FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
G20

G20

G20終わりましたね。特に記事にするほどの内容でも無いかなと思いましたが、あんまり他にこれはと思えるニュースも無いのでやや後ろ向きですがG20を取り上げます(やる気ない空気だしてすみません)。どうも、Gなんとかってのが最近多いのと、さすがに具体策に欠けつつある感がありますので、面白みがない気がするのはあります。ただ、長期的にはそれなりに意味を持っていますし、今後の流れを捉えていく上では重要と思いますのでやっぱり少しやる気を出します。

週末にワシントンで行われたG20では、世界的に以下の5点を強化し推し進めると言う点で合意が成されました。

■透明性と説明責任の強化
■規制の改善
■市場の倫理の促進
■協調の強化
■国際機関の改革

えらく漠然としたお題目が並んではいますが、実際に詳細については将来的に議論しましょうという事になっています。ブッシュ大統領も、今回の会議は世界の問題を解決するものでは無く、今後こういった事態がより起こりにくくするものだと述べています。また、今回のサミットにより世界の金融機関の規制がより統一されたものになるとされており、今後もバブルが起きるにしてもそれほど大きくならないように規制を強化していきましょうぐらいの感じに読めます。

ランケンの勝手なる解釈を付け加えると、

■透明性と説明責任の強化
→当局の監督が厳しくなるのは間違いなく、一回一回お上にお伺いを立てないといけない訳で生産性低下が懸念されますがやむなしでしょうか
■規制の改善
→これ改善って言葉にしてあるのがミソですかね。強化と言うのは避けたかな
■市場の倫理の促進
→高騰する一方だった一部金融機関の給料を規制する方向に行くかと。給料が高すぎるのが倫理観欠如に繋がるって話は問題になってましたし。
■協調の強化
→世界的に規制をなるべく統一する方向になるかもしれませんね。これもイメージはなんとなく分かるような分からないようなあいまいな表現です
■国際機関の改革
→IMFと世界銀行を指します。少し新興国よりの改革もされるでしょう。

一方で、規制強化が行き過ぎると好ましくない面があるのも事実ですので、G20ではこれに対してもそれなりに警鐘を鳴らしています。今後の規制強化に関してG20は、行き過ぎた規制が生産性悪化につながるようではやはり問題があるとしていまして、規制強化はやむを得ないものの適切なる対応を求めています。

この規制強化の前提として、世界的な金融機関には今後当局による監視が厳しくなります。どの金融機関を監視するかやどの程度の監視になるかが問題となりますので、そういった研究機関みたいなものも作られるようです。対象となる金融機関は3月末までに発表される予定です。

後、G20で述べている中で注目したのは新興国を援助していくと述べられている点でしょうかね。危機的な状況に陥った国にIMFはきちんとファンドして新興国が融資を得られるようにするという点は、G7ではなくG20として新興国も会議に参加させた効果というものかもしれません。今後、各国は協調してより広範な政策を行う事により、成長を取り戻し先進国と新興国の経済をサポートする必要があると締めくくられています。

と言った感じですので、明日の市場にプラスの影響は無さそうです。がっかりで売られる可能性はなきにしもあらずですが、オバマさんが出席しなかった時点でそれもあんまり無いような感じはしますね。

うん、最終的にはまーまーやる気あった記事になった気がします(笑)。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
最近
織り込みが早く
G20の失望売りも
織り込んでいたりしてって_(^^;)ゞ

株価連動も予想は
できないですね
寝てますし(笑)


でも参戦してます(笑)
今はロングなしになってしまいました…
スイングスワップ派になるのは
まだまだ先になりそうです
2008/11/16 (日) 20:19:35 | URL | 若葉マーク #-[ 編集]
今回のG20はIMFの主張に似ている
ランケンさんのおっしゃるとおり,IMFの提唱する新興国の参加した会議が出来たことをプラスと解釈するべきでしょう。

IMFの影響力が発揮されたということで今後もIMFレポートは目が離せませんね。

応援ポチ!
2008/11/16 (日) 21:08:35 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
G20とIMF
若葉マークさん

こんばんは。
G20の失望は確かに既に織り込まれている可能性があります。
元々オバマさんとか出席してませんからね。
たいして期待も高くはないでしょう。

ロングでもショートでも変わらんです。
クロス円以外をやるとロングかどうかってよりは、どの通貨を買いにしてどれを売りにするかって意識が強くなりますよね。
スワップ派になる必要も無いですよ、為替差益で取れるならその方が利益を大きいですから。



Nekkiさん

こんばんは。
そうですね。
G7ではなく、G20が注目されたという所が意味があるかもしれませんね。
IMFの影響力と言うよりは、IMFをもう少しちゃんと世界の金融に対して影響力を持てるようにすべきだと言うのが世界の流れなんだと思います。
IMFが単独で主張しているというよりも世界のコンセンサスなのでしょう。
きわめて政治的な組織である彼らが単独で好き勝手言ってるはずはありませんしね。

各国がばらばらに金融政策取って自由に出来る事がだんだん難しくなるかもしれませんね。
一方で、各国の選挙民はいる訳で矛盾は感じるかな。

いつも応援どうもありがとうございます!
2008/11/16 (日) 23:41:31 | URL | ランケン #-[ 編集]
サミットは失望売りから始まってるようです。
朝から円高が進んでます。

意外と?なのかな?
底堅いのはランド円のような気もします。

先月の投売りもあってもう下げ止まりの
ようなきもしますがこればかりは分かりませんね。

でも財政収支が黒なのであればそんなに深刻にはならないのでしょうかね~
2008/11/17 (月) 07:08:41 | URL | ゆみゆみ #-[ 編集]
こんぺいさん
あんたは馬鹿か?
このブログはまじめにランドの研究をしている人の為のものです。 あんたのようなフラチな人がコメントする為のものではありません。
考えてからコメントを送信してくだい。
迷惑です。
2008/11/17 (月) 13:34:36 | URL | poco #-[ 編集]
まじめに書いてるつもりですが、不快にさせたらすみません。
2008/11/17 (月) 20:07:10 | URL | ゆみゆみ #-[ 編集]
誤解です。
ゆみゆみさん
ごめんなさい。 怒っていたのはこんぺいとかいうハンドルネームの人がイヤらしいことを書いていたので怒ったのです。でも既にコメントは消えてました。 これはゆみゆみさんに怒っていたのではないんです。誤解させてごめんなさい。
2008/11/17 (月) 21:49:42 | URL | poco #-[ 編集]
そうでしたか。

私が皆さんに対しトンチンカンな事を書いていたのだと思ってしまいました。

今後も宜しくお願いします。
2008/11/17 (月) 21:53:29 | URL | ゆみゆみ #-[ 編集]
スパム
ゆみゆみさん

こんばんは。
朝方はマイナスでしたが持ち直しましたね。
ダウは今下げてますが。

ランドも相変わらずな感じです。
特に方向感を感じないですね。

財政収支の黒字は市場でもランドの底割れはないだろうと見られています。
ただ、いつものように市場の空気次第で変わる可能性はあります。
大底を狙ってもしょうがない話なので、頭と尻尾はくれてやれって話ですけどね。




Pocoさん

こんばんは。
なんか感動しましたよ。
ランケンを大事に思っていただけている方がいると思うと感激です。
どうもありがとうございます。

スパムはほぼ毎日ですわ。
問答無用でサクッと消してます。
消すのはボタン1つで簡単に消せるのでたいした事はありません。
あのスパム書くのも大変だと思うんですがね。
すぐ消されちゃうのにご苦労様ですよ、スパム残す方も。
あんまり労力に見合わないと思うんですがねー。



ゆみゆみさん、Pocoさん

スパムは私が消しますので無視してください。
変な所で誤解が生じても無益ですしね。
昨日も書きましたが相手にしててもきりが無いんですよ。
絶滅しない種なので。
2008/11/17 (月) 23:17:23 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張