FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ジンバブエのお店に物が!

ジンバブエのお店に物が!

ジンバブエのハイパーインフレに関する問題が収束に向かっているかもしれません。というのも、お店に物が並ぶようになったそうで、南アフリカの新聞は驚くべき事が起きているかもしれないと報道しています。

ジンバブエはジンバブエ中央銀行の公式記録では年率200万%、実際はそれよりはるかに悪いインフレに苦しんできました。1日に6回も値上げをしなければいけないお店もあったとかでジンバブエドルは世界で最も価値のない通貨と言われています。

今年に入ってからジンバブエ野党のツヴァンギライ氏が与党のムガベ大統領と権力を分け合う形で首相に就任しました。ツヴァンギライ首相はまずはインフレ問題をどうにかすべく、南アフリカランドをジンバブエで採用するなどの検討を行い、現在ジンバブエドル以外の通貨を認める施策を実施しています。本格的な外貨採用にはまだ至ってはいないもののなんとか動いてはいるようです。

その結果、お店もドルやランドを堂々と使うことが出来るようになり、今までブラックマーケットでしか売れなかったものがお店に出てきたという事です。元々、ジンバブエの人は既にジンバブエドルは見限っておりUSドルやランド以外での買い物はしていなかったらしく、政府の統制から逃れるべくお店の裏で売ってたんだそうです。

お店でものが売ってないのが普通でジンバブエドルが使えないなんてどうやって生活していたんだろうと思わなくもありませんでしたが、人はしっかりと生活してるものですね。ジンバブエの秘密警察も表でやられると困るんでしょうが黙認な面もきっとあるんでしょう。

ジンバブエでは国家公務員の給与が米ドル建てで支払われるようになったそうです。民間では何もそういう話が出てこないところを見ると民間では外貨での支払いがかなり常態化していたんでしょう。ジンバブエの人がジンバブエドルで払おうとすると笑われたぐらいだそうですから。ホームレスですら、ジンバブエドルが落ちていても拾わないぐらいのジンバブエドル。ひょっとしたらランドになってしまって無くなるかもしれないと思うとますます欲しくなってきました。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ドル化
どうやってドルを手に入れているのでしょうね?
資源輸出で外貨獲得しているのですね。
USドルとランドは既に流通しているのなら話が早いと思います。

応援ポチ
2009/03/13 (金) 23:50:08 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
ジンバブエドルって希少価値有か。
こんばんは。いつも拝見しております。
ジンバブエドルってなぜに”ドル”の名前が付いているのなー。素朴な質問です。
他にも香港ドルなどありますけどテキトーに紙幣に使ってるのかな・・・。
いつものように別件で。
きのうの、レスありがとうございました。ところで、私も働いているんですけど。FXで。趣味じゃありません。年間所得が一定額に達するまでがんばります。所得税と所得税控除を勘案して、税金を無駄に払いたくないからです。
前にも書きましたが、国民健康保険料が、派遣切りに重くのしかかっているのは、前年度の総所得で、鉛管額が決定するからです。その年に収入が0円になろうが関係ありません。次の年までは耐えるしかないので、多くの人が医療にかかれないのです。
私は、今年2年目にしてやっと、所得税0円の確定申告をしましたよ。健康保険料って、税金控除が反映されないので過酷な制度かなーって思います。
2009/03/14 (土) 00:14:22 | URL | 単独行 #-[ 編集]
ドルと健康保険
Nekkiさん

こんばんは。
どうやってドルを手に入れるかですが、恐らく南アフリカのジンバブエ人が送金しているのでしょう。
送金って言っても現金で手で持ってくんじゃないかと思いますが。
だって、北朝鮮にだって日本からお金が流れているんですよ。
地続きのジンバブエならもっと楽なはずです。

後は、おっしゃるように資源輸出もあるでしょうね。
ジンバブエにある南アフリカ企業とかかな。
ジンバブエの人は政治体制と関わらずなんとかやってく逞しさを持ってますよ。
じゃないと失業率94%の国では生きて行けないですからね。

いつも応援どうもありがとうございます!



単独行さん

こんばんは。
うーん、素朴で難しい質問ですねー。
ドルって使ってる国って数十カ国あるはずです。
なんか理由があるんでしょうね。

国民健康保険料の話ですが、あれって前年の総所得で決まるんですか。
なにせ、そういうのって会社がやってくれるものなのでほとんど分かっていないのですが住民税と同じなんですね。

私の友人でベンチャーやってる社長がいます。
彼が言ってたのがおかしかったな。
結構稼いでいたのですが、住民税が家賃を超えたって(笑)。
そらー稼ぎすぎってもんだろうと。

まーでも日本の健康保険制度はアメリカなんかに比べるとしっかりしてますよね。
あれだけは崩壊させないで欲しい。
厚生年金の二の舞は勘弁してほしいです。
2009/03/14 (土) 02:19:57 | URL | ランケン #-[ 編集]
健保は進化してほしい。
こんばんは。
レスありがとうございます。ドルの話はちょっと難しかったですかね。私も調べてわからなかったものですからひょっとしてーと思っただけです。健保の話は同感です。もう少しどうにかならないかなーと思います。
それにしても、昼の仕事があるのにすごい時間にコメントレスしていただき恐縮いたします。お忙しそうですので、コメント控えます。すみません。お身体ご自愛くださいませ。
2009/03/14 (土) 03:06:46 | URL | 単独行 #-[ 編集]
実は私も休みだった
単独行さん

こんばんは。
昼の仕事って単独行さんが夜の仕事みたいですね(笑)。
まーFXトレーダーはそーなのかな。

実は私もたまたま休みだったんです。
製造業なのでライン止まっちゃうと工場が止まっちゃって(笑)。
会社に行けなかったので夜に色々とごちゃごちゃとやってただけです。
なので気になさらないでください。

好きな時にコメント返しますのでいつでもどーぞ!
2009/03/15 (日) 00:11:00 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張