FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
日本銀行の白川総裁の本

日本銀行の白川総裁の本

久しぶりに書評です。現日本銀行総裁の白川方明著の「現代の金融政策 理論と実践」を読みました。素晴らしい本ですね。内容は簡単ではありませんが、非常に分かり易く書かれています(言ってる事矛盾してます?)。意外に面白いのでFXやってる方にはオススメです。



本の帯にも書かれていますが中央銀行の本質とは何かについて書かれており、物価と成長に対して金融政策はどう考えるべきかなど理論的な事もありますし、バブルに関する事例なども含めてとても実践的に書かれています。もちろん為替に関しても述べられていますし、株式にも触れられ日本銀行総裁という経済の最先端を見る必要がある方が書いた本だけあります。中央銀行の考え方や悩みがよく分かり、これを読んだ上でランケンの南アフリカ中央銀行ステートメントなんか読んだらすっごい勉強になると思います。

以前、紹介した元FRB議長のグリーンスパン氏の本とは違い、中央銀行の業務に特化した本です。従って、白川日銀総裁ご自身については全く書かれていなくかなり教科書的な位置付けです。と言っても、理論的な事よりも実践に力を置いていますので訳の分からない数式はほとんど出てきません。ただし、アカデミクスに関してもきちんと引用されていて非常に本格的な内容となっています。

ややお高い感じもするかもしれませんが、個人的には安いと感じるぐらいです。それだけの価値がある本ですし、2000円程度で売っている本とは違い、為替や経済やってる人には永久保存版クラスの本です。こういうところにお金は惜しんではいけません。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
なるほど、そういう風に情報収集を・・・
うーん、ランケンさんの情報収集力というかよい意味での雑食ぶりには感銘しきりです。
おっしゃるように、本格的な学術書の単価は高いのですが、白川総裁のように理論と実践のダブルトラックに乗った方の書いた学術書は価値があると思います。しかも08/03出版ですから逆算すれば京大(公共政策)の大学院で学者として生きることを決意した時期に書かれているのでしょう。私も購入するつもりです。今日のエントリーは情報の収集の仕方という面でもたいへん勉強になりました。
2008/06/23 (月) 21:56:44 | URL | まんた #1wIl0x2Y[ 編集]
雑食?でもグルメです
まんたさん

こんばんは。
雑食ですかー、ありがとうございまっす!
雑食ですが、悪食ではないと思ってます。むしろグルメ。
変なものは食べません。

情報の収集という意味ではちゃんとした情報を取るようにはしています。
インターネットの世界はどうも週刊誌系の噂の粋を出ないようなものが多いんですよね。
過激な噂に色を付けて凄い事にして出す。
そんな情報見て投資なんか出来ないと思うんですがねー。

是非この本読んでみてください。
いい本だと思いますよ。
2008/06/23 (月) 23:42:50 | URL | ランケン #-[ 編集]
要チェックです
400ページを超す分量に加えて,この価格!
確かに敷居が高い本ではありますが,要チェックの本に間違いは有りません。
この類の本で1万円を超えていないというのはかなり良心的といえます。
きっと発行当時は赤字ギリギリだと思います。

個人的には小難しい数式がたくさん入っているほうが買って得をした気になるという数式劣等感があります(笑)。

ちなみに私は未チェックです。分野としては公共経済学と国際金融論がメインだと思うのですが・・・。
 この本かなり気になってはいたのですが,何せ,未読の経済と数学の教科書が辞典を含めて既に部屋にウン十冊(日経文庫入れたら300冊突破か?)と積まれた状態です。

ランケンさんはこの白川さんの本を読破するのに何日くらいかかりましたでしょうか?


明日当たり書店でチェックしてきますね。

応援ポチ!
2008/06/24 (火) 03:03:59 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
こんにちは♪
為になる本のご紹介ありがとうございます。う~~ん。読み応えありそうですね。
未読の本が数冊あるので、読破したら購入します(><)
2008/06/24 (火) 10:18:11 | URL | 岩崎かおる #-[ 編集]
ランケン読者なら読めるはず
Nekkiさん

こんばんは。
私は小難しい数式が苦手です(笑)。

300冊も本があるんですねー凄いですね。
本好きなんですね。
私もまーまー好きかな。

日銀総裁の本は420ページあります。
読むのに1ヶ月ぐらいかかってます。
この本だけを毎日読んだわけでもないのでなんとも言いがたいですが読み応えはありますよ。
でもランケン読者なら読めると思うな。

いつも応援どうもありがとうございます!



岩崎さん

お久しぶりです。
岩崎さんはこの本必須です(笑)。
ランケン読者レベルなら読めるはずですので、がんばって読破してください。
2008/06/24 (火) 23:10:29 | URL | ランケン #-[ 編集]
書評
金融業志望なので読んで役立てます!ランケン読者のレベルには程
遠いですが興味は一致してると思うので。
専攻分野以外はなかなか専門書に手が出ないので書評は有難いです。専攻は1万越え当たり前のニッチさなので価格に違和感ありません。
面接で愛読書に挙げてみようかな、リテール志望でも視野の広さはアピールしたいし。
ただ、日銀総裁は政治が絡むから面接では避けた方が無難かな?
2008/06/30 (月) 15:58:21 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
面接で
眼鏡さん

こんばんは。
金融志望なんですね。
ランケン読者のレベルって多分眼鏡さんぐらいだと思いますよ。
そんなに大きく変わらないんじゃないでしょうかね。
一部明らかにプロの方がいらっしゃいますが、その方たち以外はそんなに変わらんだろうと思います。
金融プロの人も必ずしも経済明るいかっていうとそうでもない時もありますしね。

白川総裁の本の話題を面接に出すのは恐らくプラスだと思いますが、愛読書までいくとやり過ぎな気もします。
白川さんの本の内容は政治と全く関係ありませんので避けなくてもいいと思いますよ。
2008/06/30 (月) 22:12:51 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張