FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ小売売上高と原油価格

南アフリカ小売売上高と原油価格

南アフリカの9月の小売売上高は昨年9月に比べて5%下落し5ヶ月連続の減少をしています。南アフリカのアナリストは思ったよりも大きく下落しており、今後数ヶ月は小売売上高の上昇は見込めないだろうとしています。今日のランドはこの結果を受けて下落していますが、今は戻していますね。

家計部門の消費支出もかなり絞られていますが、鉱業部門も厳しくなってきています。特にプラチナの下落は大きく、プラチナ鉱山会社や金鉱山会社はかなり利益が圧迫されると市場では見ており、南アフリカの経済にも少なからぬ影響を与えそうです。また、輸出業としてはランド下落も鉱業部門の会社には重くのしかかります。

さて、商品価格と言えば原油価格ですが、1バレル60ドルをついに割り込み、50ドル台に入ってきました。現在、NY原油は58ドル、北海ブレント原油は54ドルとなっており、2007年3月以来約1年半ぶりの安値となっています。原油価格が直近で売られている理由としては、中国での使用量が予想よりも減っていた事によるもので、中国の効果がアメリカなどの先進国の成長率下落を帳消しにできないのではないかという懸念を誘ったものとなっています。市場では原油価格の下落は更に進むものと見ているそうです。

原油価格の下落に対してOPEC(石油輸出機構)では12月17日に会議を開き供給量の更なる調整を進めると見られています。既に10月に1日150万バレルの減産をしており、12月の会議が実際に反映されるのは2月ぐらいとされています。

その原油価格ですが、2030年には1バレル200ドルになるとIEA(国際エネルギー機関)では述べており、年率1%で石油需要が増えると見込んでいます。昨年IEAは今年の原油価格予測を高くても60ドル程度と見込んでいまして、実際には140ドル超えましたのであんまり当てにならない面もあります。とは言え、今は60ドル下回っていますのでまー違っていないと言えば違っていません。

一応は世界でもっとも権威のあるエネルギー機関で、彼ら以上に予測出来る人もあまりいませんし、価格はともかく需給が逼迫してくるという意味では間違わないでしょう。他の商品市場にも影響を与えますので、どこで上昇に転じるかは注目ですね。もちろん、南アフリカにとっても重要でしょう。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
今日のNYダウにあわせて激下げしております。

しかしランドはまだどうにか9.2辺りで踏みとどまっております。
9円を切るとストップロス入って急落なのかしら?
2008/11/12 (水) 23:52:47 | URL | ゆみゆみ #a.S0qIAE[ 編集]
さきほど9円を割り込みましたが切り返してまたもとの水準です。

もう前回の10月24日辺りでストップロス巻き込んで下落って無いのかもしれません。

つーかもうみんな、はき出してしまったのかしら?
2008/11/13 (木) 01:59:36 | URL | ゆみゆみ #a.S0qIAE[ 編集]
また、ファンダ&テクニカル無視の下げかい。
こんばんは。
ドル円は、今まで下げ渋っていた分異常な下げですね。(戻しも早かったー。)
ランド上昇を祈っていてもしょうがないので、今週は、他通貨をショートしたら、ランド用資金を運良く稼げました。(嬉) この調子で先月の強烈な損失も取り返せるかなー(祈)。
そのせいか、今のところランド゙円を、先月よりは少し冷静に眺めらられるようになっています。
応援ポチッ。


2008/11/13 (木) 02:11:10 | URL | 単独行 #-[ 編集]
ランドはどうにか9円台を今のところ確保してますね。

10月下旬の投売りでほぼ無くなったのかしら?あれは酷かったですものね。
2008/11/13 (木) 19:38:13 | URL | ゆみゆみ #a.S0qIAE[ 編集]
はじめまして。
半年ほど前からほぼ毎日拝見させてもらってますが、初めてコメントさせていただきます。

以前ランケンさんが買ったと言っておられた南アフリカのETF、来週辺りに買ってみようかなーなんて思ってるんですが、
ランケンさんは買い増したりする予定は無いですか?

ダウの底を確認するまではやめといたほうが良いですかね?

もしよろしかったら、ご意見いただけるとありがたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。


2008/11/13 (木) 21:33:00 | URL | ひで #-[ 編集]
日本のエネルギーシフト
日本は2030年に電源別発電電力量の30-40%を原子力にすると「原子力大綱」に基づいて政策目標にしているようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/kousatewriter/diary/200811110000/

現状60%以上が火力発電ですから,原油価格の影響をかなり受けるようですね。
各国,値上がりの可能性が高い石油から石炭へのシフトが大きく,環境汚染の面でも問題が大きいので,原油価格動向は気になるところです。

応援ポチ!
2008/11/13 (木) 22:17:30 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
市場と南アフリカETFとエネルギー
ゆみゆみさん

こんばんは。
今日は市場が荒れてますね。
まー先月みたいな一直線な落下はさすがに見られませんが。
早く株価の回復して欲しいですね。




単独行さん

こんばんは。
うまく稼げたなら良かったですね。
がんばって取り返してください。
冷静になる事は大事ですよね。
いつも応援どうもありがとうございます!



ひでさん

はじめまして、こんばんは。
南アフリカのETFちょぼちょぼ買ってますよ。
安いので適当に分散しながら買えばいっかなーなんて感じであんまり考えてもいません(笑)。

まーでもダウが上がりだしてからでもいいでしょうね。
今はバーゲンセールがあちらこちらにあるのでかえって買いにくいですよね(笑)。
韓国株とか考えちゃいますもの。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。



Nekkiさん

こんばんは。
日本のエネルギーシフトは必要でしょうね。
原子力に日本人はアレルギー強すぎる気がします。

原子力エネルギーなんて最近始まった事じゃないんですし、それなりの実績は既につめているはずです。
アレルギーが強すぎて情報を公開できない風潮になっているのも問題なんじゃないかと思いますね。

太陽発電とかももちろんありますが、絶対量として足りません。
現実的に考えると化石燃料か原子力の二択でしょう。
そのときに確実に進む二酸化炭素問題と原子力のどちらを取るかって言われたら答えはおのずから決まると思うんですが。

いつも応援どうもありがとうございます!
2008/11/13 (木) 23:01:07 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張