FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ウォールストリートジャーナルによるエコノミスト調査

ウォールストリートジャーナルによるエコノミスト調査

アメリカの金融危機による景気減速は大きなものがありますが、ウォールストリートジャーナルがエコノミストに行った調査によると、2009年後半にも成長は回復するかもしれないと出ています。

ウォールストリートジャーナルが54人のエコノミストに調査を行った結果によると、今年のGDPは平均すると年率3%下がります。来年も成長率はしばらく上がらず2009年第三四半期になると回復を始めそうだとムーディーズインベスターズサービスのエコノミストは述べています。ただし、2009年の成長率も金融危機前の状態に戻るのは2010年以降だとしており、来年1年間は厳しい状況を見込んでいます。

もちろん、平均ですからもっと悲観的な意見も数多くあり、今はただの不況ではなく深刻な金融危機であるため、数四半期程度のマイナス成長で終わると考えるのは楽観的過ぎるとの意見もあります。とは言うものの、政府の救済策は概ね高く評価されているようで、この救済策により市場は何もしないよりははるかにマシだと見ているそうです。

ウォールストリートジャーナルの調査を見てみましたが、失業率は2009年12月には7.7%まで上昇すると見られています。結構凄い数字ですね。12人に一人は失業者ですか。金融関係はもっと悪いでしょうから10人に1人以上になるでしょうかね。また、GDPの成長率は年間0.5%とかなり低調です。気になる原油価格も2009年半ばで64.58ドルとされていて、さすがに100ドル超えるような投機的な動きは少なそうです。

同調査はアメリカの2009年の政策金利は0.76%程度と予測しており多くのエコノミストが0.5%か1.0%で来年は推移しそうだとしています。ドル円のスワップはマイナスにはならないかもしれませんがあまり多くは無さそうですね。2009年後半での回復となるとまだちょっとかかりますね。市場は早めに動くとは思いますが、それも好転の兆しが見えるのが大事かもしれません。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ここにはたまあに狂ってる方が来ます。三菱商事フィーチャーズもヒロセもランド取引は正常ですぜ。古い情報やガセ情報は止めなさい!
2008/11/15 (土) 20:37:32 | URL | #-[ 編集]
まったくです
こんばんは。
まーお金がからむ投資情報なので、色々な人が来ますよ。
しょうがないかなと。
スパムの多い事多い事。
来ない日はないですね、ほんと(笑)。
2008/11/16 (日) 01:32:50 | URL | ランケン #-[ 編集]
ランケンさん及び皆様!

金融サミットは成功したと思っていいのでしょうか?

下げる事は無いような気もしますが効果はありますか?

2008/11/16 (日) 08:31:43 | URL | ゆみゆみ #-[ 編集]
ゆみゆみさん 少しは自分で考えて下さい。目安箱じゃありません。サミット効果はないです。上がりません。
2008/11/16 (日) 09:02:13 | URL | #-[ 編集]
こんにちは。

南アフリカで気になることといえば、大統領でしょうか?
ザマ氏が4月になる可能性が高いという新聞記事をこの間見ました。
外資の締め出しとか行ったことがあるということで、今まで発展した経済に陰りが出るかもしれないと書いてありましたが、この人の経歴とかみると、不安になります。
ランケンさんはどう思われますか?
2008/11/16 (日) 13:35:13 | URL | ぱん #-[ 編集]
G20
将来のことを決めるので
今のトレンドは急には変わらないですね(笑)

期待買い
失望売り
どちらでも!
上がれば買い
下がれば売りで
チョコチョコ取れます↑

これだけ
行ってこい
戻ってきなさい(笑)
相場だと両建てでも
そこそこ取れますね…


百年に一度の相場
参加できないのはあまりにも残念↓↓


2008/11/16 (日) 15:02:30 | URL | 若葉マーク #-[ 編集]
G20
ゆみゆみさん

こんにちは。
うーんと、あんまり効果は無いと思いますねー。
この手のサミットは具体策に欠けるとダメですね。
漠然とした話ばっかりになっちゃって市場も反応しづらいものです。



お名前をかかれなかった方へ

きびしいですなー。
もう少しお手柔らかにお願いします。



ばんさん

こんばんは。
ズマ氏が大統領になる可能性は高いですね。
外資の締め出しなんて書いてあったとは思えませんが本当ですか?
ちょっと違うのではないかと。

南アフリカの外資がむしろ逃げていく事を現在は懸念されています。
その意味ではおっしゃっている締め出しとは反対に聞こえるのですが。

ズマ氏は確かに左よりで、ポピュリストと呼ばれる事もあるのは否定出来ません。
ただ、最近は大統領になる事を意識して、言動はかなり慎重に見受けられます。
下手な事言って大統領がおかしな政策を取ると懸念されたら外資が出ちゃう可能性があることは自覚できているように見えます。

ズマ氏としては、今までの南アフリカの成長戦略や方針の変更はしないと明言しており、これはもちろんその外資が逃げ出すのを恐れているからです。
南アフリカにとって外資はやはり重要な雇用促進の1つでありますし、経済成長も外資が無いとなかなか厳しいのはよく分かっているようです。
ズマ氏の経歴などに関する不安感があるのも事実であり、市場はそれに対する懸念を持っています。
ここで重要なのが財務大臣のマニュエル氏でして、彼がいる限りはそんなおかしな事にならないだろうというのが市場の見方なようです。

マニュエル大臣は前大統領であるムベキ政権でも財務大臣を務めており南アフリカ成長の重要人物です。
彼がもし次の政権に残らないとなると怖いのですが、現在マニュエル氏は続投の方向(本人の意志と与党ANC内の方向性の両方で)であり市場もその点は少し安心しているというのが私の感触です。
不安が無い事はありませんし、現在次の5年に影響する大事な移行期である事も事実です。
市場はまずはマニュエル大臣の去就に注目しています。



若葉マークさん

こんにちは。
まーそうですね。
期待買いは可能性低いんじゃないかと思いますよ。

参加しないんですか、相場?
2008/11/16 (日) 16:20:37 | URL | ランケン #-[ 編集]
ズマ氏については私も懸念はしておりますけど、あのジンバブエの惨状を近くで見ていて、同じ過ちを繰り返すとは思えませんわな。
2008/11/17 (月) 19:07:21 | URL | 投資家の南 #GHYvW2h6[ 編集]
ジンバブエの政治の二の舞は避けるでしょう
投資家の南さん

はじめまして、こんばんは。
それ私も思ってました。
ジンバブエの失敗は白人を追い出して独裁政治を許した点でしょう。
さすがにあの愚をおかすことはしないんじゃないかと思いますし、それを許すほど南アフリカの政治システムが弱いとも思えませんよね。
もっともたいして強いとも言えないんですが。
同意します!
2008/11/17 (月) 23:21:08 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張