FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカインフレ長期化の見通し

南アフリカインフレ長期化の見通し

南アフリカ中央銀行はインフレが予想よりも長期化する見通しである事を公式に発表しました。

それによると、南アフリカの現在のインフレターゲットである6%以下には2010年までには到達できる見通しは低いとなっており、今後更なる金融引き締めに動く可能性があることを示唆しました。既に南アフリカ中央銀行総裁のムボエニは2%の金利引き上げの可能性に言及していますが、これを再度強調した形となっています。

2002年9月に南アフリカのインフレ率は11.3%を記録しています。残念ながら、今年第三四半期にはこのインフレ率を超えると見られています。ちなみに、2002年の時の消費者物価指数(CPIX)の政策金利(REPO)は13.5%で南アフリカ中央銀行総裁ムボエニの2%上げて13.5%にするという数字はここから来ているのだと思います。また、2002年の13.5%の金利は2002年9月から2003年5月までの8ヶ月間続きました。

さて、市場の方はこれを受けて来週の南アフリカの金利引き上げは確実と見ているのですが、問題はその割合です。0.5%ではすまないが、2%来週時点であげるかと言うとそこまではしないだろうというのが市場の予想のようで、1.0%の利上げと読んでいるようです。

南アフリカ政策金利決定会合は11日、12日です。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいてます。

質問いいでしょうか?
一般的には金利の高い所にお金は流れていくと思いますが、米ドル ランドの場合もランド高の方向と考えた方がいいのでしょうか?
2008/06/06 (金) 00:11:55 | URL | いっせい #j2KS4BfU[ 編集]
ランド高?ランド安?
いっせいさん

こんばんは。
ご質問の件は半分ぐらい正しいです。つまり必ずしもランド高となるかは別です。
インフレは通貨安ですので、金利による資本流入によるランド高とのつなひきになりますね。
まー結局のところはインフレを抑えられるかどうかってところじゃないかなと。
市場も結構悩んでますよ。
2008/06/06 (金) 01:06:29 | URL | ランケン #-[ 編集]
この金利引き上げはネガティブでは?
 インフレ対策として単純に金利を引き上げていますが,すでに暮らしが成り立たないレベルにあり,暴動が発生している時の対策としては有効かどうか難しいと思います。
 そもそも,暴動をおこしている貧困層が金利高の恩恵をあずかれるとは到底思えません。

 原油高はバブル的であり,いづれ下落するとしても,需要増の食物のインフレが収まるかは分かりませんので,金利が上昇してもインフレは収まらず,さらに生産性が落ち込んでいく可能性があると思います。

 しかし,南ア中銀としては利上げせざるを得ないだろうなとは思いますね。

 あとは銀行の貸付審査基準を相当厳しくするのではないでしょうか。
 もう中小企業では商売出来ないかもしれませんね。

 応援ポチ!!
  
2008/06/06 (金) 04:34:15 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
ドル買いとインフレとランドの行方
おはようございます、hisaです。

ランケンさん、
たくさんの情報とお返事、
いつも本当にありがとうございます。
ランドのお話、
なかなかできる人がいないので、
とても楽しみに拝見しています。

ところで、ランド円の行方、
ドルランドが7.4ランドより下がるかどうか?ということなのでしょうか?

もうめまぐるしくて私なんて全くついていけないのですが、
ちょっと買われ始めたドルがどちらへ向いていくのか?
石油か、金か、株式か、他通貨への再投資か?

ランケンさんが書かれたように、
市場も結構悩んでいます、
私も悩みつつ。
こうなってくると、テクニカルって、
あまり機能しなくなってくるような、
(テクニカルはファンダメンタル以上に苦手なのですが-笑)
国の力学を考えつつ、市場を見ながら、
お金はどちらへ流れていくのか?
居心地がよい場所へと。

南ア内での
貧富の差と高度経済成長、
暴動と高インフレ、
この状態を利上げがどこまで解決できるのか?
そして、
それを受けてドルはどこへ行くのか?
うーん、気になるところです。

私的には、
もちろん利益がでてほしいけれど、
ランドを通していろいろ見たり聞いたり、
ランケンさんに教えていただいたり、
間違えつつも考えているので
とりあえずいいかなぁ、と思っています。

またよろしくお願いします。





2008/06/06 (金) 10:03:48 | URL | hisa #wmgfiq6I[ 編集]
ランドの行方
Nekkiさん

こんばんは。
インフレ対策として単純に金利を上げているというのは正しいですが、単純にという点はちょっと語弊があります。
暴動を起こしている貧困層は正直借金もできないような人が多いと思いますので、金利よりはインフレの方が全体的に見れば問題でしょう。
基本的に中央銀行の主たる存在意義はインフレを抑える事につきます。
有効かどうかはおっしゃるとおり難しいのですが、現状を考えると放置できない以上利上げするしかないんでしょう。
金利引き上げによりGDP成長率を落としてでもインフレ抑制に努めるというスタンスでいいんだと思いますよ。
もちろん、南アフリカにとってペイン(苦痛)ではありますので、社会問題化する可能性はあります。
まー、しゃーないでしょう。
南アフリカが倒産する可能性はほぼ無いので、しばらく様子見かなと。
その間は金利もらっておきましょ。
いつも応援どうもありがとうございます!



Hisaさん

こんばんは。
ドルランドは今7.8ですからねー。
7.4まではまだちょっとありますね。

経済はめまぐるしいですね。
1日仕事してたらだいぶ変わったりしてますからすごい。
テクニカルはそれでトレードされてる面もかなりありますので否定できないものもあります。
ただ、ファンダメンタルを押さえないと風向きが分からんと思いますよ。
株やるにしても為替でファンダメンタル分かってた方が絶対いいと言うのが私の持論です。

めまぐるしいのは確かにあるのですが色々と勉強になるので頑張りましょう。
2008/06/06 (金) 22:11:21 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張