FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
良いお年を~!!!

良いお年を~!!!


ボクシングの世界戦は日本人が3人とも勝ちましていい年末になりました。
拳四郎がスッゴイ飛ばされててかわいそうだったけどなぁ。
スピードがあって軽量級も好きなので、見たかった所です。

井上拓真は泥臭いけど井上家らしいボクシングをしますね。
尚弥の試合見てると、もうちょいスピードが欲しい所な気はしますけど。
同じバンダム級とは思えないのは、尚弥が異常なのかな。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

年末なので今年の相場を振り返ってみましょうかねぇ。
若干忘れつつありますが、一応は南アフリカランド研究所なので、ランドの動きから。

2018年の年始は9.2円でしたかぁ。
安値が7.1円で年末は7.64円。
なるほどなるほど。

南アフリカは格下げの話が相応に出てましたが、まぁある意味で低位安定。。。
Cyril Ramaphosa大統領は完全に期待外れな様相です。。。
なんとかならないのかな、あの国の政治は。。。

今年のランドはなんとなくトルコに振り回された1年だった気がしますね。
トルコの急落が2018年の年始にもあって記憶があって、ランドはそこで引っ張られるように売られたのを覚えています。

しかしトルコリラ円は年始に30円だったのか。。。
1年で半分になった通貨も、あのレベルの経済の通貨では珍しい。
15円台から戻して今は20.88円。

今年、もっとも勉強になった通貨だな、リラは。
見てて、とても興味深い通貨でした。

トルコもユーロ入りを願ってた国ですが、ユーロに入らなくて良かったなと改めて思います。
金融政策を放棄していたら、第二のギリシャになる所だった。

でも、金融政策を持っていると言う強みがあるにもかかわらず、バカな独裁者の大統領がいるとあまり役に立ちません。
しっかりと締めるべき所を締めないからあぁなるんだよなぁと改めて思いました。

面倒な事は宗教として価値観に結びついてる所ですね。。。
イスラム系の通貨は買いにくいと言う事を示してしまったようにも思います。

これはイスラム教国家にとって非常に不幸な話で、イスラム教国には投資資金が流れにくくなる事を意味します。
具体的には、パキスタン、インドネシア、バングラデシュ辺りでしょうか。
ムスリム人口は世界で16億人もいるのにね。。。

金利の考え方を宗教と切り離せないもんですかねぇ。
どの宗教も問題を抱えますけど、最大の宗教の中では最も貧しくなりそうな宗教です。
そこで出てくる格差がテロに繋がっちゃう所が困りもんですね。

株式市場は、個人的には2月に食らった奴が痛かったなぁ。。。
完全にリスクコントロールを怠った。。。
プット売りの怖さは分かってたつもりなんですけど、過信以外の何物でもない。

残存3日で2円が720円になるとは。。。
しっかりと損切り入れておかなかったので一発で持ってかれました。。。
去年、うまくコントロール出来てただけに鼻っ柱を折られた感じが強いです。

それ以外は概ね好調でしたけど、あれだけが悔やまれる。
好調な全てを飛ばしてくれますわ。

2018年の後半はオプションは若干控えめで、信用売りが多かったです。
結果としてこれは成功。
ランケンが取るストラテジー的にはオプションの相場では無かったように思います。
プットをガマンして買ってれば良かったのかなぁとも思わなくはないんですけど、多分バックスプレッドは怖くてガマンできなかったと思う。
下がるんですけど、ガツンと下がったのが年末だけだったような。。。

まぁ、でも、信用売りが機能してくれたのは良かったです。
個別株のネイキッド売りってスゴク久しぶり。
CFD以来だな。
地合いとかみ合いが良かったので楽勝モードでした。

明日以降、年始の雑感とします。
それでは、皆様、良いお年を~!!!

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます
モバイル版からはコメントできるんですね。

良い新年をお迎えのことと存じます。こちらはまだ12月31日ですが・・・・

あ、かつてナミビア滞在中になんどか書き込みさせていただいた者です。で、今は南米の妻の実家にいます。
2019/01/01 (火) 07:03:25 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張