FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ランド上昇とインフルエンザ

ランド上昇とインフルエンザ

ランドが上がってきてますね。ランド円はあまり変化がないように見受けられるかもしれませんが、ドルランドはしっかりと上がってきています。恐怖指数のVIX指数と同様の動きになっていますので、予想通りな展開ではあります(これ、トレイダーズ証券に出したレポートには書きましたね。ランケンではちょっと書いたかなっけかな・・・分からなくなってきた・・・)。

ランド円は11円を割り込んでいますが、ドルランドは現在1ドル8.8ランドとなっており、一時8.7ランドをつけるなど徐々にランドが上昇してきています。株価上昇もあり、市場ではリスク資産へ少しずつお金を戻しだしているように見受けられますね。ランド円が上がらないのはドル円がそれよりも下げていることによります。

さて、ここへ来てせっかくの世界経済回復期待へ水をさす出来事が起きています。SMAPの・・・じゃなくてブタです。ブタのインフルエンザ。あんまり日本では報道されていないようですが、既にニュージーランドでもこのインフルエンザ発祥が確認されているそうです。あまり煽るつもりはありませんし大げさに心配する必要もないとは思いますが、早晩日本に来る可能性高そうです。

アメリカでは現在20人が確認されていますが、メキシコとの国境をふさぐわけにもいかず感染者拡大は必至の情勢です。ただ、今のところはアメリカでは死亡者も出ておらず、メキシコのインフルエンザに比べると軽症だとの事で理由ははっきりしないそうです。もっともカリフォルニアで確認された人はメキシコに行ってもいないのに感染したとの事で感染力は弱くはなさそうです。WHOもだいぶ騒いでますし、油断できるような状況ではないでしょう。

ランケンは割とインフルエンザにかかるんですよねー…。今年は大丈夫だったんですが、その前年とその前って2年連続でやった…。ブタインフルエンザで死にやしないと思うんですけど、嬉しくないなー…。あ、今思いついた。CMCでブタ売ろうかな(ちなみに冷凍ブタと生ブタがありますが、どっちがいいでしょうね、やっぱり生ブタかなー。細かい事はどっちでもいっか!でも、どなたかアドバイス待ってます!)。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
豚インフルエンザで渡航中止?
ゴールデンウィークにロスで学会に遊びに行く計画を立てている職場の人がやっぱりやめようかといっています。

やはり経済効果は確実にダウンしてしまいますね。
CFDでインフルエンザ関連を買ってすぐに売るとか・・・。

応援ポチ!
2009/04/27 (月) 22:29:03 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
情報格差

こんばんは。
スーパーリスキー&負け組のうっちんです。(笑)
しかーし、今は、オセアニア通貨の下値を狙ってます。やはり、デイトレは勝てないですねー。もう、投資資金は減ってきましたので、長期スパンで考えることにしました。5月、6月の推移をみます。
ということで、ひま~ ひま~ ひま~。
豚インフルエンザですが、タミフルが有効とか無効とかまだ決定していない段階ですからなんとも言えませんが、弱毒性だそうですのであまり心配ないんじゃないですか。
日本株では、とりあえず売りで対応しているようです。この後の感染状況次第ではないでしょうか。やはり情報の早さが儲けになりますねー。
ちなみに、SMAP関連株が売られなかったのは、彼が薬物には手を出していないという確信があったからじゃないかなー。
豚インフルエンザは、宿主がメキシコにいるわけですから、その主をとっとと捕獲して免疫を作るだけだと思います。しかし、今のメキシコの現状は、最低限の「マスク」をしない人が多いらしいのでちょっと心配です。 ひるがえって、島国日本はパンデミックには強いなーと思います。
応援ぽちッ!
2009/04/28 (火) 00:22:08 | URL | 単独行 #-[ 編集]
ブタとインフルエンザとCFD
Nekkiさん

こんばんは。
ロスに学会で遊びですかー(笑)。
いいですねー。

たかがインフルエンザじゃないですか。
子供や老人じゃあるまいし、そんなに怖がる事もないのではないかと思うんですが。
遊んできた方がいいんじゃないでしょうかね?
まー結構やばいリスクもなくはないですが、交通事故のリスクよりは低いと思います。

今日はマスク会社の株がストップ高になってました。
鳥インフルエンザのお陰でマスクは結構家庭にいきわたっていると言う話もあるのですが、市場は思惑で動きますからね。
ランケンも便乗してブタ売った(爆)。

いつも応援どうもありがとうございます!



単独行さん

こんばんは。
いやいやいや、スーパーリスキーでも負けないようにしないと。
オセアニア通貨賛成です。
昨年暮れでしたっけ、ランケンもコメントでちょっと書きましたね。
ちゃんと利益出ています。
まーゆっくりやりましょう。

ブタインフルエンザはどうなんでしょうかね。
しょせん、インフルエンザなんで大人としてはそんなに怖がらなくてもいいとは思います。
日本は島国ですが、ニュージーランドも島国ですからねー運が悪ければ。

いつも応援どうもありがとうございます!
2009/04/28 (火) 04:04:32 | URL | ランケン #-[ 編集]
感染拡大?
たしかインフルエンザは湿気に弱いはずなので冬の終わった北半球で拡大するとは考えにくいと思いますよ。
日本は梅雨もありますしね♪酔っ払って裸になれる季節でよかった。
2009/04/28 (火) 20:00:09 | URL | そら #-[ 編集]
湿気とインフルエンザ
そらさん

こんばんは。
たしかにインフルエンザは乾燥する時期に流行しますよね。
季節的にはそんなに悪くないのでそれほどひどくならないような気もしますが、一方で世界的に感染者が出てるのも事実ですので、ある程度は警戒しておいた方がいいかなぐらいでしょうね。

そんなに怖がる必要もないとは思いますけどね。
よっばらって裸になるって(笑)。
なんかでんぐり返しまでしてたって話聞きましたけど(爆)。
2009/04/29 (水) 00:00:59 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張