FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ランド上昇予測と下降予測

ランド上昇予測と下降予測

ランドが最近底堅いですね。南アフリカの市場でも”不思議な事に底堅い(Strangely resilient)”ってニュースに出ています(笑)。市場筋の予測が出ていたので今日はそのご紹介。

ランドは今日もなぜか上がってるのですが、Economex Treasury Managementという会社のアナリストは来年にかけて更に上がりそうだと述べています。このアナリストによるとランドは来年頭までに1ドル7.3ランドと予測していまして、1ドル110円だと15円突破になります。

ただし、このアナリストのようにランド上昇を予測する人は少数派だそうで、ネッドバンクのアナリストは、ファンダメンタル的にランドはまだ上値が重いと見ており、もっとも悲観的な予測は1ドル8.8ランドまでまで下がると見ています。この場合、1ドル110円だと1ランド12.5円です。

現在、南アフリカの金利は12%ですがアメリカは2%です。従って、10%の差がありキャリートレードが活発に行なわれる環境となっています。これが最近のランドの底堅さの要因の1つでもあるのですが、先程の強気派のアナリストの分析としては、現在の世界経済の減速だと成長への投資(株)は減り、利回りの良い金利にマネーを置く傾向が強くなるとしています。

確かに世界的に株は下落するのみだった一方でランドは強くなっていますね。株は買いにくいのは分かります。そのため、最近は株を買うよりはランドなどの高金利通貨へと投資が回っているそうです。さて、来年の頭にランドは15円になっているか、12円になっているか。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/14 (月) 23:34:33 | | #[ 編集]
投機的要素が大きいですね
キャリートレードは何事もない時期は活発になり,不透明感や不安を反映して解消されますから,目新しいニュースの出ない現在は活発に,そして,ネガティブなニュースが出ると解消されてランド安になると思います。
どちらかというと,サブプライムショック以来は,米国の動向に注目が集まっており,予測されていなかったネガティブサプライズニュースが出ない限りは大丈夫だと思っています。

 しかし,今の水準ではランドを買う気にはなれません。

応援ポチ!

2008/07/15 (火) 01:56:40 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
株・コモディティが買いづらいので、スワップ狙いでランド買いというのはよく分かりますね。僕もその一人ですから。

ちなみに、以下はどなたの言葉かは忘れましたが、とても気になったのでパソコンに保存してあったものです。なんか、身に迫るものを感じてしまいます。


『誰もが上昇すると予想する相場は上がらない。
誰もが下がると予想する相場は下がらない。
大衆というものは、常に間違える。

それが、相場の世界の常識だ。    

なぜかって?

人間というものは安定を求める。
今までの流れで未来を判断しようとする。
多くの人間は、現状の流れが続くと考えてしまうのだ。

相場は、安定した時が、大変動の前兆である事が多い。
安定を求める者の多くは、その大変動に呑まれ消えて行く。  

相場に現状維持という言葉はない。
相場が安定し始めた時、既に崩壊は始まっている。
崩壊は、破壊に繋がり、新しい時代の始まりを意味する。

そんな事は当たり前のことだ。
貴方はそういうかもしれない。
でも、世の中は当たり前の事がわからない人が多いのだ。

現状の「スワップ金利天国時代」だっていつ終るかわからない。』
2008/07/15 (火) 03:48:49 | URL | 一休 #bhWnAv8M[ 編集]
うわぁー、すごい言葉ですね。

ランド円、3ヶ月続いた13円台、
そのエネルギー、
いつどっちへ向かうのかなぁ。

とりあえず、
冷静に冷静に、答えは市場にある!!!

ランケンさん、
毎日楽しみにしています。
暑くなってきました、
体調に気をつけて頑張ってください!



2008/07/15 (火) 08:50:13 | URL | hisa #wmgfiq6I[ 編集]
下降予測
12円ぐらいで良かったです、それぐらいの変動なら大丈夫。安定、に見えます。    
村上龍の小説で円下落を読んでる為か(愛と幻想のファシズム、半島を出よ)投資先としてランドの方が良く見えます。少なくとも40年国債買うよりも。親戚に個人年金薦められましたがインフレに怖いし利回り低くて断ってます。
アフリカなんて無茶苦茶で怖い、と逆に言われてます。確かにエイズだ内戦だとありますが国を選んで投資額でリスクコントロールすれば夢があって面白いのじゃないかな?
ここで教わったエリート通貨の話をしておきました。
2008/07/15 (火) 12:18:15 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
為替の予測
Nekkiさん

こんばんは。
キャリートレードはそういうものかもしれませんね。
資金の動きの性格上、それは当然と言えば当然です。

アメリカも結構めちゃくちゃですよね。
どこがいーのかなー。



一休さん

こんばんは。
面白い言葉どうもありがとうございます。
ほんと、そうですよね。
ランドはどっちでしょうね。
誰にも分からないみたいな(笑)。

安定求めてランドやってる人ってどれぐらいいるんだろう?
そういえば、ランケンも安定したかと思うとすぐ崩れる(爆)。
そんな事は当たり前の事かな。




Hisaさん

こんばんは。
ランドどっちでしょうね?
冷静にって正しいです。

暑くなってきましたよね。
まだエアコンほとんどつけずに頑張ってます。
水まくらで暑さをしのぐ!
わびさびの世界です。
Hisaさんもお体を大事にご自愛くださいませ!



眼鏡さん

こんばんは。
そっか、下の予想の方がうれしい人もいるんだ。
上に喜ぶかと思ったんですが、下に喜ぶんだな。
人間の心理って面白い。

国債はちょっと引きますよね。
インフレに負けちゃうもん、あれ。
確実に資産減る方だと思うな。

アフリカはムチャクチャではありますね。
でも日本もムチャクチャ。アメリカもムチャクチャ。
どうせどこ置いてもムチャクチャなんでアチャコチャに置く。

アフリカは日本より夢が多い気がするのは気のせいですかねー。
2008/07/16 (水) 01:00:41 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張