fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ発見のオミクロン、世界のニュースを見てみた

南アフリカ発見のオミクロン、世界のニュースを見てみた


南アフリカで発見のオミクロン株、すごい勢いでニュースになってますね。
月曜日も荒れそうだなぁ。。。
残存10日とは言え、プットはもうちょっと売り時を考えるぞ。

イギリスでは既にオミクロンが見つかっており、イタリアやオランダやベルギーも出ています。
また、ドイツでは南アフリカから帰国した人がオミクロンであることが確認されており、かなりの感染力な様相。
アメリカはまだ発見されていないものの、すでに緊急事態宣言をニューヨークで発令。
WHOも同様に南アフリカの急速な広まりを受けてより大きなリスクがあると表明しています。

南アフリカはイギリスから渡航制限を受けブラックリスト入りしました。(英語ではレッドリストになってますけどね)
その他ザンビアやアンゴラ等6カ国がブラックリスト入りです。

南アフリカは各国から渡航制限なんかを受けて、早期発見に対する罰を与えられたと不満そうです。
旅行業界がまた痛い目にあう。

そんな中、世界の疫学者は南アフリカがあげた早期警戒に対する決断を賞賛しており、感染が増える事に変わりはないかもしれないが、少なくともオミクロンの感染ペースを遅く出来るだろうと述べています。
悩ましいですが、せっかく感染を抑える対応や警戒は迅速にしてるんだから、オミクロンが大したことなければ早めに解除してあげて欲しい所です。

ランケンが最も気になっているのは重症者か死亡者の割合です。
そんなに高くないんじゃないかなぁと。。。
と言うのも高ければオミクロンはそんなに広まれず、ある程度の範囲で限定されるってのがエボラ出血熱なんかの経験からのセオリー。

オミクロンは確かに感染力が非常に高そうですが、現状で死亡者のニュースが出ていない。
これから出てくるのでしょうけど、南アフリカで最初に発見されたのは11月9日ですので、既に3週間弱が経過。
未だに症状に関するニュースがそれほど出てきていませんし、まだ分析に数週間かかるとされているものの、少なくともエボラのように人がどんどん倒れていくって話はない。

南アフリカのオミクロンを含むコロナ感染者数は1日で18586人と312人から一気に60倍。
しかも、これ見つかってないのももっとたくさんいるはず。
相当な勢いなのは間違いないのですが、それにしては重症者とか死亡者の話がありません。
具体的な症状として出ている情報は、南アフリカのニュースを見てても、体が痛いって話と極度の疲れが若年層で見られているぐらいの話しかランケンは確認していません。

そんなにヤバくないんじゃないかなぁな気分になってきました。
あと、Wall Street Journalなんかでも指摘されていますが、世界はウィルスへの対応に慣れたと言うか、準備がスムーズです。
そこそこ感染の抑制が進みやすい体制が世界的に出きている。

冷静に考えると、ヤバすぎるって感じではないですかねぇ。
メディアは最近ネタが不足しているので、やたらと取り上げてきて煽っているのは間違いないですけど、内容をよくよく見ると急速に広まってきているのと、急速に対応しているって事に尽きている。

リスクは、ワクチンがあまり効かないかもしれないって事です。
まぁ、でも、それも去年の状態と同じと言えなくはない。
既にファイザー、モデルナはオミクロン用のワクチンをアップデートし始めており、3カ月以内で出来るとされています。
素早い!素晴らしい!

恐らく治験もそこまで時間がかからんでしょう。
病院のパンクはありそうですが、まぁ一時的なもので済む気はしますな。

ちょっと怖いのは感染力が高いので、病院で院内感染がひどくなって機能不全に陥るケースを想定します。
その場合はややこしくなりますよねぇ。
もちろん病院も対応策は分かっているので、しっかりやれればいいんでしょうけど、しっかりやっても移るってなるとだいぶ心理的には悪くなりそう。
考えすぎかもですけどぉ(笑)

しっかし、オミクロンのウィルスのミューテーション(突然変異)って言葉がインパクトありますなぁ。。。
ミューテーションなんて映画の世界でしか見た事なかったけど、こうやって出てきちゃうと恐怖が広まるのはしょうがない。
VIXも上がるわさ。
やっぱり、期近のプット売ろうかな(笑)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張