FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ旅行記 Day5 午後

南アフリカ旅行記 Day5 午後

南アフリカ旅行記もついにケープタウンに今回から入ります。今回が南アフリカ旅行記のハイライトかななんて個人的には思います。

ケープタウンの空港には夕方前に着きました。やっぱりこの空港も工事していましたね。

ケープタウン空港
ケープタウン空港前

ケープタウンの空港から市街まではバスで30分から1時間ぐらいでしょうか。それほど離れていなかったように思います。ただ、このケープタウン市街に行く途中には多くの見所がありまして、非常に興味深かったです。

まずは、下の写真です。立派な建物で豪華ホテルと言われても驚かないような建物ですが、1967年に世界で初めて心臓移植が行われた病院です。白人男性に黒人女性の心臓を移植したそうで、健康な人間の心臓移植を行ったものだと言う事です。南アフリカだから出来たとされています。

心臓移植病院
世界初の心臓移植が行なわれた病院

かなり、ショッキングな話ですが、心臓移植を受けた白人の方も数ヵ月後に結局亡くなっています。南アフリカの恐ろしさというか人間の恐ろしさというか凄い話です。

さて、次はついに公開です。タウンシップです。タウンシップとはアパルトヘイトにより黒人を隔離するために作られた場所で、当時の黒人はこの中にしか住むことを許されませんでした。タウンシップから黒人は白人のための都市であったケープタウンやヨハネスブルグに仕事に行っていたそうです。

このタウンシップに南アフリカの貧困層は多く集中しており、下の写真でも分かるようにトタン屋根の家々に密集して黒人が住んでいて無法地帯とも言えるそうです。近年は経済崩壊したジンバブエなどからも不法入国者が移り住んできていて南アフリカの問題の中核ともいえる場所です。現在、アパルトヘイトの生きた遺物と言われています。

ケープタウンシップ3
タウンシップ。トタン屋根が見えます。

ケープタウンシップ
やはりタウンシップです。これは先程の写真とはちょっとだけ場所が離れています。

下の写真はツアーでご一緒させていただいたTanaseさんから頂いた写真です。今回の南アフリカ旅行記でもっとも強烈な写真だと思っています。凄いですよね…。国の制度として差別を認め、黒人を押し込めていたわけですから世界的にももっとも問題のあった制度でしょう。もっとも今でもイスラエルのガザ地区などは制度ではないにしろ同様な場所はあると思うと考えさせられるものがあります。

以前、南アフリカに住んでいた事がある方からメールを頂いたときにはこの国の深い怒りと表現されていました。今回の記事の後の方でモールなんかも紹介しますが、その落差を見て頂けると思います。わずか10Km程度しか離れていなくちょっと車があればすぐ行けるような距離だと思います。

ケープタウンシップ
手前の方にいる人は既にトタン屋根ですらありません。完全にホームレスな状態です。

タウンシップは時間にすると10秒ぐらいしか見えませんでした。そのため、写真がこれしか無いのですが、一瞬とは言え南アフリカの負の部分が見えました。このタウンシップは内部を観光することもできるそうで、もちろん治安が悪いですのでふらっと行けるような場所ではなく観光エージェントみたいなのを通して行くそうです。次回行ったら見てきたいですね。

次はなんだかイマイチ分からないのですが、問題の電力発電所でしょうか?大きなプラントが見えました。ちょっと発電所にしては送電施設とか見当たらなかったようにも思うのですが、やはりこれもケープタウンに行く途中で見えたものです。

石炭電力発電
大きいです、これ。バスの中から撮っていますが、見上げちゃうぐらい

バスはどんどんケープタウンの市街に近づき、海が見えてきました。綺麗な家々も見えます。

ケープ街並2
さっきのタウンシップと雲泥の差です。

ケープ街並
白人の町とは言え、豪華です。

ついに見えてきました。テーブルマウンテンです。このふもとにケープタウン市街が広がっています。なんか下の写真だけ見るとアメリカの都市近郊のフリーウェイみたいですよね。

ケープテーブルマウンテン


ケープタウンの市内は大混雑です。

ケープ市街
市街へ入るちょっと手前ぐらいです。混んでますよね。

ケープタウンの市街地に入ってきます。多くのビルと車で都会って感じします。

ケープ街中3
ケープタウン市街です。

ケープ街中2
ケープタウンの普通の交差点。なんで写真撮ったか覚えていません。

ケープ街中
これも同様です。奥に山が見えますがテーブルマウンテンのふもとになります。


そんなこんなで一度ホテルにチェックインしてからモールに行く予定だったのですが、道路が混んでたり、パレードしてたりでホテルにたどり着けなかったためとりあえずモールに行く事になりました。

ケープモール前広場
ビクトリアウォーフっていうショッピングモールです。混んでましたね。普通に黒人の方も手前に見えますが、先程のタウンシップの住人では無いでしょう。

ショッピングモールの前はもう海です。船も多く、コンテナなども見えますしこれだけ見てれば本当に先進国です。
ケープモール入り江


ショッピングモールの中です。すっごい混んでましたね。我々日本人が行っても普通に楽しくお買い物ができます。日本の郊外型の大型スーパー(イオンとかイトーヨーカドーの大きい奴)みたいな感じです。
ケープモール人


ケープタウンのモールの風景です。個人的には普通にアメリカのモールと同じ感じがしました。間取りや空間の取り方、人種構成などアメリカに近いです(黒人もいますが、白人と同数程度ってのは南アフリカの人種比率を考えるとちょっと不思議というか白人の町だなって考えるべきなんでしょうね)。
ケープモール中


ケープモール中2


ケープモール中3
お店の名前こそ違うもののアメリカのショッピングモールのお店とほんと同じです。

次はモールの中にあるスーパーです。もうご覧のようになんでも豊富にあります。これがアフリカの新興国かって言うぐらいものが豊富です。日本より豊かじゃんぐらいな勢いです。物価に関しても気になるところでしょうがまた別途記事にしてまとめさせていただきます。

ケープモール売り場1
オレンジが山のように積まれています。

ケープスーパー
コーヒーとかおかしとかですかね。ここで、先日のランケンセミナーでお出ししたルイボスティー(南アフリカ特産のお茶)なんかも買いました。

ケープスーパー2
デリです。サンドイッチやらフライやらから揚げやらお惣菜やらおいしそうでしたよ。

このモールは2時間ぐらいいたのですが、スーパーだけでほぼつぶれちゃいました。他にも色んなお店があって遊んでたら丸一日かかっちゃいそうです。

そういえば、このショッピングモールのワイン屋さんで南アフリカ名産のワインを買って送ったのですがまだ来ない…。もう2ヵ月半経つぞ。船便とは言え遅くないかな。誰かに途中で飲まれちゃったか…。南アフリカの負の部分だ…。

夜ご飯はこのモールでイタリアンです。海の見えるイタリアンで楽しく食事しました。写真はありません。その後、ホテルに向かうのですが、また道路が封鎖されてたりなんだりで偉く時間がかかりました。

でも、ホテルの部屋は良かったですよ。ほら↓、なんかしゃれてるでしょ。

ケープタウンホテル


今回は長かったですが、ここまでたどり着きましたでしょうか。ケープタウン観光はまだ続きます!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
トタン屋根のタウンシップに
胸が痛みますね。
やはり,こういった貧困生活は,老齢になってくると応えると思います。
寿命はあまり長くないでしょうね。

若いうちは楽しいかも?

と,思います。

ランケンさんの経験を積もうという意識,幅を広げようという心意気にはいつも感動いたします。

応援完了です。
では。
2008/03/15 (土) 18:28:45 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
こんばんは
Nekkiさん

こんばんは。
そうですね。
まー確かにキャンプ生活と思えば若いうちは楽しいかもしれませんが、ここにいる人たちの教育がきちんと行なわれているかが心配です。
とりあえず、それさえ出来れば時間はかかるにせよ道は開けるんじゃないかなと・・・

いつも応援どうもありがとうございます!
2008/03/16 (日) 02:12:51 | URL | ランケン #-[ 編集]
旅行した気分に
こんばんは
一気に最後まで読みました。
自分も南アフリカまで旅行した気分になり有意義でした。
私もやっぱりタウンシップは心が痛みました。手前の屋根もないところにも人が住んでるんですねv-409
私も幼い時超貧乏で母子3人でほか弁のご飯をお粥にして食べていました。それでも屋根はあるところに住んでいましたのでそれを思うと日本に生まれて幸せだなと思いました。
2008/03/16 (日) 19:13:12 | URL | みちぽりん #-[ 編集]
はじめまして♪こんばんわ。

私もランドを5円ぐらいまで耐えれる資金でスワップ狙いで保有しているのでランケンさんの記事を楽しみに訪問させてもらってます。
来るたびにポチっとはさしてもらってますが、たまに忘れてることも・・・・すいません。
そして、コメントは初めてです。
旅行記、すばらしいなぁ~と思ってコメントしたくなりました。
いつか行きたいところです。
ランドのスワップを貯めて行こうと思います。
今は為替市場が厳しいですがロストカットだけはされないよう見守っていきたいです。
ブログって結構、更新が大変だとおもいますが応援してるので無理なく頑張って下さいNE!
2008/03/16 (日) 20:46:32 | URL | ななこ #-[ 編集]
こんばんは
みちぽりんさん

こんばんは。
あはは、読んでいただけましたか。
長いでしょ。すみません。
まだ結構写真あるのでちょっと頑張りました(じゃないと南アフリカ旅行記終れない)。

タウンシップは白人が生み出したもので、人間の残酷さを感じますね。
貧しくても素晴らしいところもあるそうで、タウンシップは南アフリカでもっとも美しいとも言われるそうです。
それはそこに住む方の心のありようを表現しているんでしょうね。
貧しいことは醜い事とは違うのですが、大変な所もあると思います。
でも、頑張れますよ、きっと。



ななこさん

はじめまして、こんばんは。
よく見ていただいて応援までして頂いているって嬉しいですねー。
どうもありがとうございます。

南アフリカの旅行記はお陰さまで好評です。
是非、一度行かれてください。
色々と勉強になりますよ。
私は旅行で相当出費していますが(南アフリカのみならず)、どこ行っても素晴らしい所はあります。
世界を見て見て経済とかまで考えるとちょっと成長できた気になりますよ。(自己満足ですね、ハイ)

ブログって確かに大変です。
楽しみにして頂いている方が多いので嬉しくてやってるんですよ、これ。
誰も読まなかったら楽しくないんでやめてます(笑)。
皆様の応援のおかげです、ホント。
どうもありがとうございます。
2008/03/16 (日) 21:26:17 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張