fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
台湾有事は日本有事、と改憲

台湾有事は日本有事、と改憲


暑いですねぇ。
週末は裁判沙汰の仕事ばかりしてました。
とりあえず、最低限はまとめた。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

日曜日なので雑談。
金曜日の夜に朝まで生テレビをやってました。
テーマは9条改憲。

改憲の是非について、何か意見を出せるほどの知識はランケンにはないなぁと感じます。
議論の中でもっとも勉強になったのは、元防衛大臣で拓大総長の森本敏さんの話です。
自衛隊は国防軍にすべきとしていまして、そのために改憲した方がいいとしています。

改憲の是非って難しいのですが、見てて感じたのがどう位置付けるのかが問題です。
改憲って言うとトップダウンの感情論的にはイヤなんです。
でも、ボトムアップで国をどう守るかを下から積み上げていくと、どうも憲法がネックになってきそうです。

ウクライナをロシアが侵攻したのを見て強く意識せざるを得なくなったのは、外国からの侵略が今の時代でも起こり得ると言う事。
テレビに出てた若い人たちが、海外から日本への侵攻なんて現実的ではないと言ったような議論もテレビでされていましたが、それは甘すぎる。

台湾有事は日本有事だって事をもう少し意識しないといけないなぁと森本さんの話を聞いて感じました。
台湾って日本と同じで島なので、中国が攻める場合は海からしか行けません。
つまり船で攻め落とす。

迎え撃つ台湾は陸軍が20万人、海軍4万5000人、空軍5万5000人です。
正規軍だけで30万人で、日本の自衛隊と同等か多いぐらい。
しかも、徴兵制があるので、侵略となれば人口2000万人の内のかなりの数が出動可能です。

今のウクライナ侵攻でロシアがつっこんだ兵の数は20万人とかです。
ウクライナ側は15万人の兵数と見られていますので、台湾は純粋に兵数で言っても2倍。
更に、ウクライナと違ってお金はあるし、最先端の半導体を製造する国ですから、西側から兵器を送ってくれないと困るってウクライナとはちょっと違います。
また、昔から国家として認められていないため、台湾人のメンタルは常に中国の脅威と戦う準備が出来ています。

従って、中国は数万人単位の大艦隊を海に投じないといけない事になりますが、中国海軍と陸軍は非常に大きなリスクが海にあります。
ここで重要となってくるのが、制空権。
中国としては海を船で渡る際に、台湾軍に空から攻撃されたり陸上から撃たれるとダメージが大きくなります。
なので、中国軍は空を制して海をうまく渡る必要があります。

制空権を取らせたくないのは台湾だけではなくアメリカも同様です。
台湾を民主主義国家として(と言うよりも、アメリカの覇権を維持するためと言う方が正しいかもですが)、何が何でも守りたいアメリカは台湾の制空権を守るために空軍を飛ばします。
最も近くて大きな軍隊を持っているのは、沖縄。
沖縄から台湾って肉眼で見えるぐらい近くて、米軍基地から台湾は数十分で着くレベルです。

これ、逆に中国からの観点だと、制空権を取ろうとするとアメリカ空軍を抑えないといけない事になります。
グアムにも米軍基地がありますけど、米軍が中国と戦争する時にグアムだけってあり得なくて、沖縄は絶対に使われる。
そのため、中国は沖縄の基地を攻撃に来ます。
自衛隊は、その時にどうするのかって話で、台湾有事は日本有事となります。

中国はアメリカとの直接対決は望んでいません。
さすがにそこまでは今の段階で出来ない。
とは言え、中国が台湾の制空権を握るために沖縄の米軍を限定的であっても攻撃するとなると(米軍の滑走路を使えなくするのが限度かと想像しますけど)、日本国土への攻撃となりましょう。

中国が沖縄にミサイルを発射したら、自衛隊は専守でいいのか?
中国の空軍が飛んでくる基地の滑走路ぐらいは攻撃して、中国の空軍の力を削ぐ能力はあってもいいのではないか?
中国軍の戦闘力を削ぐ能力があるだけでも、抑止力となります。

これを言うと、沖縄に米軍を置いておくからだって話になりかねないんですが、これまた難しくて、日本のどこに米軍がいようと使わない訳には地理的にいかないんですわ。
結局は日本がアメリカの核の傘の元にいる限りは、どうしようもない。
日本の平和はやはり核の抑止力の下に維持できていると言う側面は確かにあって、今回のウクライナ侵攻もウクライナが核を放棄したからロシアは攻めれたって話はあります。

朝まで生テレビでも、その辺は森本さんが説明してまして、だいぶ勉強になりました。
あと、感じたのは、結局は核兵器が問題じゃなくて、核兵器であろうがなかろうが大量破壊兵器がある限りは、人間はそれを使って侵略をしようとしたりする奴がいるって事です。

核廃絶を訴えるのは短絡すぎる部分はあって、そこを努力しても化学兵器やら生物兵器やらって出てきちゃう訳で、何らかの抑止力は持たないといけないんです。
抑止力には色々とあって、森本さんが言う国防軍にして他国からの侵略の際に、限定的な攻撃を出来る制度にしておくってのも抑止力です。
今、バイデン大統領が台湾有事には絶対に介入するって言うのも、パフォーマンスかもしれないし本気かもしれませんけど、曖昧であるってのが既に抑止力となっています。

ロシアのウクライナ侵攻で色々と認識が変わってきていますが、現状を踏まえた制度や体制の変更は必要だとは思います。
理想論だけで国民は守れない。
憲法九条を変えるかどうかは、現状認識の上に立ったボトムアップとして必要ならしないといけないし、解釈で対応できるならすればいいと思います。

昨日のテレビを見てて、改憲が必要なのかもしれないなぁと感じましたが、ランケンは勉強不足でまだ保留です。
もっと勉強しないとですねぇ。。。
と言う訳で、トップダウンの感情的には改憲はイヤですが、ボトムアップの議論が出来るようにしていかないといけないと思っています。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2022/08/01 (月) 01:09:22 | | #[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張