FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ旅行記 Day6&Day7&Day8

南アフリカ旅行記 Day6&Day7&Day8

ほとんど連載と化していました南アフリカ旅行記ですが、一応今回で全日程終了です。

最後のクライマックスはテーブルマウンテンの予定…だったのですが、強風のためロープウェイが動かず…。楽しみにしていたのに…。泣きたい…。

と言う訳で、Ostrich Farm(ダチョウ農園)に旅行会社が連れてってくれました。テーブルマウンテンって強風だと結構登れないんでしょうね。バックアップとしてダチョウ農園が用意されてました。

最初はえーって感じでしたが行ってみると意外に面白い。ダチョウの原産地は南アフリカです。
まずはダチョウの赤ちゃんから。生まれたてです!

ダチョウ卵
ヘビみたい・・・

この卵結構デカイです。手にすっぽり入ってるように見えますがこの持ってるお兄さんそうとう大きな人です。アメフトのボールよりちょっと小さいぐらいの感じ。

ダチョウって年間卵を50個ぐらい産むそうで40年間産めるそうです。一生で2000個以上の卵産む感じでしょうか。すごい。このダチョウの卵ですが、そうとう硬いです。ちょっとやそっとじゃ壊れないぐらい硬い。おみやげとしてきれいな絵を描いて売っています。さすがにあれだけ産めば一杯あります。おみやげ卵ごろごろ売ってましたね。

次は赤ちゃんぐらいでしょうかね。人間だと1歳児とかかな(テキトウです)。
ちょっとかわいくなってきてますね。

ダチョウの赤ちゃん
ダチョウの赤ちゃん

写真の中でお兄さんの後に機械がありますが、これがダチョウの卵を孵化させる機械です。さっきの生まれたてもこの中で生まれたものですね。

次はダチョウの子供。結構かわいいですよ。うじゃうじゃいます。ダチョウって1日に1cm大きくなるんだそうであっという間に大きくなっちゃうらしいです。そのため、牛、豚、鶏に次ぐ第4の肉と呼ばれることもあるとか。

ダチョウの子供


下はダチョウの青年かな。ダチョウの脳みそって人間の小指ぐらいしか無いため、頭が悪いって飼育園の人が説明してくれました。なんか、光るものをとりあえず食べようとするらしく、私の洋服の袖口のボタンが鉄製で光ってたのをガブってやられました。下の写真の一番手前に写っている奴です。びっくりしたー…。そんなもん食おうとするな!

ダチョウの青年


大人のダチョウです。ダチョウは飛べませんが時速80Kmで走り、80年も生きるそうです。すごい鳥です。また、攻撃力も強くダチョウにおなかに蹴りを食らうと穴が開くのでうかつに近寄ってはいけません。

ダチョウの大人


もうこうなると出荷前ぐらいだそうです。確か、1年半ぐらいで出荷できるって言われた気がします。ダチョウの革って高価ですよね。革もありますし、食用にも良いそうです(あまりおいしくないって話ですが)。

ダチョウの革のカバンもたくさん売ってました。オーストリッチのカバンってブランド付きだったら数十万円ぐらいは余裕でします。ここでもちょっと安く売ってましたがやっぱり数万円レベルではあります。後は、ダチョウの革で作ったゴルフバッグとか売ってましたね。なんか100万円ぐらいの値段が付いてた気がする…。



さて、ダチョウ園は意外と楽しく過ごせました。この後は晩御飯まで高級住宅地なんか見に行ったりします。下は南アフリカの海に面した高級住宅地です。写真に海は写っていませんが、これ全部海に面しています。いい所に住んでますね。ものすごく風が強かったです。

高級住宅地


このあたりはケープタウンでも特に高級住宅地だそうで、ベッカムとかF1のシューマッハが別荘を持っているそうです。ベッカムは今度のワールドカップ出れるんでしょうかね?出たらこの辺にいるかもしれません。

高級住宅地2


雄大な山とすばらしい海に面してゼイタクな…。でも、白人がこの地を手放さない理由も分かる気がしますよ。治安を除けば白人が好むものが全部揃ってますもの(安い黒人の労働力も含め)。

高級住宅地3


この辺に住んでいる白人のご婦人が犬を連れて散歩していましてちょっと話をしてみました。犬は小型犬で乳母車に乗ってていかにもお金持ちで健康に気を使う匂いのする白人の60代ぐらいと思われる方でした。

正直、南アフリカがこんなに進んでいるとは思わなくてこんなに綺麗なところとは思わなかったって言ったら、世界は南アフリカの事を悪く言い過ぎるんだって言ってらっしゃいましたね。確かに治安は良くはないけど世界の他の国だってそうでしょうって。私も確かにねーなんて言っていたのですがまー日本人から見るとねって気もしますね。

高級住宅地4


バスが駐車していた公園のトイレにはスゴイものが・・・。下の写真なんだかお分かりになりますでしょうか?

コンドーム

これ、コンドームただで配ってるんです。エイズ対策用でしょう。でも中身なかったような…。

という訳でほぼ1日終わりです。後は最後の晩餐です。この高級住宅地近くの日本料理屋さんで幕の内弁当でした。なぜ最後が和食かイマイチ分かりませんが、まー高齢の方も多くツアーに参加してらっしゃいましたので1回ぐらい和食を入れたんでしょう。

南アフリカにも日本料理屋さんがあるのがちょっと驚きでしたが、普通にお刺身とか出てましたね。日本人も結構あのあたりに住んでるって事でしょうかね。


Day7

いよいよ帰る日です。朝は5時半ぐらいに出発です。さすがに1週間遊びほうけてますので疲れもたまってますのでもうヘロヘロ。そんなに朝早くなくてもって感じですが飛行機で寝るしかないです。

Day7朝
朝のテーブルマウンテンです。登りたかったなー。

帰りの飛行機。あー帰りたくないみたいな・・・しぶしぶ帰ります・・・。

飛行機


飛行機2


Day8

Day8は全部飛行機でーす。写真ありませーん。

ケープタウン→ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ→香港
香港→成田

いやー遠い・・・。また行きたいような行きたくないようなぐらいの遠さ・・・。

この南アフリカ旅行記1月から始めてもう4月。わずか8日間の旅行が偉く長くなりました。かなり色々と見れて楽しかったのですが、見たかった所やモノが見きれていなくちょっと悔しいですね。テーブルマウンテンとかライオンとかワイナリーとかタウンシップとかロペン島とかとかとか・・・。あーもう全然見れてないじゃんっぐらいです。

まー実質、南アフリカ滞在は2、3日でしたのでそんなに見きれるわけないのですがまたゆっくりと訪れたいですね。時間とお金が・・・。出来ればビジネスクラスで行きたい(マイル貯めるか・・・)

そうそう、南アフリカ旅行でどれぐらいお金かかったかという質問を頂いていましたね。お正月でしたのでツアーがもの凄く高かったです。旅行スタートする前に50万円(ハイシーズンでなければ三十数万円ってところだった気がします)。

現地では食事とかバス代とか移動費用は全て含まれていますが、ジンバブエとかの入国費用などUSドルも若干必要でした。20ドルだったかな。後は飲み物代2,3万円ぐらいあれば足りるんじゃないかと思います。ツアーでしたらツアー以外にそんなに多くは取られません。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ダチョウ^^
ランケンさん、こんばんは。

ケープタウンはいいところみたいですね。
写真を見る限り、アメリカの西海岸。
サンタモニカ?って感じがします。

私が学生の頃(1998)に行った東南アジア貧乏旅行3週間でも、30万ぐらいかかりましたから・・・

南ア旅行は意外にリーズナブルかもです。

2008/04/06 (日) 21:39:41 | URL | はむはむ #-[ 編集]
こんばんは
はむはむさん

こんばんは。
今前のコメントに返信したところです(笑)。
サンタモニカかー、うーんちょっと空気が違いますねー。
あんなに暖かくないです。むしろ涼しいぐらい。
意外と寒いですよ。アフリカなのに。
まー地の果てですから。

今だったらもう少し円高だからもっと安いかもしれません。
私行ってた時は円安でしたしね。(くやしー)
うまく行けば確かに意外とリーズナブルかもしれませんね。
ヨーロッパとかも結構高いし、あれだけ遠いところでだったらまあまあと考えるべきか。
リーズナブルかもしれないけどやっぱり高い・・・
2008/04/06 (日) 21:51:11 | URL | ランケン #-[ 編集]
50万超えると・・・。
世界一周豪華客船の一番下が百数十万円ですから,南ア旅行もさすが,お正月・・・。
SAISONカードの月刊誌でも宣伝ありましたが,確かに一番下は30万円台でした。
12月中旬の平日発でしたが・・・。

仕事のある人は,やはり年末年始やお盆休みしかないですよね。

私会社休んだら解雇かも・・?(いっそ,そのほうが・・・とか考えているこの数年です。)

わくわくの旅行記終了して寂しいですね。
どうか,シンガポール編と,黄色いメルセデスで世界一周投資旅行編を続編でお願いいします。

応援投票完了!
では。
2008/04/06 (日) 22:42:43 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
行ってみたいな~
こんばんは、ランケンさん。

先日は、つまらないつっこみを入れたためにお手数をおかけしてしまいました。
ごめんなさい。

旅行記、楽しく読ませていただきました。
正直、南アフリカに行きたいと思ったことなかったのですが、
「行ってみたいな~」と思うようになってきました。
今まではサバンナのイメージしかなかったので。。。(汗

みなさんには申しわけないのですが、私はまだランドを購入していないので「安くならないかな~」と思ってみてます。
素人考えでは、もっと下がるのでは? と思ってたのですが無理ですかね。。。
(恥ずかしながら、目標は8円台でした・・・)
あきらめて打診買いをはじめようかとも思い始めてます。
。。。悩ましいです。

毎日、応援ポチッとな♪
では!
2008/04/07 (月) 02:49:05 | URL | ピム #-[ 編集]
ますます行ってみたいな!
おはようございます。ランケンさん。
楽しみにしてた旅行記これで終わりですね!(ちょっと淋しい)でも、ますます行ってみたくなりました。やはり大自然のすばらしさが印象に残りました。ワールドカップますます行きたいですね~!所で、隣の町に
なぜかダチョウたくさん飼ってる家があるのですが、その家の前を通るたびに南アフリカをイメージするかも・・・!
2008/04/07 (月) 08:25:32 | URL | riri #-[ 編集]
こんばんは
Nekkiさん

こんばんは。
たっかいでしょー?
ワールドカップ行きたいですがうーん…。
超高そう…
いつも応援どうもありがとうございます!




ピムさん

こんばんは。
いえいえ、つまらない突っ込みでもないですよ。
私も1月に1万%を記憶していたものでちょっと調べてみたら3ヶ月で6万%までは知りませんでしたもの。
すっごいですよね。

ランドは購入しなくてもいいですよ。
売ってもいいですから!
応援どうもありがとうございます!



Ririさん

こんばんは
是非行ってみてください。
隣の町にダチョウ園ってすごいですね。
意外とこれから食料危機にでもなれば儲かる投資かもしれませんよ。
もっとも結構先かもしれませんが…。
2008/04/07 (月) 19:34:59 | URL | ランケン #-[ 編集]
こんばんは~。
リンクのご快諾ありがとうございました。

ところで、だちょうの赤ちゃんがかわいいですねぇ。だちょうの卵までは見たことがありますが、赤ちゃんは始めてみました~v-10

今週もよろしくお願いいたします♪
2008/04/07 (月) 23:11:49 | URL | CarrieBB #-[ 編集]
こんばんは
CarreBBさん

こんばんは。
こちらこそどうもありがとうございます。

ダチョウもかわいいですが、他にも一杯かわいーのいましたよ。
是非、南アフリカに遊びに行かれてください。
2008/04/08 (火) 21:03:01 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張