FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ電力問題生情報

南アフリカ電力問題生情報

今週後半はドルが強いですね。ドル円だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、ユーロドル見ると明らかに強いのが分かります。イースター休暇が近いこともあり、市場は売買が少なめな状況のようです。

南アフリカの電力問題に関して南アフリカ鉱業エネルギー省(The Department of Minerals and Energy)は料金増に対して割合を検討しています。それによると、所得の少ない家庭や中小企業はこの影響がなるべく少なくなるように60%まで免除されるようになっているそうです。

この案はまだ提案段階だそうで、今後ヒアリングを続けていくとしています。また、数年間は値上げが続くとしており、大口顧客(鉱山会社など)に注意を促しています。ただ、まだまだ一般の人々の省エネに関する意識は低いと見られており、電力需要がおさまっていないと国営電力会社エスコム社は述べています。元々、かなり電力料金は国として安かったそうでこのあたり国民の意識の問題もあるそうです。

さて、こっからはヨハネスブルグからの生情報です。やはり、電力カットは多くのフラストレーションを生んでいるようで、各オフィスや家庭では自家用発電機を持って対策しているそうです。あるオフィスにおける自家用発電機は4時間持つそうで、電力が通ったらまた充電するような形となっていて、生産性という意味で大きな違いが出ると言う事です。

結構大きな問題は信号だそうです。電力が無いから信号も止まっちゃうみたいで結構怖いと言う事です。現在、南アフリカでは太陽発電による信号に切り替えているそうですがかなり時間がかかる模様です。信号ってのは気がつきませんでしたね。それはそうだ。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
信号とまりましたか・・・
信号だけは生かしておくと思いましたが、思い切りが良いというのか、配慮が足らないというべきか・・・。
南アの自動車数が少ないから出来ることですね。

そういえば、南アって自転車は普及しているのでしょうか?
私は自転車ブログをやっている関係から、将来南アに行くことがあったら、輪行して現地で乗りたいと思っていますが、あっという間に盗まれそうです。

ユーロドルでドル買戻しが出ているのは納得です。
もうしばらくかかるかもしれませんが、商品価格とともに主要通貨が安定し、南アの赤字がここ数年順調に減っていることと考え合わせて、ZARにはチャンス到来ですね。

ランケンさんを見習って最近はIMFのサイトもチェックしています。
IMFはアフリカの情報が結構出ているので興味深いです。
2008/03/22 (土) 04:53:12 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
電力消費量も少なく視認性も良いLED信号
ランケンさん、みなさん

おはようございます。日本は表記のようなLEDタイプの信号にほとんど変えました。信号って電力食うそうですからばかにできませんね。
『野村雅道のID為替研究所』で『南アは鉱山業への電力供給制限が10%だけ緩和される良いニュースがあったたが、電力会社エスコムが53%料金引上げを提案して国民の怒りにつつまれている。』との記載がありましたが、やはりランケンさんの方が詳細に書かれていますね。
EUは口先介入するらしいですが、日本は何もなしです。首相は宇宙飛行士土井さんと日本食の話をして談笑している国ですから、今我が国でどんな顛末になるか認識せず、じーっと「見極め」ているらしいです。私はこの何もしない政治家を見極めという言葉を使うのはおかしいと思っています。
南アの一日も早い回復のためランドを買い続けます(笑)。
2008/03/22 (土) 08:04:35 | URL | knacky #HfMzn2gY[ 編集]
NY連銀が証券会社に貸付
NY連銀のHPから
PDCF (Primary Dealer Credit Facility): 債権を担保に一日の貸し出しを実施中。
TSLF (Term Securities Lending Facility): 債権を担保に財務省証券への入札を可能に。(3/27から)
金融市場の信用収縮に対して直裁で大胆な対応です。米国(ドル)に対する信認は回復すると思います。
2008/03/22 (土) 13:20:39 | URL | tonny sato #-[ 編集]
こんばんは
Nekkiさん

こんばんは。
信号とまっちゃうって怖いですよね。
配慮って言うかバカって言うか。
自動車結構走ってるんですよ。
あれで信号なしって結構考えられないんですが…。

南アフリカで自転車乗ってる人は見なかったですよ。
南アフリカで自転車乗るのは自殺行為だと思います。
車乗ってても襲われるらしいですから、自転車なんて盗まれるじゃすまないと思います。

IMF見てらっしゃるんですかー。
相変わらず勉強熱心ですね。
ランドやってると面白いでしょ、IMFが。
IMFなんてもっとも退屈な機関かと思ってましたがねー。



Knackyさん

こんばんは。
信号はバカに出来ないでしょうねー。
LEDタイプに変えたら確かに節電になりますね。
太陽発電タイプとどっちがいいんでしょうね。
太陽発電使えるならそれにこしたこたないきもしますが、雨とかふったら結局電気つかうだろうし。
太陽発電とLEDの組み合わせがベストか。

野村さんのID為替最近読んでないなー。
昔は読んでたんですが。
野村さんもランド保持者だったと思います。
しかも債権だったような記憶が。

日銀総裁いなくなっちゃいましたね。
本当に少しは考えてくれと言いたいです。
4月のG7までに決めるとかいってるらしーですから信じられない。
経団連からも1日も早く決めろって言われてるのに。



Tonny Satoさん

こんばんは。
Good Newsありがとうございます。
いいですね、これは。
しっかし、Tonnyさんも普通じゃないな(笑)。
2008/03/23 (日) 01:31:35 | URL | ランケン #-[ 編集]
質問です
いつもブログを拝見させて頂いてます。
ランケンのサイトにあるドルランドのチャートなんですが、
2002年に13ランドまで上昇してますが
この時、ランドにどんな事があったのでしょうか?

もっと過去まで見れるチャートがあるサイトなどあるのでしょうか?

宜しくお願いします。
2008/03/23 (日) 18:41:12 | URL | ゴン太 #-[ 編集]
こんばんは
ゴン太さん

こんばんは。
2002年はランドになにがあったかというよりはITバブルがはじけて世界経済が不況に突入した年です。そのためドルが強烈に買われました。

時々2002年の話聞かれますね。下の記事に出ていますのでご参考にどうぞ。

http://fxzar.blog54.fc2.com/blog-entry-70.html

この記事のコメントにOANDAのデータ取得が出来るURLも出ていますがもっと過去までは残念ながら見れません(確か2000日6年程度しか見れないはずです)。
2008/03/24 (月) 00:22:54 | URL | ランケン #-[ 編集]
RE: NY連銀が証券会社に貸付
このニュースが日経で余り取り上げられていないのは不思議です。公開市場操作では証券会社の流動性を確保できないとFEDは確信して、直接の貸付に踏み切ったのです。この貸付を止めたときが、FEDが流動性の回復を見極めたときです。また、お知らせします。少なくとも半年後と言っていますが、どうでしょうか。
2008/03/24 (月) 23:40:16 | URL | tonny sato #-[ 編集]
Tonnyさんどうもありがとうございます
Tonny Satoさん

どうもありがとうございます。
日経には15日の朝刊でベアスターンズの記事と一緒に取り上げられていますね。
ただ、あんまり取り上げていないのは事実でしょうね。
仰るとおり、今回のベアスターンズ救済は大きな出来事ですよね。

是非、またお知らせ下さい。
情報大歓迎です。
どうもありがとうございます!
2008/03/25 (火) 00:46:48 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張