南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
カタルーニャ独立とかノーベル経済学賞とか

カタルーニャ独立とかノーベル経済学賞とか


いいお天気で気温も気持ちいいですね。
スーツも新調したし、なんとなくリフレッシュな気分。
連休、もう少し勉強しようと思ってたのにダレたなぁ。
時間あってもやる気の問題か。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ノーベル経済学賞の受賞者がシカゴ大学のRichard Thaler教授に決まりました。
経済における心理学の理解についての功績が認められたとしています。
行動経済学って言うんですかね、心理学の観点から見た経済学を経済学の主流に押し上げた人とされています。

心理学を経済学に落とし込むなんて、いかにもアメリカの学者が好きそうな分野です。
統計をいじくりまわして分析に使う心理学と経済学は近いとは感じますし、恐らく経済学の方が統計が使いにくいので心理学を使うイメージは何となくつかめます。
心理学の方が統計には向いてると思う。

ただ、興味深いのはブラックスワンと呼ばれるロングテールは正規分布では扱えないので、バブル発生と崩壊についての考慮がされているのかどうかって所でしょうか。
この辺りは、同教授の本のタイトルが「Nudge」とされているので、タイトルから推察するに考慮されてるのかなとも思ったりしますが、どうもミクロ経済の観点にもレビュー見ると見受けられます。
うーん、どうしよう、読んでみるか。

あ、目次読んだら違うわこれ、やっぱり。。。
ミクロ経済学の観点から見た政策立案っぽい。
見送りだな(笑)

スペインのカタルーニャは独立反対派の行進が30万人を超えたとかってニュースがここ数日出ていますね。
なんとなく発表された投票の数字と単位が合わない気がするんですけど、どういう事だろう、これ。
独立賛成側が数字をいじったかな。

もう1つ重要な情報として、スペインの法律で155条ってのがあって、スペイン政府は自治政府が無茶したら必要な対策を取っていい事と制定しています。
必要な対策とは地方政府の高官を排除するみたいな話で、これは警察が地方の政治家を逮捕しちゃうって話になります。

法律上は、これが裏付けになるので有効なのでしょうけども、実質的にカタルーニャ地方の人たちが逮捕に動くかって話は残っています。
まぁ、最終的には首都マドリードから警察が動けば何とでもなるので、ボトムラインとして独立は難しいんでしょう。

スペインの株価指数は週明けは若干上昇しています。
こりゃ、ランケンの戦略は負けだな(笑)
逆張りしないといけなかったのか。155条は知らなかったなぁ。。。
どうでもいい金額なのでお遊びですけども、これはこれで面白い切り口が見えて良かったとします。

どっちかと言うと面白くなってきそうなのが、日経先物かも。
シカゴ市場は既に20735円。
明日は20700円で寄るイメージでしょうか。

ドル円は112円台なので、そこまで上がる心配は無さそう。
もうちょい上がってくれてもいいんですけどねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカのスタンダード銀行、賄賂疑惑企業の見直し開始

南アフリカのスタンダード銀行、賄賂疑惑企業の見直し開始


新しいスーツ買ったんですが、なんか面白味のない無難な感じでした。
ちょっと地味だったかなぁ。
生地見てる限りはいいんですけど、スーツの勉強をしたいなと思ったりしました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先日、ドイツのソフトウェア大手のSAPの賄賂の話を書きましたが、南アフリカ最大手銀行の1つのスタンダード銀行が同社とマッキンゼーへの契約の見直しに入ったと報道されています。
もちろん、スタンダード銀行は大元の問題となったKPMGとも会っていまして、全ての会社の説明を求めています。
同銀行は声明を出し、満足のいく説明がなされない場合は契約の継続をしないとも表明しており、是正措置がない場合は契約を切るとも言っています。

いいぞ、やれやれぇって感じですね。
こういうのは、またどっかで起きるんでしょうけども、やっぱりきちんと事件化しないとなかなか無くならないものです。
ランケンの会社では、政府相手に契約をする場合は特別な研修がなされたりするぐらいで、やっぱり政治家周りの汚職ってどこの国でも多そうです。

ただ、研修がどんなにあっても現場が聞くかどうかは文化みたいな部分が強いはず。
金融系なんかは非常に厳しいんですけども、これも小さい所行ったりするとだいぶ違いますし、銀行と証券会社系ではまた違います。
銀行なんて、接待なんてほとんど現場レベルじゃできないですからねぇ。

営業は飲みに来ちゃダメって言われるもんだから、全員が払う羽目になる。
フィリピン人とかはちょっと気の毒です。(多少は傾斜かけてるんですけどね、そもそも人件費が数倍違うので、負担としては彼らの方が大きくなっちゃう)
まぁ、上の方行くと、ちょっと違ってきて、銀行が保有する施設で飲み食いしたりしてるみたいですけども。

ただ、大手企業が持ってる保養所だかセミナーハウスだかって何回か行ったことあるんですが、お酒飲まないランケンにはまぁつまらんです。
あんなので接待されて感動する人もいなかろうとは思うんですけども、酒好きには高めの酒が飲めるんでいいんでしょうかねぇ。
都内の高い土地持ってるのが会社側からは優良な固定資産として計上する以外に対して役に立たない気はしますけど、本当に悪い話も出来るような場所なのかもしれないなぁ、とか思ってました。
会社の中なので、別のお客さんがいたりしないですしね。

賄賂の方ですが、マッキンゼーについては、間違ったことはしていないと言っています。
ただ一方で証拠が出た場合は当局に協力するとしています。

マッキンゼーは否定してきたのかぁ。
コンサル業界トップのガバナンスが崩れてるのかどうかが見ものです。
ランケンの会社程度のガバナンス体制はしいてると思うんですけど、ヨーロッパの大手新聞で汚職の名前に同社の名前が出てきてますので、米国本社も重大事項とはみなすでしょう。

で、KPMGは8社を既に失っているそうでスタンダード銀行からも厳しい処置を受けるでしょう。南アフリカの民間企業は割としっかりと汚職対応をしてきている気がします。
既に8社がKPMGと取引停止を決めてるってのは動きが速い。
他の会計会社だってやってるに決まってるんですけど、民間企業がしっかりガバナンスをするのは政治への圧力にもなりますからドンドンとやってほしいです。

あと、Old MutualのTrevor Manuelの動きも出てくるかもですね。
南アフリカの元財務大臣で、裏も表も分かってる人なので、ちょっと期待したい所です。

相場は金曜日はドル円が113円半ばまで雇用統計で行ったのに、また112円台半ばで戻ってきちゃいましたね。
ユロドル見る限りはまだドル高継続中ですけど、あまりスピードは速くなさそうです。

日経先物も結局20700円をキープできず。
これ位なら、さほど怖くはないかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



雇用統計、7年ぶりの減少

雇用統計、7年ぶりの減少


サッカーのニュージーランド戦見たんですけど、何のかんの批判はあっても、ハリルホジッチ監督の采配は当たってますよね。
小林と乾を入れてからの左サイドの活性化は確かに流れを変えたし、倉田も途中出場で点は取っちゃうし、センタリングはファーサイドに出し続けて決まったし。
サッカー協会の不協和音も聞こえてきますが、結果に文句は言えないなぁ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

雇用統計、ちょっとビックリな数字ですね。
33000人の減少となり、なんと7年ぶりの雇用減です。
要因はフロリダとテキサスを襲ったハリケーンとされていまして、レストランの仕事などがハリケーンで減ったそうです。

うーん、分かるような分からんような。。。
確かに広域のハリケーンですが、全米の雇用に影響しちゃうんだ、あれって。
まぁ、でも一時的な要因なので、そこまで心配する程でもないんじゃないかと思います。

雇用統計の影響を受けてドル高が進んでいます。
1.17割り込みました。
ここら辺はユーロ売りを入れたい所です。

ドル高ですので、ランドも下落。
対ドルで13.78まで落ちています。
先週あたりに書いた気がするんですけど、やっぱりランド安になっちゃいますねぇ。
この流れではどうしようもない。

とは言え、ランドそのものが脆弱って感じでもないので、ドル高に押されてるレベルの下落に見えます。
少なくともキャピタルフライトではない。
でも、買えない事に変わりはないけど(笑)。

ドル円もドル高円安です。
113円台半ば。
この辺を抜けて来て114円を見に行けるかです。
どうだろう、そこまでの勢いはない気がする。

結果として日経平均も若干上昇して20740円と高値。
来週、21000円まで見に来ることは無いんじゃないかと思ってるんですけど、見に来てくれても嬉しいかも。
月曜日、お休みなので、SQまで3労働日。

とりあえずイベントはこなしたので、後はシカゴとかかなぁ。
そういや、スペインの株価指数、食らってます。。。
鞘が閉じちゃった。
ちょっと下げ過ぎたところで入ったから、こうなるかとも思ってましたよ、ハイ。。。

まぁ、お遊びポジションなんでいいんですけどね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ソフトウェア大手SAPも南アフリカ汚職に関与

ソフトウェア大手SAPも南アフリカ汚職に関与


アマゾンプライムで読み放題が始まりました。
いやぁ、驚くですね。
なんもかんも無料にして経済成り立たなくなっちゃわないかと心配しなくもないですが。。。
職にあぶれた人が逆にイノベーションを更に推し進めてくれるならいいんですけど、現実的にはどうなんでしょうか。

まぁ、でも書店が消えたように遅かれ早かれって話なのかもしれません。
これからはVRの方とかのコンテンツに人をかけていかないといけないとか産業構造レベルでイノベーション考えてるんでしょうね。
途中で商社やってるだけじゃ食っていけなくなるのかも知れない。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカはKPMG問題が割と経済記事の中心になっています。
汚職を助けたとして事実上クビになった元CEOに対して退職金を出したとかって話になっててモラルハザードの問題になってる。
悪い事してお金もらってたら、そりゃ問題になりますわな。。。

ありゃ、ソフト大手のSAPの重役も4人も賄賂を政府に出したって話で社内調査が始まってます。
SAPってIT業界の人じゃないと余り知らないかもしれませんが、世界的な基幹システムのパッケージ大手でドイツの企業です。
賄賂の額は750万ドル。
8億円ぐらいか。。。
結構な額だな。

絶対に政治家が賄賂を要求してるんだよなぁ、これ。。。
別に肩を持つわけじゃないですけど、他の企業も出してるはずなので、出さないと契約取れないって脅されて仕方なく出してるんでしょう。
ある意味で被害者かもしれませんが、8億円も賄賂出せるってSAPぐらいの大手がガバナンス効かせてないのは問題です。
数十万円程度なら、まぁ何とでもなるんでしょうけど8億は会計操作もしてるってレベルでしょう。

後、マッキンゼーまで名前があがってます。
マジかよ、マッキンゼー、ダサイなぁ。。。

ランケンの会社でも、しょっちゅうコンプラ研修みたいなのあるんですけど、汚職も言い出したらキリがないなとも思います。
長時間労働だって、勤務時間を誤魔化してるだけじゃなくて、コストを誤魔化してるので、本来は会計問題です。
それで言うと、多かれ少なかれみんなやってるはず。
たまーに自殺者が出て社会問題化してますけど、それ以前があって、東芝見ても分かるように線引きは確かに難しい。
まぁ、東芝は真っ黒ですけどね。。。

ランドについては、KPMG問題はほとんど影響なさそうです。
汚職の話なんてどこにでもあるんでしょうけども、政権がひっくり返ったりしそうになれば動く事があります。
ただ、南アフリカの場合はそもそもがZuma大統領な訳で、顔に汚職してるって書いてあるも同然な顔してます。
そんな訳で、ランドに影響なし。

今、ランドに影響あるのはドルの向かう先です。
ちょっとフラフラするんじゃないかなぁと先日書きましたが、やっぱりフラフラしてます。
この一週間強、ユロドルはずーっと1.7台。

ドル円もエネルギー感じなくなっちゃいましたね。
明日の雇用統計までは動かないかもなぁ。
そう思うと、プットのレシオとか作りたくなっちゃう。。。

99%勝てると思うんですけど、怖くて組めないチキンなランケン。
1日だけってスケベ根性がいけないんだよなぁ。
逆差しだけ入れておけば大丈夫か。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



スペインとドイツのスプレッドオプション戦略やってみた

スペインとドイツのスプレッドオプション戦略やってみた


東京は寒くなってきました。
さすがに上着を着てったです。
風邪で休んでる人もチラホラ会社にいたので、皆様もお気をつけてください。
って、ランケンもクシャミしてるんですけどね。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

カタルーニャが独立宣言なんて出しそうな勢いだそうです。
武力行使なしの独立なんて出来るんでしょうか。
ある意味、興味深い実験です。

宣言するだけなら出来るんでしょうけど、お金の流れを止めないといけない。
そんな事出来るの???
税金の流れを止めるとかってシステム的な変更が必要になりますが、独立したいって言ってる以上は税金も払いたくないんでしょう。

消費税とか納めたら、スペインの流すのが本質でしょうけども、誰も納めないんじゃないかなぁ。
もちろん、誰におさめたらいいか分からん以上はカタルーニャにも払われない。
お店は消費税は取るだろうから、お店としては儲かるのかなぁ(笑)。

スペインの政府もお金の流れを止めるまで来たら黙ってられないでしょう。
武力を出すんじゃないかと。
カタルーニャは警察を動かす訳にもいかないと思うので、人の盾かな。
勝ち目ないでしょうね。。。

うーん、よく分からんわぁ。。。
宣言するだけじゃ独立できないでしょ。。。
ただただ、しこりが残るだけじゃないかと。。。

笑えるのがカタルーニャ地方債の利回りが上昇してる点です。
スペイン国債10年物の利回りとスプレッドも拡大。
要はカタルーニャのリスク上昇って事ですね。
債券市場、わっかりやすいわぁ。

当然ながら、スペイン株価指数が急落。
めっちゃ急落してます(爆)
せっかくだから、ランケンもこう言うのは面白いから参戦してお金に換えたい訳ですよw
エグイ(笑)

スペインとドイツのスプレッドオプション戦略やってみました。
どう考えたかと言うと下の感じになりますね。

まず最初は、ドイツ株価指数買って、スペイン株価指数売ってのロングショートを久々にやろうかと真面目に考えました。
CFDやってた時はだいぶ儲かったんですけど、今口座閉めちゃった(と言うか、お金だけ引き出して使ってない間に分からなくなった。。。)ので、IB証券でやろうかと思ったりしています。
せっかくだから、オプション使ってやりたい訳ですよ。
これがまた全然分からんの。。。

スペイン株価指数がETFでコードEWPってのがあってオプションあります。
ドイツ株価指数もETFでコードEWGってのがあってオプションあります。
ところがねぇ、両方ともATMでもスプレッド広い。
板を出すと結構やる気がなくはないようにも見えるんですけど、なんでこんな変な板になるんだろう???

スペインの株価指数のプット買いとドイツ株価指数のプット売りにしようかなぁと思ってたんですよ。
そうすると、デルタ的にはゼロに出来ます。

スペインの株価指数が下落すればガンマが効いてスペイン側で結構な利益になる可能性が高い。
ドイツの株価指数はスペイン株価指数ほど下落しない(はず)なので、負けてもたかだか知れてる。
トータルで恐らく勝てる。

もちろん、スペイン株価指数が上がればオプションのプレミアム分は負けますけど、損失限定。
ドイツ株価指数もその時は上がる(はず)ので、多少勝てる。
トータルでちょっと負けるかなぐらい。

これなら、やる価値があるかと計算。
でもねぇ、スペイン側がATMのプレミアム価格が買いが20セントで売りが80セント。
実際に買いの発注もして少し様子見したりしてみたんですけど、買い方は最初はついてこられたりするものの売り方が寄ってこない。

板、ちょっと出しましょうか。
結構、数は出てるでしょ。
1枚だけ出てるのがランケンの玉(笑)。

100倍単位ですので、20セントなら20ドルな感じ。
とりあえず、お遊びに出来る単位数w

スペイン株価指数(EWP)
EWP20171004.jpg


ドイツ株価指数(EWG)
EWG20171004.jpg

なんでも、お金に換えれるなぁと自分でも呆れます。
まだ、勝ち負けは決まってないですけども、少なくともスペインのリスクを金額にして買ってみました。
怖いのはドイツのプット売り。
ドイツでなんかあったら怖いので、一応バックスプレッドにしてドイツリスクだけは取り除いた。
ポジション的には、

スペイン株価指数のETF(EWP)をATMでプット買い
ドイツ株価指数のETF(EWP)をATMでプット売り
ドイツ株価指数のETF(EWP)をアウトでプット買い(多め)

な形です。

今週の金曜日にどうなってるか楽しみです。

本体の日経先物は先月の負け分はほぼ取り返せそうです。
良かったぁ~
後は世界情勢と口座を楽しむだけです。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



ラスベガスとかスペインとか

ラスベガスとかスペインとか


ラスベガスのシューティングの動画見ましたが、凄いですね。。。
映画じゃねーんだから。。。
頭のおかしい奴は絶対にいるんですから、銃自体を禁止すべきだと思うんですけどねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ランケンがアメリカにいて銃を見た事なんてほとんどありませんでした。
シアトルは自然も多いので猟師はいるため、スポーツ店とかで飾ってあるのを見たぐらいかなぁ。

ラスベガスも、そんなに怖い所って感じじゃないです。
マンダリンベイなんてホテルはストリップの超ど真ん中です。
あんな連射するなんて想像できないんですけど。。。
絶対に狂ってると思うなぁ。

犯人の弟のインタビュー動画も見たんですけど、なんだかやるせない。。。
テロじゃないのに、あんなに殺人を許すなんて。
よくあんなマシンガンを手に入れられるよなぁ。
あんなんテロに持たせたらと思うとゾッとします。
テロとしてマークされてなかった人だからかもしれないんですけどね。

昨日書いたスペインの話ですが、カタルーニャの公務員がゼネストを起こすとの事です。
本格的にガバナンス効いてないですね。
とは言え、ストライキは1日だけなのでカオスって訳でもないように見受けられるところがある意味で凄い。

その意味では、かなり節度を持った独立運動です。
そんな節度を持って独立出来るのかどうかは微妙ですが、ラスベガスよりカオスじゃないってのもおかしいでしょうか。

結構、不思議なのはサッカーのバルセロナが独立支持に回ってて、今日は閉鎖したりしてる点です。
スペインリーグから外れちゃったら商売あがったりって奴にならないのかしらん???
独立されて困るのはバルサじゃなかろうかと思うんですけどねぇ。
それにしてもスペインまで割れる動きが出て来て、EUの目指す方向である統一した経済圏とひたすらかけ離れてってる気がしますよね。

スペイン株価指数のオプション、気配値のスプレッド広すぎて手が出ませんでした。。。
時間帯によっては流動性がだいぶ薄そう。
ニューヨークが開く時間とかはやれなくも無さそうなんですけど、時間限定ではちょっとやりにくい。
多分、理論値よりもずれてれば機械が食べるとは思うんですけども、計算もしにくいしなぁ。

あんまりチャンスも見いだせないので、見送ろうかなぁと思ってます。
でも、なんかプット売りたいんだよなぁ。。。
とりあえず、今日は見送り。

日経が上がってますね今日は。
20600円。
意外だわぁ。

だいぶ利確しました。
コールのレシオに持ち替え。
もうちょい上来てもいいよぉ。

南アフリカは今日は特に何もないかなぁ。
なんか南アフリカの方がアメリカとかスペインよりも平和に見えると言う皮肉。。。
なんでだろ。

ランドはやっぱりちょっと下げてきました。
ドル高っぽいな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



スペインのバルセロナ独立

スペインのバルセロナ独立


10月ですね。
電車乗ると、ちゃんと衣替えで上着着てる人いました。
まーだ、ちょっと暑いかなぁ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ラスベガスで銃乱射があったりしてますが、気になるのはスペインのカタルーニャ州の独立、なかなか興味深い展開ですね。
バルセロナがスペインから独立って事は、日本から大阪が独立するイメージでしょうか。
バルセロナの人口は160万に対してマドリードは320万人と2倍ぐらい。

カタルーニャの地方政府は226万票の内、90%が独立賛成としています。
ただ、有権者は540万とされており、全体の4割が有効投票となっています。

ビミョウなのはスペインの最高裁判所がそもそも投票を違法としている点で、独立賛成が法的に有効とされていない点です。
もう1つ考えないといけないのが、EUとしてはどういうスタンスを取るか。
スペインは認めない立場を鮮明にしていますが、EUは民意を尊重する可能性がなくはない。
余計な干渉っちゃ余計な干渉なので、あまり可能性は高くはないと思いますけども

そんな状況なので、カタルーニャ独立は簡単ではありません。
どっかの海外が認めないと押しきれないかもなぁ。
ただ、カタルーニャの警察はあまり首都マドリードの言う事を聞いてないもので、それなりに平和に投票が行われているようです。

これは、国家のガバナンスが中央政府に行き届いていない事を意味しますので、マドリードから見ると厳しい状況を意味します。
なんかWiki見るとカタルーニャって10年以上独立しようとしていますね。
2015年にも独立宣言してるわ。

逆に言えば、今回も言ってるだけって感じかもしれませんね。
ちょっと暴力沙汰になってるのが、どこまで悪化するかって気はしますけども。

にしても、バルセロナ対マドリードなんてサッカーの試合そのままです。
ここは独立戦争はサッカーで決めてもらいましょう(笑)。
というのは冗談ですが、本当に軽く内戦になりかねないので、笑ってられる訳でもなさそうです。
ホントに独立してバルサ対レアルが見れなくなるのも、なんとなくイマイチだなぁ。。。

それにしても先進国のスペインの地方が独立なんて変な話です。
なんで、そうなるんでしょうね。
もう少し勉強してみようかな。
どうせ、失業率みたいな話になるんじゃないかと。。。

スペイン株価指数を久しぶりに真剣に見ました。
IBEX35のオプションやろうかなぁみたいなね。
なんか戦略が出てこない。。。
多分暴落はしないんですけど、プット側にスキューがだいぶ出てる感じします。

これだとコール売るのもイマイチだし、プット売るのも怖いし。。。
スペイン株価指数、なんとなく好きなのでやりたい。
でも、戦略が当たる感じしないので躊躇してますw
というか、市場にスキがないとも言える。
面白いですよね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



今週の相場とか

今週の相場とか


秋晴れのいいお天気ですねぇ。
乾燥してきました。。。
乾燥肌なもので、悩ましい。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

汚職を助けたとして問題になっているKPMG南アフリカについて南アフリカ中銀は会計士を解雇しないように南アフリカの民間銀行に依頼したとの話が出ています。
南アフリカ中銀の懸念はToo big to failって奴でKPMG南アフリカが同国にとってあまりにも大きすぎて、もしも破たんにでもなったら金融システムが不安定になると述べています。
南アフリカの民間銀行は既にKPMG南アフリカの会計士を一部外す事を検討しているとされています。

先日書いたように、KPMGを外すのは良くないと個人的に考えてはいます。
それ以前にリソースの問題が業界にあると言う事ですね。
そこまで考えなかったですが、業界大手が無くなる訳にはいかないって事でしょう。
これはモラルハザードの問題を許容する事になりますので、しっかりととしたガバナンスがますます重要になります。

政治家の汚職ですから金融庁によるガバナンスは期待出来ません。
となると、南アフリカ中銀しかガバナンス出来る組織がない事になります。
南アフリカは中央銀行が頼りですよねぇ、いつまで経っても。

中央銀行ってのは本来非常にツマラナイ組織なはずなんですが、世界的に見てもそうでも無さそうです。
南アフリカがヤバいヤバイと言いつつも、何とかなってる(?)のは南アフリカ中銀のおかげですので、頑張ってほしいです。

中銀でしっかりしてほしいなぁといつも思うのがトルコですね。
トルコ中銀って、どうにもダラシナイ。。。
ランケンスクールでも先週トルコリラについて聞かれたりするのですが、トルコ中銀がダメだから買う気にならないんだなぁ。

さて、今週の相場ですが、10月に入りますね。
やはり、ドルがどうなるかですかねぇ。
なんとなくフラフラと方向感が定まらない気もするんですけど。。。

まずは雇用統計ですかね。
アメリカの雇用は絶好調なので、それ自体は懸念がないように思います。
賃金上昇がどうかって話はあって、インフレが低い中で注目はされています。
まぁ、でも必ずしも大きな話とも思いませんけどね。

チャートはドル高になるか怪しくなってきました。
ユロドルが雲で止まったからなぁ。
フラフラするかもしれないと思う根拠です。

ドル円は方向感が見えてますが、113円50銭を超えて来れるかでしょうか。
114円を見に来るかもしれませんね。
早く見に来てほしい、個人的には。

なんか今週は海外の相場見てもあまりこれってのが無いです。
ボラティリティも低いし、ショートストラングルとかできないしなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



南アフリカの大統領候補に新顔

南アフリカの大統領候補に新顔


今日は会社でブロックチェーンの技術的な勉強をしました。
なんとなく分かってた気がしてはいたんですが、改めて読んでみると理解が深まる感じがします。
ビットコインで問題となっている容量は仕様の問題に帰するようなので、厳しい話だなぁと改めて思いました。
なんか、ある程度大きくなったらアーカイブみたいな仕組みがいるのかなぁと。
そもそもブロックチェーンは設計思想として、大きくなりやすい子なんですよね、

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカは政治の動きが活発になってきています。
これからは政治でランドが動くようになるかもしれないな。
難しいんだなぁ、これ。。。

Zuma大統領は12月に退任の見通しとなっていまして、最有力候補はNkosazana Dlamini-Zuma氏で現大統領のJacob Zumaの元妻です。
次に有力となっているのが現副大統領のCyril Ramaphosa氏。
基本的に今まではこの2人のどちらかが来年以降の大統領とされていたのですが、もう1人出てきました。

それは与党ANCの財務トップZweli Mkhize氏です。
政府の財務大臣ではないので閣僚ではないのですが、力はあるようです。
特に与党ANCが割れていると言う状況の中で、ANCをまとめる力があるとされています。

南アフリカの政治に詳しい訳では無いのですが、ひょっとしたら位の位置づけですかねぇ。
この方のいい所は反Zumaと汚職反対の立場な所です。
特にGordhan氏の財務大臣解雇以降はZumaにかなり反対しているようで、その意味では好感が持てます。

お医者さんだそうですが、うーん。。。
イマイチ、インテリジェンスを感じないかも。。。
政治家な顔です。
Cyril Ramaphosaよりはいいですけど、どうも政治家の笑顔って嫌な感じですよねぇ。。。
少なくともZumaみたいにサングラスかけたりしないでほしい。。。

また、今日は8月の生産者物価指数が出ています。
インフレ率は4.2%となっており、7月の3.6%から上昇です。
予想通りではあるし、余り高くないのでそれほど懸念はないですかね。

さて、市場の方はユロドルが一服しています。
ドル円も一服。
朝方は113円超えてましたけど、今は112円半ばに戻ってきました。

ランドも株価もあまり変わってませんね。
うーん、動いて欲しいぞと。

そー言えば、FXのレバレッジがまた下げられる方向で金融庁が検討してるとかって話が出ています。
リークされてるならほぼ決まったって事でしょうか。
円売りしてる人多いだろうから、買い戻し圧力になるかもしませんねぇ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



やっぱりドル高に来た、ランド下げそう

やっぱりドル高に来た、ランド下げそう


会社帰りにスーツ買いました。
ランケンはチビなので、テーラーメイドじゃないとダメなんですけど、なんか自分の姿を鏡で見てガッカリ。。。
ヨレヨレ。。。
思い付きでスーツ屋さんに入っちゃいけないな。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

やっぱりドル買いでしたね。
ドル円も円安が進み113円を超え、ユロドルも1.1733と割り込んできました。
一瞬、ビックリした。

ランドも急落しました。
対ドルで13.58ポイントぐらいまで下げています。
これ、ランド更に下がるかもですね。

ドル円が円安になってるので、そこまでランド円は下げてる感じではないんですけども、8.3円まで落ちてます。
ドル高が進むようなら7円台あり得るなぁ。

今日はゴールドも下げています。
1オンス1285ドルなので、1350ドルぐらいの高値から5%ほど下げています。

ちょっとドル売りは当面できない感じになってきたですね。
多くの機関投資家もそうじゃないかと思うなぁ。
だいぶユーロたまっちゃってるだろうし、そもそもこれからアメリカの金利上がるのにユーロを買いまくる理由もないはずです。
素直に考えれば、反転したと考えるべきじゃないかと。

さて、南アフリカはGordhan元財務大臣がKPMG南アフリカは汚職を積極的に助けていたパートナーだと発言してるニュースが出ています。
KPMG InternationalもKPMG南アフリカに対して、弁護士の入った独立調査チームを作って対応するとしており、不祥事の問題究明に真剣に対応しています。
また、同社が南アフリカから受け取った2300万ランドも返却するとしています。

これに対してGordhan元南アフリカ財務大臣は少なすぎるとしており、更に4000万ランドが最低でも必要と述べています。
5億円ぐらいですかね。

南アフリカはここ数年確実に後退している感じがします。
Zuma大統領の退任も遠くないのですが、政権が変われば少しは良くなるといいなと思ってるんですが、やや暗くなるなぁ。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張