FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
雇用

雇用

昨夜はだいぶ為替が円高にふれましたね。凄い落ち方をしたと思ったらその後だいぶ戻しまして、今日は何事もなかったかのような状況です。震度4の地震のようです。かなり急激に動きましたので見てると精神衛生上良くないですね・・・。

さて、雇用調整が進んできて実体経済への影響が本格化してきました。ソニーは国内で2000人の人員削減を行うとの事で、TV工場を一箇所に集約するとされています。ソニーのTV事業って売上高1兆円クラスのはずです(やや記憶があいまいですが)。任天堂、ソフトバンク、グーグルあたりも1兆円の売上高ですからその規模の大きさが分かるでしょう。

ソニーに限らず他の会社からも今後雇用調整がさらに出てくるのは避けられないと思われます。業績悪化の理由は大きな需要減と円高ですからどの会社でも同じはずで他に出ないとは考えにくいところです。

勝手な個人的な考えですが、2000人も解雇にしないといけないんですかねー?2000人に1年間休職になってもらって、1年後復職した時に次の2000人に休職してもらってまた翌年別の2000人にって繰り返せば、しばらくして景気が良くなったときに会社としても楽だし従業員も安心して休めると思うんですが。

私は給料無しでいいから1年間ぐらい休みたいですよ(笑)。多少金銭面で余裕がある人でそういう人結構いるんじゃないかなーなんて思います。そういう人たちって時間がなくてお金使えないって人が多いと思うので、休み取ったらきっとお金使うと思うなー(もっとも復職できるかどうか不安でそうでもないかもしれませんがね)。

内需活発化にもいーんじゃないかと。何かそういう施策が出来ない理由でもあるのかしらん?解雇って言うと将来怖いですが、休職にすればいいような気もするんですがダメなんでしょうかね?誰か詳しい方教えてください。

南アフリカの雇用ですが、需要減による資源各社の雇用調整が懸念されています。昨日資源大手のBHPビルトンはオーストラリアとチリでは合計5000人から6000人の削減が計画されているそうですが、この雇用調整は南アフリカには影響しないだろうと発表されました。

まー、元々が失業率20%の国ですから日本と違って数千人だとびっくりしないのかもしれませんが、それでもニュースになっていますのでグッドニュースでしょう。ランドの方は、1ドル10ランドちょうどぐらいですね。南アフリカの市場でもこの辺をうろうろするんじゃないかと言う観測が多いようです。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
妙案だと思います。
こんばんは。
「1年休職で復職時に別の人が1年休職。」ってすごくいい案だと思います。
1年が長いのであれば、半年でも3ヶ月でもかまわないので、対応できそうな業種はやってみるといいんじゃないでしょうか。

私も休みたい~(笑)。
2009/01/22 (木) 22:49:44 | URL | 朔 #-[ 編集]
休職は給料が必要
休職の場合は,会社によって扱いが異なりますが,原則的に給与を4割程度支給し,厚生年金や各種保険を半額程度企業側が負担するため,リストラ策としては,行いません。
私も休職して大学院に専念したかったのですが,上記の理由から,まるでお話になりませんでした。まぁ,これまで休職して大学院に行った人たちが皆さん転職してしまったこともありますが・・・。

ランケンさんなら,2,3年休職できたら,ドクターとれるのではないですか??

応援ポチ!
2009/01/22 (木) 23:12:33 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
制度なんて変えちゃえばいいです
朔さん

こんばんは。
でっしょー?
そしたら、従業員のスキルの維持だって出来るじゃないですか。
新しい人をまた数年後に雇うよりもよっぽど楽だと思うし、従業員だって安心して1年間勉強するなり旅行行くなり、他の仕事試してみるなりできると思うけどな。
1年後に更に景気悪ければ、休職の人を更に1000人増やせばいいじゃんって思うんですがね。
そういう形のワークシェアリングがあってもいいと思うな。
週に3日働けとか言われてもやりにくいですよね。
おっしゃるとおり、3ヶ月だって半年だっていいじゃないですかねー。




Nekkiさん

こんばんは。
休職は給料が必要なんてしょせん制度の話じゃないですか。
そんなん、変えちゃえばいいんですよ。
別に法律で決まってるわけでもないでしょ?

法律でそんな風になってたらそれこそ国の法整備の悪さの問題です。
解雇するよりは給料なしだけど休職って形にした方がいいと思うな。
で、1年後とか(もちろん3ヶ月でも半年でも)に復職の契約結んでおけばいい。
アメリカのレイオフって比較的それに近い形だったと思います。

厚生年金や保険料をどうするかって話はあるですよね。
でも、それだって制度の話で、休職期間中は国民保険を許すとかにすればいいだけではないかと。
そう言う所こそ、税金つぎ込むべきでしょう。
意味のよく分からない雇用促進センター作ってないで、企業が有効に活用できる制度作ってやった方がうんと意義があると思います。
厚生労働省もそういうアイディア出せないもんですかね?
しょうもない建物作ったり、年金の後始末してるだけが本来の彼らの仕事じゃないでしょうに。

1年あったら、半年休んで残り半年で就職活動したっていいですしね。
労働の柔軟性にも繋がるし、企業にも従業員にも国にも良い一石三鳥ぐらい狙ってほしい。

Nekkiさんだって、それだったら休職して大学院でもなんでも行けるじゃないですか。
転職してくれたら、元々企業だって人減らしたいんだから大助かり(いや、Nekkiさんぐらい優秀な人はダメって言われるかもしれませんが、それはそれで雇用ありなんだからよし)。

僕だったら何するかなー。
寝てるかも(笑)。内需活性化に役立たない奴ですね。

いつも応援どうもありがとうございます!
2009/01/23 (金) 00:24:51 | URL | ランケン #-[ 編集]
とてもいい案だと思います。ぜひ実現化してほしいなあ。僕が休めたら、図書館いって、散歩して、あとは寝てるかなw
2009/01/23 (金) 19:24:56 | URL | taka #-[ 編集]
健康保険料がネックかな。
こんばんは。
健康保険料について、国家公務員(私)の例でいいますと、
辞める前(国):(共済短期掛金)19,100円

辞めた後 :国民健康保険61,800円 (驚)
但し、国の場合、激変緩和措置で2年間の任意共済組合員になればそんなに変わらないです。
これは、国民健康保険料を市町村が前年度の所得から算出しているためです。たぶん、民間でも、雇用者負担が外されれば相当の保険料アップになるのではないでしょうか。


休職制度について
国の場合:病気休暇2年間→休職期間3か月→病気退職 だったと思います。

国の制度がこんなんですから道のりは険しいような気がします。
でも、休職制度の活用で解雇が抑えられればいいですねー。
応援ポチッ。
2009/01/23 (金) 23:37:54 | URL | 単独行 #-[ 編集]
自分で結構気に入った!
Takaさん

こんばんは。
結構いい案ですよね。って自分でも最近思います。
1年間とか我慢できる人って募集すればいいじゃないって。
来年もやるよって予め言っておけばじゃー来年休もうかなとか、半年後から1年間休もうかなとか色々な人がうまく休めば、それこそワークシェアリングですよね。

共働きの家だったら、奥さんがまず1年間休んで翌年だんなさんとかってすればいいのにとか思うんですが。

1週間を2人で分けましょうなんてワークシェアリング無理ですよね。
せっかく、これだけの貯金がある国なのに。国民全員が借金にまみれてるどっかの国とは違うならそのアドバンテージを生かしたほうがいいと思うな。
2009/01/23 (金) 23:38:51 | URL | ランケン #-[ 編集]
国は変われないですか?
単独行さん

こんばんは。
凄い!
専門家だ!

健康保険ですか。
でも、そういうところに税金あてるなら誰も文句言わないと思いません?
お金ばらまいても文句言われるのは、そこに思想なり哲学がないからですよねー。
ちゃんとした思想で、筋を通せばできるんじゃないかなー。
というか、首相なんだからやって欲しい。

病気休職だと従業員側の理由で休みですが、この考えは逆です。
あくまで会社が業績悪いので休んでくれって言うんだから、基本はある程度の時間が経ったら従業員は戻るんです。
会社としても雇用を守れるし、それこそCSRだと思います。
こういう事する会社が一社でも出てきたら、きっと社会全体に波及しますね。

こういう危機時だからこそ出来る事もあると思うんですがね。
企業改革は不況の時に進みます。
国も変わってくれ。

いつも応援どうもありがとうございます!
2009/01/23 (金) 23:50:05 | URL | ランケン #-[ 編集]
いつも勉強させてもらっています。
非常に面白い案ですね。
私も解雇はひどいよなぁ、と思う今日この頃です。

ただ、管理職の立場(かなり小さな会社ですが)として思うこととしては、
企業側はむしろ解雇したいんじゃないのかな?と、思います。
トカゲの尻尾切りじゃないですけど、会社がピンチな時を利用して、
無駄を省くことが断行出来るように思います。

休ませてます、というより辞めさせてなんとかがんばってます。
という方が、株主対策的にも経営者側はメンツが保たれるのではないでしょうか?
リストラしなきゃ、追い出されてしまうのは経営者側ですし。

しかしながら私も解雇には反対です。
リストラをすることが会社の功績のように言われることに疑問を感じます。
2009/01/24 (土) 00:47:32 | URL | ラッシュ #-[ 編集]
はじめまして。
ずっとROM専でしたが、すばらしい政治的提案に感心してコメントしました。
少し調整すれば実現可能なアイデアですよね(どれだけ希望者がいるかは別として)。
ランケン発で特例法の立法まで辿りついたら最高ですね!

2009/01/24 (土) 01:30:05 | URL | MOGTAN #-[ 編集]
企業がこの危機をきっかけに、コストを抑えるためにリストラをして、本社を内需が弱く法人税が高く円高リスクのある日本から撤退し、欧米に移転する方が企業側にとっては利益・成長性を考えるとこっちの方に戦略がいきやすいのでは・・・?
2009/01/24 (土) 02:01:46 | URL | ジンジン #-[ 編集]
興味深いお話ですが、金銭的にあまり余裕のない者からコメントさせていただきます。

ランケンさんがおっしゃる「休業制度」は単に制度を変えれば実現できますし、実際私の会社でも休業してMBAをとりに行った人もいます(結局その人は復職しなかったですが)。
ただ、この「休業制度」を受け入れられのは、金銭的に余裕がある一部の被雇用者だけで、金銭的に余裕がない被雇用者にとっては解雇と同じで、とてもじゃないですが半年とか1年も食いつなげられないでしょう。
たとえ半年や1年後に復職できるとしても、また、休業中に現制度の失業保険のような保険の制度があって、いくらかその保険でお金が出たとしても、家計が破綻してしまうのならばそれは解雇されるのと同義です。

また、経済的に見ても、休業中で無収入なので納税しないし社会保険料、年金も支払わない「休業者」が増えるのは、見かけ上の雇用者は減らないですが、実質的には失業者が増えるのと同じではないでしょうか。

今のような異常時に、「休業者」の社会保険料や年金を免除する若しくは税金で補填するのは仕方がないと思いますが、平常時になって、ある会社が業績不振で「休業者」を出します、これはワークシェアリングですから「休業者」の社会保険料もろもろを免除してね、というのは政府の財政事情からは容認できない制度でしょう。ですので、ランケンさんがおっしゃる社会保険料もろもろを免除若しくは税金で補填する「休業制度」は一時的なものでしかありえないです。
恒久的なワークシェアと異常時の雇用対策は、税金や社会保険料の観点からすると、同列で述べられることと思いません。

解雇はいやなものですので、例えば裁判員に失業者を優先的に割り当てるとか、社会保険庁での年金確認作業に大量に雇いいれるとか、自衛隊へ出向という形で企業が雇用調整するという、柔軟な政府の対応が必要とは思います。
教育と訓練が主な業務の自衛隊で、各種免許や技能を取得して景気がよくなってきたらスキルアップした人材を民間に帰すという労働の循環があってもよいのではないでしょうか。
アメリカやイスラエルの軍需産業から民間への技術や人の移転は、いい例かと思います。
2009/01/24 (土) 02:41:04 | URL | ランド好き #-[ 編集]
休職制度
ラッシュさん

こんにちは。
管理職の立場として企業は解雇したいというのはなるほどなと思いました。
ご指摘のとおりそれもあるでしょうね。
無駄を省くってのは企業としては大事です。
不要な所に人をそんなに配置していてはいけないですから。

休職制度を採用するとしたらどういう問題があるかというと恐らく新卒採用に悪影響が出るなと思います。
新卒採用抑制となると会社が高齢化する事を意味しますのでこれは明らかにマイナスでしょう。
また、若い人の就業率が下がるのもある訳で、結局どっかで痛みは出るかなー。

株主的にはこういう事態であれば必ずしも否定されないのじゃないかなとは思いますね。
数年間は休職制度を利用しますが、その間に経営を建て直します、もしそれが出来ない時は解雇に踏み切りますの方が株価上昇でしょう。
おっしゃるようにリストラだけが会社の功績ではありませんし、CSRが求められる今ならそういう方便も受け入れられるのではないかと。
経営者は当然楽ではありませんが。

まー本質的には経済悪化なので、緩和策になるかなぐらいに過ぎませんね。



MOGTANさん

はじめまして。
どうもありがとうございます。
希望者は確かに読めないですが、ある程度はいるんじゃないかなーって思います。
これだけ、貯蓄率の高い国民なの数パーセントはいてもおかしくないかな。
数千人とか絶対値で叫ばれていますが、企業のリストラも実は数パーセントです。
意外と均衡するかもしれませんよ。



ジンジンさん

こんにちは。
おっしゃるような海外に出たい企業ばかりとは私は思いません(一部はあるかもですが)。
海外戦略で日本国内縮小したいなら、まー解雇するしかないですよね。
別に私は解雇をゼロにしろとまでは思っていません。
数千とかの単位で解雇するなら、休職制度みたいなのも一部であってもいいんじゃないかなって思ってるだけです。

例えば、話題に出たソニーが海外戦略を進めていますがだからといって日本を縮小ばかりするとも考えにくいですね。
日本でしか作れないものってやっぱりありますもの。
例えば、新しいテクノロジーを利用した最先端の新製品をいきなり中国でって話は厳しいです。

それは未知数が多いからですし最先端技術の多くが日本国内に集積しているからです。
ある程度安定してきたら中国でやればいいのですが、新しい市場を作り出すようなものはまずは日本です。
これを成長させないというのは、研究開発に力を入れないと同じで企業としては衰退を意味します。
ただのOEM会社に成り下がるつもりならいいですけどね。
一応あちらこちらの大手メーカーの工場でコンサルティングしてるものの見方です。
本来ランドじゃなくてこっちが専門(笑)。



ランド好きさん

こんにちは。
金銭的に余裕がある人から募集をつのればいいんじゃないのって話で、金銭的に余裕のない人まで参加しろって話じゃないです。
解雇の率って数パーセントがいい所です。10%超えたら偉い事です。失業率10%になっちゃいますからね。
ただ、数パーセントでも社会全体で見れば大きな打撃です。
一方で、休職を呼びかけて数パーセント利用者がいるのは不思議じゃないかなって思うんですが。

解雇になる対象が金銭的に余裕があるかないかまで会社は気にしません。
本当は余裕があって休んでもいいなーって思う人にそういう制度があって休みを取ってくれれば、逆に解雇されたくない人が少しでも救われるかなと。
あくまでも社会全体として見て緩和できるかなって思ってるだけで、個々人の金銭的な余裕の話とはちょっと違います。

また、解雇を無くせとも言いません。
会社は慈善団体ではありませんから、解雇も必要です。
多くの会社の経営者にとっても解雇は基本的にはいやなものです。
まして、数千人単位の解雇って経営者としてはかなりつらい決断だと思います。
解雇ゼロは私も現実的ではないと思いますよ。じゃー2000人のうち1000人は休職で残りは残念ながら解雇って組み合わせるとか運用すればいいじゃないって考えてるんですがね。

恒久的なワークシェアと私の提案が同列に並べられないというのはおっしゃるとおりですね。
提案はご指摘の通り一時的なものでいいと思いますよ。
恒久的にしろとは思いません。
そんなの時限立法でいいんですよ。3年とかね。

政府の財政事情の件は、麻生さんのばら撒きよりはよっぽどまっとうだと思います。
公平に国会議員もばら撒きを貰うべきだとかそんなレベルの議論をしているぐらいなら、社会のセーフティーネットとして整備する方が額が少ないんじゃないかな。

ご提案の政府による雇用はどうかなーって思います。
それこそ、政府の財源が無いんじゃないかなと。
民間が雇えないからと言って政府が雇うであれば、極端に言えば社会主義ですので基本的には無理がないでしょうかね?
ただ、一時的な政府の雇用でスキルアップして民間に必ず返せるなら賛成です。
疑問は本当に返せるかどうか、それをどう担保するか(契約社員形式ですかね?)でしょうか。
政府が雇用を続けるなら政府の肥大化につながりますので反対です。
結局は税金引き上げ、民業圧迫で返ってきちゃいます。

やはり、社会の活性化のためにはある程度の失業とそれに伴う危機意識みたいなのは必要でしょうかね。
ただ、今は非常時なので、休職制度みたいな対応があってもいいかなって思います。

まー休職制度も一時しのぎですが、セーフティーネットとしてうまく運用できれば多少は社会の安定をもたらせるでしょう。
上でも指摘しましたが、新卒採用などに結局は影響出ると思うので本質的な解決にはならないです。
痛み止めぐらいにしかならないのは間違いありませんが、無いよりいいんじゃないかと。

休職制度なんてあくまで一時的なものですけどね。
後は、社会が受け入れるかどうかですよ。
社会全体としてそんな制度がいらないってならそれまでです。
YES WE CANって言うなら出来るかもですね。
2009/01/24 (土) 14:07:49 | URL | ランケン #-[ 編集]
研究開発のみ日本では?
本社を移転するなら、ドイツ・アメリカなどに移転するでしょう。日本に生産の拠点を置くメリットは大きいですが、コストがかかりすぎるしソニーならユーロ圏の売り上げが大きいのでドイツでしょう。中国は組み立て工場だけでいいと思います。
2009/01/24 (土) 15:14:52 | URL | ジンジン #-[ 編集]
本社と研究開発部門の関係
ジンジンさん

早速のコメントどうもありがとうございます。
研究開発って本社機能の近くに置くものですよ。
世界中に研究開発拠点を持つ会社もありますが、メインは本国に持ちます。
なぜなら、そこに将来の事業の方向性を決定するものがあるから。

松下なんか研究開発部門は本社の敷地内にありますね。
有名なスマイルカーブって奴で研究開発は付加価値が非常に高いです。
よその国に置いておいて自国から外すのは難しいと思いますよ。
将来の事業を決める研究開発とその方向性も含めて決定を行う本社機能は事業の中枢です。

組織論の観点から言うと、研究開発と本社を国まで分離しちゃうのは考えにくいと思います。
コミュニケーションとか意志決定の品質及びスピードが弱くなっちゃいますからね。
研究開発の意志決定を間違えるのは致命的です。
2009/01/24 (土) 16:11:38 | URL | ランケン #-[ 編集]
そうですね!でもホンダの社長が円高がこのまま続くと本社移転も選択肢にあると発言していたので全くない話でもないと思います今回の雇用提案とは直接関係ありませんけど。雇用問題にしても企業支援にしても政府がリーダーシップを取ってもらいたいものです。今のアメリカと違い日本はマスコミが政治の足をひっぱている様に思いますけど。
2009/01/24 (土) 17:40:56 | URL | ジンジン #-[ 編集]
長文失礼しました
政府が雇用をするのはあくまで一時的で、雇用を維持しつつけるのには私も反対です。
やっぱり「効率的な政府」でないといけませんから、そのためには人材は必要ですが頭数ばっかりあっても仕方がないですし。

最初に2000人という数字があり、「果たして2000人も金銭的に余裕がある人がいるのかなぁ?、そんなにいないんじゃないの?」と考えたので、希望者のみで2000人もそろわないないのではという想像からスタートしたお話です。
ざっくりソニーグループで10万人の雇用者がいるとして2000人で2%ですから、ランケンさんがおっしゃるとおり、そのぐらいなら余裕ある人がいるかもしれないなぁと思っています。
ただ、次の1年は別の1000人が休職とかなってくると、かなり難しいとは思います。
記憶違いかも知れませんが、この2000人て退職による自然減と希望退職(内部は肩たたきでしょうが)という報道じゃなかったですっけ?その通りだとしますと、そう深刻じゃない解雇なのかも知れません。まぁ、第2、第3があると深刻度が増しますが。
うちは製造業ですので、災害時や不況時の休業制度はありますよ。工場止めて給料も2~3割をカットしてなんとか雇用を維持する制度のようです。それでだめなら希望退職を募って、それでもだめなら首切りでしょうねぇ、くわばらくわばら。

社会の制度しては、柔軟性とセイフティーネット、それに迅速さが必要なのでしょうね。
雇用対策としてではなくって、平常時に非雇用者が主体的に休職して別の若しくはより深いキャリアを積むというのはよい制度だと思います。実際には上司があまりいい顔をしないとか周りの目があるとかで利用し難いだけで、制度を持つ企業は大手なら結構あるんじゃないでしょうか。

確かに研究開発と本社は近いほうがいいです、近くないと研究開発する人達って勝手に好きな方向へ話とお金を持って行っちゃいますから。
2009/01/25 (日) 00:44:13 | URL | ランド好き #-[ 編集]
休職制度ってやっぱり可能では?
ジンジンさん

こんばんは。
ホンダの話は会計上の話でしょうね。
本社の登記を海外に移転して為替リスク及び税金を減らしたいって事でしょう。
本社機能の話しとはちょいと違うかもしれませんね。

雇用問題を日本政府はどう考えているかは分からんですね。
問題視しているのは間違いないのでしょうがどう解決するかとかがどうも分からん。
私の勉強不足かもしれませんが。

マスコミもねー。
最近テレビなんて見なくなりました。
新聞は読みますが、海外の新聞ばっかり(南アフリカだけじゃないですよ(笑))。
まーランケンのためってのが強いですけどね。



ランド好きさん

こんばんは。
長文歓迎ですよ!
ランケンには何かを感じる人が多いと見えましてわりと長文コメント多いです。
ありがたいことです。

効率的な政府であって欲しいですよね。
まーあんまり見たことないですが。

さて、ソニーの解雇が深刻かどうかは私も良く分かりませんが、毎日数千人の解雇が各企業から発表されるって言うのは自然減で済む話じゃないかもしれませんね。
深刻じゃないかっていうとまだまだかもしれません。
でも、これからひどくなるんじゃないかなって危惧はしてます。
私のクビも怪しい(爆)。
休職にしてくれ!

ランド好きさんの会社のように出来ればそれがいいと思います。
休業制度を使って給料のカットを出来ればそれがベストだとは思います。
3割もカットされちゃ生活できないって人もいるとは思いますがね。
そういうときに副業禁止規定とかあると矛盾してるんですよね。

確かに最初の年に2000人、次の年は下手したら3000人とかってなると厳しいというのはあるかもしれません。
まーそれでも2000人解雇よりはマシってもんでしょう。
どうしてもダメなら解雇ですよ。
しょせん、セーフティネットの時間稼ぎぐらいにしかならないですが、時間が大事な人も一杯いるはずですよね。

また、長文お待ちしてます!

2009/01/25 (日) 01:17:00 | URL | ランケン #-[ 編集]
休職制度の課題?
こんにちは。

今では過去の人になってしまいましたが、ホリエモンが昔「企業で金を稼いでいるのは3割の人間で残りは金をもらいに来ている人間だ!」みたいな事を言っていました。
3割という数字はどうかわかりませんが企業にそのような一面はあるというのは自分も働きながら感じています。

「休職者の希望」を募って手を上げる人間がどちらの人間であるかの予想は難しくないと思われます。
仕事をしに会社に来ている人とは違い、給料をもらうためだけに会社へ来ている人は会社へすがろうとするでしょう。
企業はランケンさんのような稼げる人間を休ませるわけにはいきません!むしろ減ってしまった人員分、優秀な人への負担は増えるばかり…。

休みたい人。休ませたい人(辞めさせたい人)。ニーズが合わなければ、井戸の枯れた村に醤油を送る事とかわらないと自分は思います。
2009/01/26 (月) 15:36:24 | URL | そら #-[ 編集]
日本人の平均貯蓄額は1000万円を超えています
そらさん

こんばんは。
まーなんらかのミスマッチはあるでしょうねー。
解雇にしても休職にしても優秀な人への負担が増えるのは間違いないでしょうね。
その意味では、優秀な人には他の人が解雇であれ、休職であれあんまり関係ないという気はします。
きっとそらさんの仕事は増えるでしょう(笑)。

でも、上のコメントで書きましたが求職者にしろ解雇にしろ数パーセントですよ。
3割の人はどうせ休めませんから、残り7割の内から数パーセントの求職者を探すだったら無理じゃない気がしませんか?

日本人の平均貯蓄額って厚生省の調査によると1世帯あたり1143万円だそうです。
1000万円以上はなんと30%で、貯蓄なしはわずか10%。
もちろん、年齢もありましょうが年齢が上で少し余裕のある人が数パーセント程度いないとは思えないなー。

まーでも会社や業界にもよりますよね。
給料の多い会社や業界ばかりとも限らないですし。
最近、解雇の発表がされている会社は概ね給料の高い会社だと思っているんですが…。
2009/01/26 (月) 22:25:04 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張