FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ政策金利8.5%へ

南アフリカ政策金利8.5%へ

南アフリカの政策金利は1%下げられ8.5%となりました。予想どおりですね。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ブタインフルエンザのパンデミック化は自然現象?
こんばんは。例により、表題と違います。
今日、ひまなので、ぶたインフルエンザについてネットで検索などをしていたところ、国立感染症研究所 感染症情報センターのQ&Aにあたりました。
以下抜粋:
Q16. 新型インフルエンザの世界的な流行の発生を防ぐ方法はないのでしょうか?
A16
 ヒトからヒトに容易に感染する新型インフルエンザウイルスが出現し、ひとたびそれが一定以上の人口のあいだで拡大を始めると、パンデミックを防ぐ確実な方法は現時点では知られておらず、ただ世界および各地域・国で広がることを遅らせるという対策(国際間の移動制限、患者の早期発見と隔離、集会の延期など)をとるしかありません。新型インフルエンザの出現と流行は、確実におさえるきることのできない自然現象の一つであるととらえるべきでしょう。
 しかしながら、ヒトからヒトに容易に感染する新型インフルエンザが出現したばあいでも、発生した地域を特定し、住民の移動制限とその地域内で抗ウイルス薬の一斉投与を早期に行うことで、パンデミックを止めるか、あるいはその拡大を遅らせることができる可能性があることを示唆する研究報告もあります(Ferguson, 2005.)。 -引用終わり。
「自然現象の一つであるととらえるべきでしょう。」・・・そんな投げやりなところが 人知の限界を感じます。
ふーん。なるほど、確実阻止の不可能な自然現象かー。政府の、「冷静に行動してください。」というのはこういうことだったんですね。

そこで、思い出すのが狂牛病。これはたしか、牛骨粉を混ぜた飼料が原因の一部だったと思います。その時は、そりゃー、牛同士共食いさせれば気が狂うわさ と思っていましたが、まさか、ぶた骨粉を飼料に混ぜたとか・・・ こりゃー、自然災害じゃねーなあ。

でも、台風も、地震も、津波も、自然の脅威ですが、立ち向かうすべはほとんどありません。
しかし、個人の行動一つで、災害を免れることができるように、罹患しないことはできると思います。
え゛っ。いま、国内で感染者発見の報道があったような。あっ。疑わしいだった。ドキドキ。
応援ポチッ!
2009/04/30 (木) 21:03:35 | URL | 単独行 #-[ 編集]
豚インフルエンザは自然災害ですかねー
単独行さん

こんばんは。
いつもながら、レポートどうもありがとうございます!
なるほどねー、自然災害か。
そりゃそうですよね。

ついに日本にも上陸かもしれませんね。
感染が疑われている方は10日間も拘束されるとはお気の毒に。
日本でもこれから本格的な騒ぎになるかもですね。

豚売っても健康のヘッジにはなりませんよねー…。
いつも応援どうもありがとうございます!
2009/05/01 (金) 00:31:41 | URL | ランケン #-[ 編集]
インフルエンザのネタなので
今年B型にかかりまして
(^_^;)

病院行くと
個室に移され
他の人にうつさないように…
タミフルも熱出ちゃうと
効かないみたいなことを言われもらえず
結局寝るしかないみたいです(笑)

2009/05/02 (土) 21:21:58 | URL | 若葉マーク #-[ 編集]
ばちあたり
若葉マークさん

こんにちは。
インフルエンザ嫌ですよねー。
私も結構もらっちゃいます。

今回のインフルエンザはそんなにひどくならないみたいですが上陸してほしくないですね。

ランケンが豚インフルエンザになったら罰があたったって笑ってやってください。
2009/05/03 (日) 16:08:01 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張