FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの政策金利決定会合のステートメント全文

南アフリカの政策金利決定会合のステートメント全文

南アフリカの政策金利決定会合のステートメント全文です。

1.イントロ

1.1
世界経済は厳しい状況で、多くの国で不況に陥っている状態が続いている。南アフリカを含むG20の国々は可能な限り早期に世界経済を回復させるべく、多くのプログラムを推進する事とした。4月のG20では概ねポジティブな反応を得られたものの次第に減速感は厳しく長引くような状況になりそうで、世界の回復はゆっくりとしたものとなりそうである。

1.2
南アフリカ国内の生産量と支出の伸びは減少しているか落ち込んでいる。成長に対する見込みは世界経済の回復に依存する。国内生産ギャップは拡大していくにもかかわらずインフレは執拗である。しかし、インフレは下落傾向にはある。

2.インフレの経過
2.1
都市におけるインフレは2009年2月においては8.6%であり、3月に8.5%となった。食品のインフレ率は下落しており、2月に15.8%であったのが3月は14.7%となった。食料品の価格はインフレの最大の要因であり、2.3%をしめる。一方で、価格が大きく上がったものは電気価格とその他の燃料でこれらは30.1%にも上る。また、タバコや住宅修繕費用、健康や娯楽費、教育費用なども上昇している。比較的圧力が低かったのはガソリン費用で14.9%下落した。ただし、3月には1リットルあたり45セント上昇している。

2.2
生産者物価指数は2008年8月に19.1%にまで達したが、引き続き下落傾向を示し2月は7.3%、3月は5.3%まで下がった。農産物の価格も3月は2.1%まで下がったが加工食品は9.4%となった。

3.インフレの見通し
3.1
南アフリカ中央銀行の最新の予測はインフレは直近上昇する見込であるが、2010年の第四四半期には5.4%まで下がりそうである。若干、当初予測よりも高い理由は2月のインフレ結果が予測より高かったために修正された。

3.2
インフレにはいくつかの見通しがある。ステレンボッシュ大学の経済研究所の調査によると、2009年第一四半期での調査は8.6%から8.3%と平均が下がり、予測の幅は研究者により6.1%から9.7%までとなった。2010年のインフレは平均して8.0%で前年予測の7.5%から上昇している。アナリストの2010年インフレ予測は5.4%であるが、経営者や労働組合は8.6%、10.1%の各々予測している。2011年には7.8%のインフレとなると予測されている。

3.3
賃金は一般的にインフレと共に時間差を持って上昇するが若干上昇が厳しくなっている。賃金の平均上昇率は2009年第一四半期において10.2%となっており、2008年の第四四半期の9.8%よりも上昇している。2008年労働コストは12.8%となっている。インフレの抑制に伴い、賃金の上昇幅も抑えられると見られている。南アフリカ統計局の調査では2008年の第四四半期における雇用状況は過去4年間で初めて下落した。

3.4
政策金利決定委員会によるインフレ見通しのリスクは前回と比べてそれほど変化はないが、最近のランド上昇が続けばインフレの悪化リスクはある程度減ってくるであろう。ランドは世界経済のリスク回避志向に大きく影響されているが、ふれ幅は小さくなってきた。4月のG20で新興国経済へのセンチメントは改善し、多くの新興国市場の通貨が対ドルで上昇した。

3.5
以前述べたように世界経済は多くの国で刺激策が打たれながらも厳しい圧力にさらされたままである。2009年1月のIMFの世界経済成長予測は2009年の成長率は0.5%となり、2010年は3.0%となるとされています。IMFでは現在世界の生産量は1.3%2009年に減少するとしていて、2010年に徐々に1.9%まで回復する。先進国においては、3.8%減少し、新興国や発展途上国では1.6%のプラス成長とみられている。中国に関しては6.5%、インドは4.5%の成長を予測されている。アフリカ経済の成長は3.4%から2.0%の成長へと下方修正された。これらの予測に対するリスクとしては、現状の不確実性を考えるとまだ悪化するリスクがある。世界の貿易も縮小し2009年には9.5%の減少が予測されている。

3.6
成長率の減速傾向と商品価格の下落傾向から世界のインフレは下落が予測されている。2009年の世界のインフレ率は2.5%、2010年は2.4%と予測する。多くの商品価格が底値からある程度回復してきているが、世界経済の弱体によりそれほど上昇はしないと見られる。北海油田の原油価格は昨年12月には35ドルであったが、現在は50ドルになった。今月、原油の価格上昇はランド上昇によりある程度帳消しになり、5月の南アフリカ国内のガソリン価格はそれほど変わらないであろう。

3.7
南アフリカ国内の経済見通しは低めであり、早期の回復の兆しはない。2008年の第四四半期のネガティブな状況は相変わらずであり、製造業生産量は2月に年率15%の下落となり11.1%であった1月より悪化となった。製造業の見通しはネガティブなままであり、3月の生産者購買指数は3月に更に下落している。また、鉱業における資産量は年率12.8%に2月はなった。一方、2月の建設計画で承認は42.8%に下落した。

3.8
国内需要の大きな下落は続いている。卸売りは年率8.9%、小売の売上は4.5%の減少となった。1月は若干上昇したもののかなり厳しい状況である。新車販売台数は3月は前年度比30.3%の下落であり、耐久消費財の弱い状況を反映している。しかし、消費者信頼感指数は2009年第一四半期は上昇がみられる。ただし低いレベルではある。住宅価格の下落と資産価格の下落が消費者支出を抑えるであろう。

3.9
南アフリカ国内の信用状況は国内支出の下落傾向を反映しており、家計や法人へのローンに対する銀行の信用審査基準の厳格化が行われている。ローンの民間セクターへの伸び率は2月に10.2%減少し、3月には7.3%の下落となった。四半期毎の伸び率は2008年第四四半期の6.2%の下落から2009年第一四半期には0.1%となった。割賦販売とリースは耐久消費財への需要落ち込みを反映して、2月に3.1%、3月は1.6%の伸びとなった。

3.10
前回の政策金利決定会合のステートメントと同様に委員会ではインフレ見通しのリスクはコストプッシュ型のインフレと判断している。特に電気料金の引き上げが予想より高いなどのコストがある。ただし、食料品価格は抑制の兆しが見られており、今後下落傾向が鮮明になればインフレの下方圧力として大きくなるであろう。

4.政策金利委員のスタンス
4.1
政策金利決定委員会は国内外の厳しい下落状況及びインフレの状況を勘案した。委員会の見解は経済状況の悪化がインフレ見通しよりも中期的にバランスを欠いていると判断し、1.0%引き下げ8.5%に政策金利を変更する。


以上です。

まー、妥当な判断でしょうかね。正直、今回は面白みに欠けるかな(笑)。面白みに書けるという事は心配材料が減ったと言う事でポジティブに捉えましょうか。ランド上昇してますしね。


人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
一番上のランド円とドルランドのチャートが分かりやすくて気に入っています。随分とドルランドが動いているんですね。
ついついクリックすると。。。CFDステーションへ。さすがランケンさん。御見それいたします。

ところで、大騒ぎの新型ウイルスの南アフリカでの報道はどうなんでしょうか?いまのところ、アフリカ大陸での感染者はいないようですが、ひょっとして検査されていないだけ。衛生環境や医療水準を考えても、いったん上陸してしまったら、大変な事態になりそうで心配です。
2009/04/30 (木) 23:28:39 | URL | 市真武羅 #-[ 編集]
チャート気に入って頂けてうれしいです!
市真武羅さん

こんばんは。
チャート気に入って頂けてうれしいです!
どうもありがとうございます!
ランケンの手作りです!
クリックすると…以降はお褒め頂いているんですよね?(笑)

ご質問の豚インフルエンザの南アフリカでの報道ですが、私が見ている限りはほとんどありません。
今のところ対岸の火事のようです。
日本以下と見た。

まー、アフリカにとって弱毒性のインフルエンザなんて騒ぐほどの病気ではないのではないかと思ったりもします(失礼かな)。
もっとずーっと怖い病気がいーっぱいありますからね。
エイズ、マラリア、デング熱、コレラ、結核・・・。
そういえば、隣国のジンバブエのコレラどうなったんだろう?
2009/05/01 (金) 00:46:57 | URL | ランケン #-[ 編集]
ワールドカップチケット当選
第一次ワールドカップチケット抽選の結果、当選との通知がメールで先週末届きました。

皆さんは当たりましたか?
当選率はどれほどなのだろう?

2009/05/01 (金) 05:10:27 | URL | みー #YOiJM49g[ 編集]
どーもです、インドでのことですがイルカだったかイカルだったかガイドブックにでない町に居たとき野良豚が50頭ほど広場でブヒブヒ言って発狂状態でした。こいつら絶対ヤバイです、ヒンドゥーやイスラムが豚食べないの理解できます。絶対なんか得体のしれんもんもってると思いました。まじでヤバイやつらだ。
2009/05/01 (金) 15:26:25 | URL | インド人投資家 #-[ 編集]
野良豚と野良牛
みーさん

こんばんは。
ワールドカップチケットの当選者の方あまりいないんですかねー?
1年後ですし、あんまり抽選出してないのかなー???



インド人投資家さん

こんばんは。
野良豚ですかー(笑)。
野生の動物は気性が荒いですよね。

インドって野良牛が有名だと思ってたんですが豚も野良なんですね。
面白いなー(笑)。
世界は広い!
2009/05/02 (土) 01:08:54 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張