FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
フィッチ南アフリカ格付けアウトルックをStableへ

フィッチ南アフリカ格付けアウトルックをStableへ

格付け会社Fitchが南アフリカの格付けアウトルックのをPositiveからStableへ変更しました。せっかく先週の南アフリカセミナーでPositiveになったって話を聞いてきた所なのに…。

フィッチのアナウンスメントを読んでみました所、南アフリカの発行体デフォルト格付け(Issurer Default Ratings;IDRs)アウトルック見通しをStableとし、長期外貨建て債務のIDRをBBB+、長期自国建て債務のIDRをA、短期外貨建て債務をF2、カントリーシーリングの格付けをAで据え置きました。

フィッチによると、インフレ懸念、政治的な不透明さ、経常赤字の拡大の3点が今回のアウトルック見直しの要因としています。ただし、フィッチとしては財務的に黒字な点や、外貨準備高が十分にある点、変動為替制を取っている点、インフレターゲットを採用している点など堅牢な経済のファンダメンタルを有している点も考慮すると、現在の外的なショックをマネージできると思われるとしてBBB+に据え置いたと述べています。

また、南アフリカの政治的な不透明さに関しては次の大統領選挙がある2009年4月までの間は払拭できず、次期大統領候補ズーマ氏の裁判も解決される必要があるとしています。フィッチとしてはそれほど政治的な変化が起きるとは思えないが、投資家のセンチメントにはこれらが影響するであろうと述べています。

まー格下げではなく、アウトルックが変わったぐらいで要するに当面格付けの変更はないよって感じです。上がるかと思ってたのに。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
 いつも興味深く読ませてもらっています。
 実は今、ランドが0.1円になってもロスカットされないようなポジションで、長期にわたって(7年くらい)保有しようと思っています。
 これってすごく危険なことなのでしょうか?
 金の相場が崩壊するとランドも下がると言われていますよね?
 またクロス円で他の高金利通貨がかなりの高値圏で推移しているので、これが下がりはじめるとランドも影響うけるのでは? 
 あとは2年前は20円近かったのに、サブプライムの影響あれど、なにかランド自体の価値が下がっていってるようで怖いです。
 7年後には6円が普通だとしたら元がとれないわけで・・

 いきなりの長文ですみませんが、長期の相場観を聞かせてもらえないでしょうか?
2008/06/18 (水) 23:42:39 | URL | coro #-[ 編集]
ちなみに、どれくらいの気持ちで買うかというと、かなり本気で買ってしまいます。
 やっぱり冷や汗ものなのでしょうか?
 それでもロスカットはされないのですが・・
 度々失礼いたしました。
2008/06/18 (水) 23:57:38 | URL | coro #-[ 編集]
ランド本気で長期について
Coroさん

はじめまして、こんばんは。
かわいいお名前ですが、コメントはなんか怖いですね(笑)。

さて、0.1円になってもロスカットされないって凄いですね。
これで何をもって危険とおっしゃっているかイマイチ分からないぐらいです。
7年間も保有できるのでしたらかなり長期的に考えれますが、既に予想できる範囲を超えている気もします。
従って、7年持てば元が取れるかというと全然分かりません。多分ぐらい(笑)。

ただ、常識的に考えてランド円が0.1円って大変な事で、通貨の価値が百分の一以下になっちゃってます。
例えるならドル円で1ドルが1万円(100円の100倍)になってるって世界です。
この場合、もはやハイパーインフレで完全なる経済崩壊状態ですので、なかなかあり得ないと思って良いのではないかと思います。
通貨危機でも起これば別ですが、南アフリカは変動為替相場制を取っていますから可能性はかなりゼロに近いと思います。
加えて財政的にも黒字ですし、外貨準備も十分ありますからまー大丈夫でしょう。
と言う訳でロスカットの危険はだいぶ少ないと思います。

金の相場ですが、崩壊ってどれぐらいを言ってらっしゃいますかでしょうか?
金は5年前と比べると既に3倍になってます。
逆に言うと三分の一程度はありえます(当面はあまりないとも思いますが否定は出来ませんね)
金が下がればランドにも下がる圧力がかかるのはおっしゃる通りではあります。
問題は程度で、金が三分の一になったらランドも三分の一になるかというとそれは恐らく違いますね。
ランドは5年間で3倍になってませんもの。
そこまで金とランドの関係は単純ではないです。

ランド自体の価値が下がっているのは否定できません。
インフレが強いので他国よりインフレが強い分だけは価値が下がる可能性あります。
ただ、現在インフレは世界的に進んでいます。
南アフリカもインフレで苦しんでいますが、他の国もインフレが同程度進めば相対的に南アフリカのインフレはさほど進んでいない事になりますから、通貨下落圧力は少ない可能性があるかなと個人的には思っています。
昨年までは南アフリカだけがインフレで苦しんでいるのでランド下落やむなしと思っていましたが今年になってから他の国もインフレが強くなってきているので私としては少し安心したりしてます。もちろんインフレ自体の予断は許さない状況ですので見ていく必要はあります。
一方で、アメリカやユーロなど主要国は南アフリカほどインフレの悪化がひどくはないのでまだ下落圧力はあるのですが、ここまで来ると程度問題で難しい所ではありますね。

他の高金利通貨が下がるならランドも影響受けるとは思いますよ。
この場合のストーリーは新興国からお金が逃げている場合ですね。
今年のサブプライムがちょうどそんな感じだったと思っています。
まだあるかもしれませんけど、サブプライムより大きいのがすぐ来るかな?分かりません。
中国株式も結構今年下落してるし今のところものすごい怖い状況はとりあえず去ったかなと考えています。7年間で見たら何が起こるかは分かりませんが短期的にはそんな感じ。

一番怖いのはCoroさんがおっしゃってる本気で買ってしまいますという部分ですね。
ランドが下落するかどうかのリスク以前に投資スタンスとしてご自身のリスクが高いのを感じます。
投資は余裕資金でやってくださいね。
長期の相場観なんて他人に聞くものじゃありません。自分で判断できなければ確実に売り時を逃しますよ。7年後も同じ質問してる可能性大です。

長期でいく場合は基本的に分散投資を心がけるべきだと思います。
それはロスカットかどうかじゃなくて、元がとれるかどうかという勝負の意味で大事だと思います。
分散するとリスクが減ってリターンが増えます。
ランドに対する通貨でしたら種類が違うドルとかユーロを持つといいと思いますよ。
新興国ばかり買っても分散の意味が減るのでお気をつけ下さい。
頑張ってくださいね。
2008/06/19 (木) 02:08:43 | URL | ランケン #-[ 編集]
経済って?
何時も感心しながら拝見してます。何も知らないでFXを始めてしまいトルコリラを買うつもりが高かったのでZARで練習するつもりが気付いた時には
大きく下がってどうしようもない状況だった時ランケンさんのページを見つけました。恐怖の3月は忘れられません。同じような人達のコメントやランケンさんのクールなコメント?で勇気づけられました。まだ購入した金額にはなっていませんが勉強させてもらったので落ち着いています。ZARに愛着すら湧いてきました。同時にトルコリラを始めて運を掴みました。トルコリラではランケンさんのような方がいないようで純粋なページが見つかりませんでした。ZARでは本当に有り難いです。携帯すら不慣れなので応援ポチってなんのことかわかりませんが応援させて頂いてます。
2008/06/19 (木) 16:10:13 | URL | 母は強し #-[ 編集]
南アは意外と粘り腰
ZARはかなり底堅いと思います。
これだけ食料高や国内暴動で状況が悪いときに,格付けstableが得られるのはマシだと思いますよ。
逆にインフレが落ち着いて状況が良くなったらすごい飛躍が見込めそうです。

http://www.fitchratings.co.jp/sectorRankList.ctl.php?middleID=7

で他の国のソブリンと比較できるので参考になるのではないでしょうか?

カントリーシーリングでAなのは流石にエリート通貨だけのことはありますね。

いつも密度の濃い内容の情報と教育ありがとうございます。
2008/06/19 (木) 19:52:36 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
 とても詳しくありがとうございます!
そうですね、いくらロスカットされないとはいえ、全力で投資すること自体危険なことですよね。
 アイスランドのようなスワップ逆転が生じたらもうやばいですし、新興国なので、相場の水準が不安定なのが一番の心配ではあります。
 決済するときに一体どのくらいの値段になっているかですよね。

 もうちょっと慎重に考えようと思います。
ありがとうございます。
2008/06/19 (木) 22:26:33 | URL | coro #-[ 編集]
クールなコメント?冷たいコメント?
母は強しさん

はじめまして、こんばんは。
どうもありがとうございます。

クールなコメントって笑いました。
クールって言うとかっこいいですが、冷たいコメント?みたいな。
あったかーくコメントしてるつもりなんですがねー(爆)
だって、買いなさいも売りなさいも言えないですもん、恐ろしくて。

トルコは情報取るの難しいんですよ。
理由は簡単でトルコ語だからです。
経済分かって、トルコ語分かって、ブログまでするってかなり難易度が高いんじゃないかなと思います。
ブログやるだけでも意外と大変ですからね。

私もトルコリラやろうかなと思ったんですが、ダメでした。
はっきり言って分からない!
なんでユーロに入れないのとかちょっと考えただけでうーんってうなってしまう状況です。
まー今のところランドで金利は十分かなと思って手は出していません。
ランケンで手一杯だし、もう少しなんか分かったら出してもいいかなーぐらいですね。

応援ポチって”人気ブログランキングへ”をクリックする事を意味します。
そうすると、ブログのランキング表が出てきますので、ランケンが上に行くか下に行くかが注目です。
ランケンはアップデートが1日に1回程度なのであんまり上に行きません。
1日に10回ぐらいされてるブロガーさんには到底勝てません。

そしたら面白い事にランケンのランキング見ると市場心理がちょっと分かるんです。
ランドが下落すると皆様心配になってランケンの順位が上がり、ランドが上昇すると安心してランケン見に来なくなるので順位が下がる。
相関関係があるとかって言われますね(笑)。
見てみてくださいね!




Nekkiさん

こんばんは。
なんだ、日本語サイトにもあるんですね。
どうもありがとうございます。

まー南アフリカはやっぱり新興国ですね。
格付けはそもそも債券のためのもので直接的には為替とは関係ありませんし、必ずしも為替のための比較対象となるかは疑問ですが面白いは面白いですね。



Coroさん

こんばんは。
なんか冷たいコメントだったかなーなんて。
大丈夫でしょうか?

新興国であろうが先進国であろうが相場の不安定さは必ずあります。
南アフリカがアイスランドほど流動性に問題が出るとはあまり思いませんが、やはり全力は避けた方がいいと思います。
新興国に全力ってのはいかがなものかって感じはしますよね。
リスクのダブルバーガー(新興国自体のリスクと全力のリスク)になっちゃいます。
あんまりおいしくないと思います。
トマトとかチーズとか色々はさんでやってください。
何言ってるか分かんなくなってきた…。
2008/06/19 (木) 23:12:57 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張