
で、日本は市場が閉まってるもので動けないって言うパターンを幾度も経験した。
今年はどうなるかなぁ。

南アフリカは11月の貿易収支が出ています。
34.9億ランドの黒字。
年初から累積だと11か月で41.6億ランドの赤字になります。
昨年よりは現時点では改善ですね。

ランドは上昇しています。
対ドルで14.35ポイント。
ランド円も7.67円まで上昇。

チャート的には押し目の売りな感じがしなくもないですが、どうでしょうね。
ドル円のチャートの方が嫌かな。。。
110.39円で、もうちょい下に行くと更に円高に走りそう。
ポジション的にはその方がいいですけどね。

今日は南アフリカの新聞見てて面白い記事がありました。
「もし家が欲しければ日本に行きなさい」って(笑)
理由は日本政府が家をタダでくれるからだってさ(爆)
ホンマかいな。

日本においては空き家が危機的な状況だと報道されており、800万戸の家が放置されており、2033年までに実に2000万戸が余るとされています。
需要も低く、供給は上がり続けている国なので日本で家をもらってしまえとの事です。
あれって外人にもくれるのかなぁ。

南アフリカ人が本当にもらえるかどうかはだいぶ胡散臭い話で現実的にもらってもビザが無ければ無理でしょうし、固定資産税はかかるので、そんなに甘い話ではないはずです。
一方で、正しい情報としては空き家が既に80万戸ある事、2033年の空き家数は2150万戸とされている事で、これは野村総研の予想です。

2033年ってあと15年後じゃん。
あと5年後の2023年で1394万戸の空き家なんだそうです。
空き家の割合は実に30%。
うへ。。。

不動産投資やってる人の気が知れん。。。
30年のローン組んでワンルームを貸し出しみたいなの、しょっちゅう電話かかってきますけどね。。。

政府の空き家対策でも今度ジックリと見てみようかな。
外人にタダであげるってのが本当だったら笑えるなぁ。
逆に本当なら日本の人口を維持出来るかもしれないけど。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



アメリカは循環的な景気後退へ

アメリカは循環的な景気後退へ


仕事納めしてきました~
やっと冬休み。
一緒に働いてるベンダーさんは明日も出るそうですが(笑)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

昨日書いたショートカバーが来ましたね。
日経平均も今日は2万円を一時超えました。
ドル円も111円を超えました。

ただ、それでもやっぱり、どうもこの戻り弱い。
半値に戻ってこない。
もうちょい来ても良さそうなもんだが。。。

ドル円は既に110.76円まで下げています。
なんかまた110円を割り込みに行きそうですね。

ランドは幸いにしてまぁまぁ。
ランド円は7.6円です。

アメリカもクリスマスが終わってます。
それもあって昨日は歴史的な上昇ではあったんですけどねぇ。。。

ウォールストリートジャーナルなんかを見ると経済の減速と政治への不透明感が原因とされています。
政治への不透明感なんてトランプになってからずっとなので、あんまりそこは変わらないんじゃないかなとは思っています。
やっぱり景気減速を織り込みに来てるんでしょう。

今日のウォールストリートジャーナルを読んでて、ストンと感じたのが「少なくとも循環的な景気後退」と言う言葉です。
2020年に緩やかなリセッションに陥るだろうとしています。
そりゃ、そーかなと思いました。

信用売りしてた株は一回全部利食いました。
まぁ、明日大納会だしね。
信用売りも金利かかるんで、そこまで引っ張らなくていいかなって。

後はやるならプットでも買っとくかな気分です。
年越しポジションとしてはお年玉にそれぐらいかなぁ。
ATMのプットが490円か。
IVが33.2ポイント、高いなぁ。

カレンダーで期近売りってのもありかもしれませんね。
カレンダーにするなら年明けにしないとかもですけど。
丸一週間動けないんだからベガはロングになるように最低でもしておかないとですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカでエイズの新薬に期待

南アフリカでエイズの新薬に期待


日本が商業捕鯨再開に向けて国際捕鯨委員会を脱退する事になりました。
単純になんで今更クジラなんて食べたいんでしょうね?
伝統文化だかなんだか分かりませんけど、個人的には海外行って後ろ指を指されるような事をするのはあまり有難くない。
露骨に嫌がる外人いるんですよねぇ。

なんでクジラ食べるんだって言われて答えられないもん。
あそこまで反対の強いもの食べなくても他にいくらでも食べるもんあるだろうにと。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

今日は少し市場が落ち着きましたかね。
明日の朝、このまま少し戻ってくれるといいんですけど、どうかなぁ。。。

ちょっと見ててイマイチだなぁと思うのはショートカバーが来ない点です。
普通、これだけ下がったら半値まで速いはずなんですけどねぇ。
あんまりそういう感じがしない。
まだ下げるって事かもですね。

今日の市場はドル円は110.57円。
ランドは戻りが鈍く、対ドルで14.60ポイント、ランド円は7.57円。
下落基調ではありますが、株価のパニック的な売りに比べれば穏やかに見えます。
まぁ、それでも高値からは10%ぐらい下げてますか。

今日は南アフリカではエイズのニュースが出ています。
南アフリカはエイズの患者が最も多い国の1つで800万人を超えますすが、結構エイズの薬って今は色々とあるみたいでして、最近はめっきり騒がれなくなりました。

今の問題はエイズ薬に対する耐性が出てきたウィルスがいるってレベルにまでなってきてまして、割とどれかは効くみたいです。
もはやエイズはたいした病気ではないとまでされてはいます。

ただ、完治させられるような薬はまだ無いので、どっちかと言うとエイズの進行をゆっくりにするような薬が多いみたいです。
完治しない以上は飲み続けたりしないといけないんですけど、南アフリカにとっては薬代が高いというのが経済問題としてあります。

いいニュースとしては来年2019年には新しいエイズの薬が出てくるんだそうで、しかも安いんだそうです。
うまく使えるといい所ではあります。

一方でエイズに対する偏見ってのが未だに根強いようでして、差別にも繋がってるとの事。
エイズって感染がすごく早いとも思ってたんですけど、唾液レベルでは感染しないんだそうですね。
しかも薬をちゃんと飲んでいれば、ウイルスの検出限界未満になるまで落とせるらしく、パートナーにもここまで来ればほぼうつらないそうです。
へぇって感じですねぇ。

南アフリカでは母子感染が多いらしく、これはどうしようもない。。。
後は薬物系みたいです。

既にHIV感染の若者の平均余命は非感染者とほぼ変わらないレベルにまで達しているんだそうで、相当どうでもいい病気になりつつあるみたいです。
医療の進歩は素晴らしいですね。

ちなみに日本のエイズ患者の数は発症前のHIV感染者を含めて27000人ほどだそうです。
年間1500人ぐらい増えてるそうです。
やっぱり同性間でうつるのが異性間でうつるよりも3倍ほどあります。。。

まぁ、毎日クスリさえ飲めばいいみたいなので、見た目ほとんど分からないんでしょうね。
南アフリカでも安くいい薬が手に入るのであれば、経済の重しとしても少しは楽になるんじゃないかと思います。

それにしてもアレルギーの薬って、なんであまり出ないんだろう。。。
クソ高いし。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



株価、大暴落

株価、大暴落


GMOが仮想通貨マイニングを諦めたとのニュースが出てますねぇ。
第四四半期なので年内に撤退で特損計上って事だそうです。
さすがに決算を控えて続けられないって事なんでしょうね。

ビットコイン価格、ここ一か月間はさすがに落ち着いてる感じしますが、もう終わったチャート感はありありです。
決済に使うなんて事はもうないでしょうね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


株価がヤバいですねぇ。
ついにランドまで下落し始めました。

ランドは対ドルで14.55ポイントぐらい。
ランド円も7.57円。
ドル円は110.33円です。
ドル円は110円を割れてもおかしくない状況です。

SP500の月足、ヤバいですね。
この幅で下げたのはサブプライムでもなかったレベルです。
SP500の月足は下です。

Sp500-20181226.png


どーすんだ、これ。。。
さすがにFRBも焦ってるんじゃなかろうかと。

日経平均は一時19000円割れ。
1000円以上の下げでした。

VIX指数も爆上げ。
36ポイント。
これ、下手に売れないなぁ。。。
とは言え、ここまで行っちゃうと買えない。。。

どうもタイミングが合わないですね。。。
一週間、早い。。。
先々週位はもう少しで下落が来ると思ってたのに来なかったし。。。

あんまりうまく仕込めなかった。。。
オプションの買いの難しさですよねぇ。

大局は間違ってないので、損は出ないんですけど。
ホントはここでガッツリ取りたい所。
んー、悔しいけど今日は取れないな。

年内もあと三日ですか。
仕掛けるチャンスあるかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張