FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ旅行記 Day3 夜

南アフリカ旅行記 Day3 夜

3日目の夜が一応お題目ですが、ボツワナのサファリは終わり夕方にはジンバブエに戻ってきていまして正確に言えば夕方からスタートです。

さて、ジンバブエの夜ご飯は今日はスペシャルメニューだったのでそちらのお話に入りたいのですが、その前にちょっとお土産品の購入をしました。

おみやげマーケット
ジンバブエのお土産マーケット

上の写真ですが、ちょっと分かりにくいとは思います。実は石や木で作った動物などのお土産マーケットです。木で作った大きなキリンとか、色々な置き物が売ってます。多くのジンバブエ人がいて値段は交渉次第!ジンバブエドルはインフレが年率1万%で紙くず同然ですので、USドルや南アフリカランドで購入します。

新興国のこういうお土産屋さんってたくましいですよね。以前、メキシコでもこういうマーケットに行った事があるのですが、もの凄いエネルギーを感じます。もう、しつこいのなんの。結構高くふっかけてきますもの。半額なんて当たり前。10倍ぐらいじゃないかと思ったりしますね。

と言うわけで早速交渉開始。彼らは英語をしゃべりますし、私もしゃべりますのでわりと真剣勝負です。木のお皿(ライオンとかヒョウなどの動物が描かれてます)1枚10ドルで2枚買えなんて言うから、2枚を5ドルだったら買ってやるって言うとえーみたいな。

だって10ドルって1000円超えてますよ。日本なんて100円ショップでちゃんとしたお茶碗買えますもんね(ま、ジンバブエは手作りですから比較対象としてはややおかしいのですが)。ジンバブエだったら5ドルで2枚でも結構な収入のはず。私もこんなサイトやってるぐらいですから、世界の物価ぐらい多少は分かってるつもりです。ジンバブエのお皿が1枚10ドルなんて絶対にふっかけてる!

同行した方の中には大きなキリンの置き物(人の胸ぐらいまである)買ってた方がいらっしゃっいました。いい家に住んでたら絶対にかっこいいなとか思いましたね。ジンバブエのホテルにも置いてありましたね。ちなみに15ドルだったそうです。安いじゃん。私も欲しかったのですが、南アフリカみたいないい家に住んでませんので小さな置き物を買いました。

さて、晩ご飯です。この日はあいにくの雨でしたが滞在しているホテルでの晩ご飯ではなく別のホテルのレストランです。設備も立派で、中に入る前にアフリカ式のお化粧をしてもらったり、アフリカの伝統的な服を着せてもらったり(と言っても布を巻くだけですけどね)して、気分的には盛り上がります。


ナプキン
ナプキンがコップに入っています。鳥の形してるの分かりますでしょうか?

レストラン
ちょっと写真が暗いのですが、いい感じでした。テーブルの上のコップナプキンに注目!いいっしょ?

晩ご飯やっぱりバーベキューです。肉を焼くしかないみたいですね、この国は。バイキングですので焼いてる所まで行って勝手に取ってくる感じです。

バーベキュー
晩ご飯です!やっぱりバーベキュー…


今晩のメニュー

・インパラ
・イボイノシシ
・ワニ
・ダチョウ
・クドゥー(前回紹介した馬に角がはえたような動物です)のシチュー
・ポテト
・果物
・パン
…(その他もうなんでもいーやって感じでした…)


あ、それとなんか変な虫も食べました。これ食べると証明書をもらえます。まー日本人は昔から虫食べる民族ですのでそこまで抵抗はありませんので一口頂いてきました。暗くてよく分からないのですが、芋虫みたいな気がします。まさか、フンコロガシではないと思うんですが…。(Mopani Wormっていう毛虫だった事が後で判明、毛虫か…、フンコロガシとどっこいですね)

まー色々と普通じゃ食べないようなものが出てきますが、ジンバブエ・ボツワナでは肉ばっかりを朝昼晩3回食べてました(南アフリカは違います)。この肉なんですが、お世辞にもおいしくはありません。まず、かたいんですよ。多分野生なのかそれに近い状態のを取ってきてるんじゃないかと思うのですが、脂身がない。後、ちょっと臭みもありますね。私はあまりグルメじゃなくてむしろ味音痴なのですが、さすがにあきた…。

後は、黒人ダンサーの踊りも食事中に見れます。アフリカの踊りって結構派手ですね。今までやってくれてたのと同じ(だと思う)ですが、面白かったです。

BBQダンス
アフリカンダンス!

さて、3日目を3回に分けて書きましたが、これで3日目終了です。次回は世界三大瀑布の1つビクトリアフォールズへ!(いやー時間かかりますね、ちーとも先に進まない)

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
大作でした。
旅行記またまた大作でした。
バーベキュー地獄に毛虫!やはり恐ろしいですね。
ランケンさん英語しゃべるなんて凄いですね。私は,受験英語オンリーでまったく話せないので,大学時代に研究室の外国人講師に馬鹿にされていました(泣)

南アフリカの電力不足は本当に非常事態ですね。大変にあせりますよ!
ライフラインですから,命に関わってきます。
鉱山も観光もストップですし,国家として大打撃だと思います。
ここで辞任する人は,逆におそらく権力にしがみつかない保身だけのお役人で無い証拠ですから,逆に辞めないで欲しいですね。
2008/01/28 (月) 01:07:13 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
停電
Nekki5149さん

こんばんは。
バーベキュー地獄って(笑)。
まー現地の人は普通に食べてるはずですし、別に害があるわけじゃないんで。
人間、お腹がすいていてお皿にそれらしく並べられればだいたい食べますよ(私だけ?)

英語はアメリカに住んでいたもので多少は使えます
でも、そんなにうまくないですよ。

電力不足は重大ですが私はそこまでムチャクチャ不安感はないんですが…。
だって、今までだって停電は起こってたに違いないですもの。
今更人がたくさん死ぬわけが無いですし、鉱山なんて今までもストップしてますし。
国内唯一の発電所が崩壊したとかってならびっくりしますが、今までと大差ないなら影響は限定的かななんて思ってるんですが。
今までと大きく違うロジックがイマイチ分からないんですよね。
まーもう少し様子見しましょう。
2008/01/28 (月) 22:14:54 | URL | ランケン #-[ 編集]
大雨で電力不足?
どうやら今回の電力不足は、南アを襲った大雨で火力発電用の石炭が湿ってしまったため、ESKOMの発電量が減少して起こったようです。
BloombergのニュースのURLを張っておきました。
この緊急事態は最大で4週間程続くとのこと。

慢性的な電力不足の方はすぐには解決しませんが、今回の緊急事態は1ヶ月ほどで収まるのではないでしょうか?
2008/01/29 (火) 07:56:33 | URL | City #z8Ev11P6[ 編集]
ボツワナは
いつも楽しく読ませていただいております。私はボツワナに10年くらい住んでいましたが、今回のコメントで「ボツワナで内戦・・・」という説明がありましたが、ボツワナでは1966年の建国以来、内戦は起きていないと思います。ヨーロッパのボスニア・ヘルツェゴビナの間違いではないでしょうか?余計なお節介ですいませんでした。
2008/01/29 (火) 11:48:49 | URL | ぼつじじ #JalddpaA[ 編集]
ありがとうございます
Cityさん

こんばんは。
あー大雨なんですね。
なんか石炭が湿ったという話はコメントで南ア在住者さんから教えていただきました。
ただ、それも大雨のせいというよりもマネジメントの問題に起因するのではないかとの事でしたが、まーどっちもあるんでしょう。

でも、やっぱりブルームバーグでも歴史上最悪みたいな書かれ方してますね。
非常事態宣言が出るだけの事はあるのでしょう。
何やってるんだかって感じですよね、先進国から見たら…
情報ありがとうございます!



ぼつじじさん

はじめまして、こんばんは。
お恥ずかしい…。バカをさらしてますね…。
読者が増えたなんて喜んでる場合ではない…。
こっそり修正しました。

昔、アメリカで英語学校に通っていた時がありまして、クラスメートにボツワナの女の子がいたんです。
で、その時にあの内戦してる国だって他のクラスメートと話していまして、それから恐らく10年以上勘違いしている状況だと思います。
ボツワナの話を一緒にしていたクラスメートはちなみにUniversity of PennsylvaniaかなんかでLaw School行って弁護士になった韓国人なんですが、彼も一緒に勘違いしてますね。
いかに学校の勉強が役に立っていないかという現実…。

私の無知はとりあえず横に置かせていただいて、ついにボツワナ滞在経験者にまでコメントいただき全くもって驚きです。
最近、すっごいなー。
1ヶ月に1回ぐらい(もっとかも…)はなんらかのご指摘を受けてる気もしますがいい事ですね。
それこそ、ブログのいい点ですし、実際楽しいですね。
面白い事たくさん!
どうもありがとうございます!
余計なお節介なんてとんでもありません。バカをさらしてるよりよっぽどマシです。
また、間違いがあれば是非教えてください!
2008/01/29 (火) 21:10:34 | URL | ランケン #-[ 編集]
Eskom について
管理人殿

昨日、Eskom の電力騒動に関する特報番組が放送されていました。

残念ながら全編を見た訳ではないのですが、Eskom の操業不全問題が取り上げられていまして、その中で以下の内容が印象的でしたので、ご参考までにお知らせします。

Eskom の発電操業が行き詰まっている大きな原因の1つとして、石炭搬入の遅延が挙げられているが、これは BEE 政策がマイナスに作用したものと考えられる。

過去 Eskom への石炭搬入を請け負っていた白人系の運送会社が次々に契約を打ち切られ、その分が新規参入の黒人系会社に割り振られたが、それら黒人系会社は、業界経験が無かったり、マネジメント能力が不十分だったりするものが多く、そこに燃料価格の高騰が加わって、どんどん倒産していった。その一方で、この不足を Eskom は十分に埋め合わせられないでおり、結果 Eskom の発電所に石炭を持って来られる者がどんどん少なくなっている。

新規参入してきた黒人系会社の経営者には、運送業の経験を持たない者も多く、中には美容師などという全く畑違いの者までいたことも判った。

Eskom は雨天の影響で石炭の搬入が遅れているとか石炭の燃焼効率が落ちているとか言っているが、発電用の石炭は、そこそこの品質のものであれば多少濡れても問題なく使えるので(細かい粒子状に砕いてから燃焼炉に入れる形式も多いが、その場合には湿気は全く問題にならない)、そんな理由で一斉に大きな操業ダメージが出るとは考えにくい。

Eskom 発電所には、炭田の近くに建設されていて、ベルトコンベヤでも石炭の搬送ができるようになっているところが多いが、コンベヤが保全不良で機能していないところがあり、そういう発電所ではトラック輸送の影響が深刻である。

一方、Eskom の内部問題として、白人の昇進を不可とする社内通達が出されており、これを知って勤労意欲を無くした白人従業員が次々と辞職、以前は約6万3千人だった同社従業員が今や約3万3千人にまで落ちており、日常業務が適正に回せていない、という事情もある。


と、要するに、今回の騒動で露呈したEskom マネジメントの不十分さを報じたものでした。空っぽの石炭ヤードの映像なども有り、結構衝撃的でした。

ちなみに、南ア家庭での電力消費の50%近くが geyser (湯沸器)に使われていると推算されており、この geyser の節電を徹底することで大きな節電効果が期待できる、とのことです。

Johannesburg 市内の停電は酷いみたいです。私の友人の仕事場では、ここ2週間、午前10時に電気が落ち、日中しばしば回復するが、ちゃんと電気が流れ出すのは夜の8時になってから、というのが常態化しているそうです。
2008/01/30 (水) 07:29:59 | URL | 南ア在住者 #-[ 編集]
ありがとうございます!
南ア在住者さん

こんにちは。
いつもすっごい生情報ありがとうございます。
なんか応援して頂いている様で嬉しいですね。

さて、Eskomについてですが、南ア在住者さんからご指摘いただいたBEEの性急すぎる導入が問題になっている事がよく分かるお話ですね。
従業員数の減少はかなり衝撃的なものがあります。
それだけ問題があるという事でしょう。

南アフリカという特殊な国で、国営企業の電力会社に、BEEでは社員の生産性どころか、起こるべくして起こった事件なんだなと言う気がしてきました。悪い条件が全部揃っているぐらいな感じがします。
少し性急すぎるBEE政策にもゆり戻しが出てくる可能性がありますね。
スキルの問題は南アフリカの大きな問題として指摘されているのは存じていますが、こういう具体的な事例があるとスキルの意味が良く分かります。

しかし、国営企業とは言え白人の昇進不可は明らかに行き過ぎでしょう。
逆差別もいい所な気がします。
アメリカでもありましたね、最近はどうかしりませんがAffirmative Actionて奴が。
白人が逆差別を受けたって訴えていたと思います。

今までの人種差別のつけとは言え、もう少し法の下の平等を考えるべきかもしれません。
立派な憲法はあるようですが(全く詳しくありません、聞いただけです)、それがまだまだ浸透していないというか出来ないというのが現状なのでしょうね。

ヨハネスブルグの状況もありがとうございます!
こういうのってやっぱり程度が分かって非常に参考になります。
ヨハネスブルグの人口って確か500万人ぐらいだったと思うのですが(東京の半分ぐらいだなと思った記憶があるのでうsが、違ってたらごめんなさい)、そこに電力が届いていないってのは影響大きいですね。
各企業は充電してなんとかしのいでいると言う話も別口で聞きましたが、生産性が下がる事は間違いないでしょう。今までとすごく違うわけではないかもしれませんが、せっかく軌道に乗りかけている経済に対して多少はダメージあるのではないかと懸念しています。
2008/01/30 (水) 20:14:23 | URL | ランケン #-[ 編集]
ランケン様

南アフリカ旅行記ものすごく
興味深いです~
ヤワなのでちょっと行けそうにないですから。

もっと細かいことも書いてくださいな。

ランケンさんの写真も載せてくださいませ。

私は今中欧旅行記を書いていますけど
写真がまだ出来てこないので読む人にはイメージしにくいかもしれません。

応援ポチ!





2008/02/03 (日) 05:04:21 | URL | 雪音姉 #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張