FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの経常赤字改善

南アフリカの経常赤字改善

南アフリカの2007年第四四半期の経常赤字が1570億ランド(約2兆円)に縮小しました。2007年第三四半期は1633億ランドで、この時より赤字額が小さくなっています。

この結果、GDPに対する赤字の割合は前四半期の8.1%から7.5%になりました。2007年全体で見ると、赤字額はGDP比7.3%となり、2006年全体の6.5%よりは悪化した形となっています。今回の第四四半期の赤字改善はランド下落によるものが主なもので、輸出による利益が増えた事によります。

一方で、経常収支悪化の要因の1つとして海外からの投資への配当や利子も上げられています。要するに赤字の一部は我々の受け取っているスワップなようです。当たり前といえば当たり前ですね。2007年全体としてみると南アフリカ国外の投資家への利子や配当はなんとGDPの3.6%にも上っているそうです。

うーん、やっぱりそうなのかー。ランケンも南アフリカの赤字に貢献してしまっているのは間違い無さそうな・・・。会員制ブログにしてこっそりやろうかな(笑)

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
会員制ブログにして・・・
ランケンさん、皆さん、こんばんは。
会員制になるのは反対です。どうか現状のままでお願いします。まだわたしもこのブログに訪れて一ヶ月位と思いますが、心の拠り所として愛読させて戴いています。南アの赤字削減に貢献しておりますので、どうか現状のままでお願いします(笑)。
2008/03/19 (水) 22:16:09 | URL | knacky #HfMzn2gY[ 編集]
スワップが赤字の要因の一つとは!
こんばんわ!
何か複雑な気持ちですね。スワップはありがたいですが、南アには申し訳ないです。所で、ここの所、かなり相場が乱高下していますよね。ランドは上値が重くて
なかなか13円に戻らないですし、1日も早く落ち着いて欲しいと願うばかりです。
ランケンさん、情報ありがとうございました。応援ポチ完了です!
2008/03/19 (水) 22:54:56 | URL | riri #-[ 編集]
鉱工業生産の見通しは?
昨年第4四半期が改善していても、電力危機のお陰で今四半期以降相当な経常収支悪化が見込まれませんか?

貿易赤字は相当悪化するようですし
http://www.reservebank.co.za/internet/Live%20SDDSAppl.nsf/sddsdata?openagent#External%20Sector

それに、1ドル=8ランドのランド安のせいで、ドル建て債券の元利払いが膨れ上がって経常収支でも輪をかけた悪化が進むでしょうし。

まぁ、それを織り込んだランド安なんでしょうけど、問題は鉱工業生産の拡大余地が果たしてあるのか?ということだと思うんです。
やはり電力供給量の減少によって鉱工業生産は縮小を免れず、折角のランド安も貿易収支改善にまったく寄与できないのでしょうか?
(というより、輸出減少+外貨建て輸入原価高騰によって赤字拡大のスパイラルに入り込むとか?)

問題はその辺の見通しだと思うんですが、どうなっていくんでしょうか。
10年債の利回りも急上昇してきているようですし・・・

私はランド債投資から入ってしまったんで、今は仕方なく断続的にランド売りでヘッジしていますが、さすがに疲れます・・・

2008/03/19 (水) 23:35:33 | URL | 慎重派 #-[ 編集]
こんばんは
Knackyさん

こんばんは。
会員制ブログなんて冗談ですよー(笑)
会員制なんて面倒くさいことしてられませんもの。
だいたいそこまでして見たい人もいないでしょうからね(爆)。
ちょっと考えただけで全然ムリです。
わざわざ皆様の貴重な時間をさいて読んで頂いてコメントまで頂いて応援していただけるだけで十分です!




Ririさん

こんばんは。
そうですね、複雑な所もあります。
まーでも新興国の宿命かなとも思いますよ。
成長している国は赤字になって借金して利息を払いながらも成長する。
それによって投資を引き込み更に成長する。
ビジネスの世界もそうですよね。
アマゾンなんてずーっと赤字でしたからねー(あれもすごい…)。
破綻する会社も多くありますが、南アフリカにはガンバってほしい。
応援どうもありがとうございます!



慎重派さん

こんばんは。
現四半期移行も赤字は間違いなく続くでしょうね。数年は確実に続きます。
短期的にはおっしゃるとおり更に赤字が増える可能性もあります。
昨年の半ばぐらいから私がランド安が必要だと言っているのもそれです。
現在のランド安が妥当かどうかって所でしょうね。

上でも書きましたが成長している国は赤字は当然です。
日本も昔は赤字だったんですよ。
南アフリカと比べてどっちがいいかっていう話は出来ないのですが、新興国は成長に伴い赤字になるもんです。
理由は所得が増えることにより内需が活発化するからで、それにより輸入が増え赤字になる。
一方で投資も増えるためこの赤字をファイナンスする事になるのですが、そのためには投資先として魅力が必要ですよね。
それは市場としての成長性だったり、資源だったり、ワールドカップだったりなんでもいいと思います。
なんでもいいのですが、成長できるかどうか、この1点に尽きるかなと。

アメリカも赤字構造がずっと続いています。
それでもそれがある意味許されているのは成長しているからです。
今、ドル安が問題になっているのも間違いありませんが、アメリカの赤字問題なんて今に始まったことじゃありません。
今は景気が悪くなることをみこして売られてはいますが、先進国で唯一長期的な成長が見込める国なのでアメリカは言っても知れてるとは思います(個人的にはですがね)

さて、南アフリカはどう考えるかというと、長期的にはまーまー成長できる可能性が高い(あくまで可能性ですので投資判断はご自身でお願いしますね)とは思いますが、短期的・中期的には電力問題が成長阻害要因となるのは否定できません。
これをふりきって成長できるかどうか(借金をしてでも)、この赤字があっても成長に対して市場が信頼するかどうか、投資を呼び込めるかどうか、それにより更なる発展を続けられるかどうか、そんな所じゃないかなって思います。

さすがに疲れますというコメント頂いていますがはっきり申し上げて何を考えて債権に投資されてるんだろうって思います。(厳しくてごめんなさい)
ランド安はここ3ヶ月強だと思いますが、全然まだ短いと思いますよ。
それまで結構長い期間ランドは高かったと思いますし、金利も高かったと思います。
3ヶ月も経たないうちにランドがまた去年の値段に戻って赤字が増えてなんて南アフリカにとって良いことはないと思うんですが。

もちろん、ご自身の懐が痛むのはあるのですが、南アフリカのランド安だって南アフリカ成長には必要です。
南アフリカの成長のために必要でしたら投資というスタンスを取られている以上は多少のランド安は許容できないといけないんじゃないかなと思います。許容できないなら売るのみですね。

投資のリスク取るっていうのはそう言う事じゃないんでしょうか。
自分が儲かったかどうかだけしか見えなくて、投資先がうまくいくかまで考えないのでしたら単なる投機で投資とは言わないと思いますよ。

私はランド安はもうちょっと長い期間必要だと思っています。
3ヶ月程度のランド安なんて国レベルで見たらまったく短いです。
この期間がどれぐらいになるかは分かりませんが、この期間が考えている投資期間と比べて許容できない(お疲れになる)ようでしたら投資対象からは外すべきです。
超短期で多くの利益を生む投資機会を探した方が良いでしょう(あればですが)。
2008/03/20 (木) 01:04:38 | URL | ランケン #-[ 編集]
南ア成長のバランス
ランドは投機的運用の対象として魅力的なのも重要な事実だと思います。
思い切りショートする人がいるのは,流動性確保のために重要な事ですよね。
ランドのボラティリティは,急上昇しましたから,しばらくは安定的運用を目差す基金は,リスク回避のために撤退し,投機筋がたくさん入ってくるでしょう。
南アの成長期待で通貨や債券を買うのは,かなり大きなリスクを覚悟してのことですから,証拠金は,ドル投資の5倍,回収期間は,10年単位くらいで見積もると丁度良いのではないでしょうか。
長期で考えると,案外早く元が取れると思いますよ。

南アワールドカップなんて,成長の終着点どころか,ひとつの起点だと思います。
南アの成長は,先進国に肩を並べるまでであって,あと30年は楽しめるのではないでしょうか?
中国は,その点あと10年くらいしか楽しめないかも?

いつも面白い話題と議論を有難うございます。
応援投票完了です。
では。
2008/03/20 (木) 18:44:56 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
こんばんは
Nekkiさん

こんばんは。
ランドは確かに投機的運用としても魅力あると思いますね。
その場合は債権での運用ではない方がいいとは思います。

ワールドカップは起点となってほしいですね。
30年はさすがに想像つきませんが、ワールドカップ終ると同時に新興国から脱落ってのも考えにくいでしょう。
色々と楽しめるといいですね。

いつも応援どうもありがとうございます!
2008/03/21 (金) 00:10:44 | URL | ランケン #-[ 編集]
はじめまして、ハンドル名京狐と申します。

いつも貴重な情報をありがとうございます。FXでランドを保有して、現在かなりの含み損を抱えております。
国の未来に投資することは上におっしゃるとおりと思い、反省しています。

アパルトヘイトの怨恨を乗り越えて白人との宥和を選んだ良識とその未来を信じて、ランドを持ち続けたいと思います。
2008/03/21 (金) 10:16:13 | URL | 京狐 #-[ 編集]
短期投資家はもっと怒るべきでは
ランケンさんのおっしゃることは、一つの見解としては分かるのですが、今まで高金利で海外からの(いわば投機目当ての)投資を集めて、それを国の経済に利用しておいて、それが下がって文句を言うのは南アに長期投資をするつもりのない投資家が悪いというのは、ちょっとムシの良すぎる話ではないでしょうか。

南アランドが人気を集めたのは高金利通貨だから、なぜ高金利なのかと言えば、新興国で信用がないから、とすれば、今回のような暴落になんの手も打たないのは、結局、投資家から「BRICSやらVISTAやら言われても、結局の所信用できる投資先にはほど遠い」と短期のみならず長期の投資をする投資家からも思われる結果になるのではないかと思います。
(金やプラチナの切り売り=一次産品の販売で財政をまかなうならそれで良いでしょうが、そういった状態から工業国へ脱皮しているのが現状ではないでしょうか。)

短期の投資家=投機家というと、安定した投資をせず、都合が悪くなると逃げ出す、というイメージがありますが、新興国相手に投資をする場合、投資自体に危険があるのですから、危険を感じれば逃げ出すのはむしろ当たり前ではないかと思います。

今の南アフリカに必要なのは、そういった短期筋にも安心して投資できるような環境を提供することではないかと思うのですが。
2008/03/21 (金) 15:59:57 | URL | NonName #-[ 編集]
こんばんは
京狐さん

はじめまして、こんばんは。
痛いですよね、含み損は。
何も反省する必要はないと思いますよ。
ただ、ちょっと思ったのは投資といいつつ投資ってどう言う意味かというのを分かってるかなって思います。
投資といいながら何も知らずに買ってたらやっぱり投資じゃないと思うんですよね。
だから、ちょっと値が下がると怒り出すんだと思います。
株式で損出してテレビで怒っている人もいますが、あれもおかしいです。(まーもっとも証券会社も確かに悪かったりしますが)
投資ってそんなに簡単な事ではないですね。
FXは売りでも買いでもいけるのでどっちにはっても自由ですよ。
債権は買いしかできないし、長期保有の利子狙いという色が強いので必然的に投資です。
FXなら投資するもよし、売るも良しなんじゃないでしょうかね。
投資ばかりじゃなく、投機でも利益は出るんですから。
がんばりましょーね。




NonNameさん

はじめまして、こんばんは。
私の意見ですが、南アフリカは投資や投機目的で金利上げているのとはそもそも違うと思います。
あくまで、インフレ対策、経済対策であって、物価を正常に戻し、経済を成長させると言う事が目的であって、南アフリカ中央銀行は我々や投資家のお金を集めるために金利を上げているわけではありません。
また、信用がないから高金利というのともちょっと違います(若干それもありますが)。
国の金利と一般の会社の株式な債権の金利・配当を一緒にされていらっしゃるという意味では正直NonNameさんの認識が間違っておられると思いますよ。

暴落に対して手を打たないというのもまた違うと考えます。
今の南アフリカは行き過ぎない程度のランド安を望んでいます(日本もですが)。
ランド高が続くと輸出産業には大きな打撃となるためで、南アフリカの鉱業や製造業がダメージを受けます。それをクッションするためにもランド安は決して悪い事ではありませんから、手を打たないのは当然です。
投資家のために為替レート上げるなんて話は世界中あんまりないでしょうね。

ちなみにランド円はドル円も下がったため下落率が大きいのですが、ランド対ドルだとそれほど大きく下げていません。
ランド円が下がろうがなんだろうが南アフリカには知ったこっちゃありませんので、それに対して怒ってもどうしようもないでしょう。
会社の株式なり配当なりでしたらおっしゃる事は多少は理解します(多少ですよ、株式であったとしても感情的になるのは正直あまり賛同いたしません。投資ですから、リスク込みでしょう)。

短期の投資というのは別に否定しませんし、全然構わないと思います。
ただ、それが失敗したからといって南アフリカに怒るのはどうかと思うのですが。
南アフリカに危機を感じるなり、投資先として魅力を感じないのであれば売るべきです。
それは短期であろうが長期であろうが関係ありませんよね。
ダメだと思った時点で売るべしです。
もうここはおっしゃるとおり全面的に賛成します。
経済自体に危機があって投資できないと思えば即刻逃げるべきですね。

私として強調したいのは、感情だけで投資なり投機なりしててもしょうがないし、南アフリカに対して怒るのは筋違いだって事ですね。怒っても何にもなりませんもの。
怒ってないでダメならさっさと逃げればいいと思いますよ。

最後の投資環境ですが、短期筋で危険が無く安心して投資する環境なんてありえないと思うんですが…。それって、上がり続けなければいけないことになりませんか?
それこそバブルですよ、上がったり下がったりするのは当然で短期になればなるほどどんな投資であっても危険度(リスク)が上がります。

短期筋に安心した環境をっていうのを好意的に理解して、為替が極端に動かないように安定させるべきとおっしゃるならまだ分かります。
でも、これにしたってドル円は120円から100円割れまで20%動いてますし、ランドもドルランドは1ドル7ランドが8ランドになったぐらいで20%も動いていませんからドル円の方が割合的には動いてるよって言われたらおしまいですね。
ランド円がたまたま円高とランド安が重なって大きく下げただけです。

いかがでしょうね?
以上のように考えたら少しは冷静になられるのではないかと思いますが。
2008/03/21 (金) 18:35:56 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張