南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
マラリアと開発経済2

マラリアと開発経済2

前回はマラリアが多くの国の発展を阻害してきた事をお話しましたが、今日はその対処についてです。本題に移る前に先週紹介したJeffrey D. Sachsのマラリア地図でカラー版がありましたので差し替えました。下に改めて紹介します。

マラリア分布
Jeffrey D. Sachsのマラリア地図(クリックすると拡大します)

マラリアと経済
経済発展状況(色が薄いところが発展していない国です。上の図と比較してください)

マラリアが赤道付近に非常に多い病気だと言う事がよく分かりますね。また、この地域が世界的に経済発展していないこともよく分かります。昔は日本にもあった病気でオコリと呼ばれていました。坂本竜馬もマラリアだったそうです。ただし、日本のマラリアは比較的弱いものだったため、日本ではほぼなくなりました。

日本や西欧などでマラリアが撲滅できたのに熱帯地域で撲滅できていない理由は気候にあります。マラリアは冬があったり、16℃以下となる季節がある地域では繁殖しない傾向があります。理由は簡単で冬になると蚊がいなくなるからです。逆に言うと、熱帯・亜熱帯は冬が無いので蚊とマラリアにとって最良の気候条件を備えているわけです。

マラリアはワクチンがありませんので有効な予防はできませんが、治療はできる病気ですので適切に処置すれば本来ならばそれほど怖い病気ではありません(と言っても十分怖いんですけどね)。問題は適切に処置すればという点で、そもそも貧困の極みのようなアフリカの地方に医者は少なく薬も補給されません。予防薬は無く、治療も行き届かないでは非常に悩ましいのですが、蚊に刺されなければマラリアに感染する可能性は非常に少なくなります。

この蚊にさされないようにする事をVector Controlと言います。単純に訳すとベクトル制御ってなっちゃって数学の小難しい奴かなとか思いますが、この場合は違います。Vectorって媒介生物という意味があって要するに蚊が近づかないようにコントロールしましょって意味です。

具体的には何をするかというと蚊帳を張る、殺虫剤をまく、蚊が発生する水たまりなどを減らす、の3点が中心です。特に最初の蚊帳は、日本の誇るテクノロジーが大活躍しています。もちろん、ただの蚊帳ではなくポリエチレン樹脂に殺虫剤を織り込んだ蚊帳で、製造しているのは住友化学です。

WHOは住友化学に対してアフリカへの技術移転を要請し、住友化学はタンザニアに工場を設置し蚊帳の工場を建てました。年間生産量1000万張りだそうです。この蚊帳を使用してWHOは2010年までにマラリアによる死亡率を50%に減少させるという計画を立てています。

達成できれば、なんと50万人以上の命がこの蚊帳により救われる事になります(住友化学の株買おうかなと思いましたよ)。ただし、アフリカの人口は8億人であり、蚊帳の生産量1,000万張り程度では全然足りないようです。とは言え、無制限に製造できるかって言うと住友化学も営利企業ですからそういうわけにも行かず、各国がちゃんとお金を出す事が求められます。先日の福田首相のODA倍増なんて話がありましたが、これの一部は蚊帳に回り、多くの人の命を救う事になるはずです。

二点目の殺虫剤の散布ですが、これは実はあまりよろしくありません。蚊が殺虫剤に耐性を持つようになるらしく、かえってたくましくなってしまう事があります。手っ取り早い方法ではあるのですが、広大なアフリカ大陸全般に殺虫剤まくなんて考えただけでもあんまり良くないんじゃないのって思いますよね。家の中に蚊取り線香置くみたいなのは有効だそうです。ただし、熱帯地域の貧しい家にはそもそも窓とかドアがなくって開放的になっているため蚊取り線香や殺虫剤の効力が無いため、家をちゃんと閉め切る事が求められてたりします。

三点目の、蚊そのものを減らす対策ですが、こちらはなかなか難しいようで水溜りをへらす、ボウフラを食べる魚を放つなどのジミな手段で蚊を減らそうとしています。アフリカ広いし、雨降ったら水溜りできちゃうのでこれも決定打には到底なりませんね。と言う訳で蚊帳がもっとも有望なのが現状です。

次回はマラリアの最終編です。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
蚊といえば‥
お久ぶりです。さぼてんです。

さすがランケンさん、住友化学の蚊帳のことまで調べ上げましたか‥インドネシアなどでは蚊取り線香がかなり普及しているようです。とはいっても見た目も日本のよりかなり大きく効果もきついそうです。熱帯の蚊は日本の蚊より大きくて丈夫なのだそうです。

マラリア対策にしろエイズ対策にしろ新興国のお困りごとに先進国の企業がかなり協力しているみたいで、なんだかそちらも応援したくなりますよね。
2008/07/21 (月) 23:39:47 | URL | さぼてん #-[ 編集]
民間の協力
さぼてんさん

お久しぶりです。こんばんは。
インドネシアの蚊って凄そうですね。
でかそー。

マラリア対策やエイズ対策に民間企業の協力は欠かせません。
一方で、民間企業に無償奉仕してくれって言ってもムリがあります。そんな事したら倒産しちゃいますからね。
貧困ビジネスをうまくやっている民間企業もいますが、医療系は政府のお金が必要とされます。
政府のお金といっても新興国自体には無いので、結局民間のODAになるわけですが、アメリカも日本も支払いが悪いのが現状です。
ただ、民間でも凄いことをしている人たちもいます。
以下、次号!(なーんて、期待もたせてみます)
2008/07/22 (火) 01:39:01 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張