FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ旅行記イントロ

南アフリカ旅行記イントロ

今日から少しずつ南アフリカ旅行記を書いていきたいとは思いますが、ランケンの本分は南アフリカの経済情報の提供ですので、旅行記の日もあれば経済情報の提供の日も出てくる予定です。

旅行としてはジンバブエやボツワナが先で南アフリカは後半でした。ひょっとしたらなかなか南アフリカまで到達しないかもしれないのですが、ジンバブエやボツワナもアフリカらしくて面白いのでゆっくりお付き合いくださいませ。

さて、ケニアの暴動のニュースが日本まで伝わっているとは思いませんでしたが、何人かの方からコメント頂いたので一応言及しておきます。ケニアって南アフリカからかなり離れていて全く関係ありません。お隣のジンバブエですら南アフリカともの凄く違います。タイあたりで軍事クーデターが起こっても日本と関係ないようなものです。

南アフリカとジンバブエについて少々書いておきますと、南アフリカとジンバブエは国境を接するもののアメリカとメキシコの関係に近いかなと思いました。片方は先進国で片方は貧困に苦しむ国です。韓国と北朝鮮とかもそうですが、国境が1本あれば全然変わるものです。戦争でも起きない限り影響しませんね。暴動程度じゃ国が違ったらニュースになるぐらいのものです。

まず、今回南アフリカを訪れてみた全体的な感想から記しておきますと、南アフリカは皆様が思っているよりもはるかに先進国だと思います。正直、私はかなり驚きました。私が訪れたのがヨハネスブルグ、プレトリア、ケープタウンなどの大きな町だったためかもしれませんが、実に整然としていて混沌とした感じはほとんど見受けられませんでした。下に写真貼ります。全ての写真はクリックすると大きくなりますので、試してみてくださいね。

南アフリカ航空写真
(飛行機から取ったヨハネスブルグの写真です。アフリカとは思えなくありませんか?)

プレトリア市街
(首都プレトリアのユニオンビルから撮った1枚です。プレトリアの市街が見えますね。この近辺には大使館などが多くあり、どの家も豪華でした。)


ケープタウン住宅地
(ケープタウンの住宅地です。凄くありません?)

特に、ケープタウンの家々はかなりきれいで日本よりはるかに豊かな感じしました。ケープタウンは比較的高額所得層が住む町かも知れませんが、プレトリアの家などもハイウェイから見える限りは、アメリカの郊外の住宅地と言った感じで、庭が大きくて家も大きく普通に車も置かれています。

ケープタウン住宅2
(ケープタウンの住宅の1つです。ベンツがガレージにも入れず普通に置いてあります。ケープタウン以外でも結構ベンツ、BMWがその辺に駐車してました。)

ケープタウン住宅
(ケープタウンの住宅の2つ目です。こんな感じの家が普通にたくさんあるんですよ。)


ハイウェイから見る町並は本当にオーストラリアのゴールドコーストとかアメリカのLA郊外に近いイメージです。高級住宅街の写真は別途紹介する予定ですが、普通の家も日本から見るとすごくいい家に見えました。いわゆるアフリカでイメージされるスラム街はケープタウンで途中少し見えましたが、それだけで他はほとんど素晴らしい家です。

ケープタウン市街
(ケープタウン並クラス(?)の住宅地。ビバリーヒルズかと思いました…いかにも白人が好む豪華な感じです)


ケープタウン高級住宅
(ケープタウン高級住宅地。道路の反対側は海です。この辺りはサッカーのベッカムとかF1のシューマッハーが別荘を持っているそうです)


また、物も豊富です。ケープタウンではモールに行ったのですが、日本の郊外にあるイオンやイトーヨーカドーよりも大きく、売っている物も豊富にあり(ほんとになんでもある)、人も黒人・白人問わず非常に活気がありました。アメリカのモールに行かれた事がある方はあれと完全に一緒だと思っていただいて結構です。

ケープタウンモール
(ケープタウンのモールです。白人も黒人も一緒です。本当にかつてアパルトヘイトだった国かと思いました。)


他に大きく想像と違っていた点としては、天候と気温です。夏なのですが雨季だった事もあり意外と寒かったですね。私はNorthFaceのジャケットを愛用していますが、手放せない感じで一緒にツアーに同行した方は薄着でくしゃみしていました。まー、南の地の果てですから冷静に考えれば当たり前なのですが、どうもアフリカという言葉に頭が汚染されてしまってます。


この治安の部分、南ア在住の方からコメントを頂きました。治安に関しては私の見方が完全に甘そうです。かなり凶悪事件が頻繁に起きているそうで、旅行する方は十分注意ください。

それから治安についても触れておきましょう。思ったよりはるかに悪くないという印象です。プレトリアやケープタウンのダウンタウンあたりでもアメリカのLAやNYのダウンタウン並かなとと思いました。リアル北斗の拳とか言われるヨハネスブルグは悪い時のデトロイトっていう感じです。(アメリカに住んだことが無いと分かりませんね、この表現。すみません)

確かに各家には有刺鉄線が張ってあったり、電線みたいなものも付いてます。でもそんなもんです。普通に人は歩いていますし、同じツアーでイタリアに行ったことがある方はイタリアの方がよっぽど危険な感じするって言ってました。

空港とかも通常は危険とされる気がするのですが、今回の旅行で一回も危険な匂いは感じませんでしたね。危険な所って変な奴とかホームレスがけっこううろうろしてて普通の人が歩いてないのですぐ分かるものです。空港では一度も感じませんでしたし、町を見ててもちょっとここは危ないかなって場所もあるにはありましたが、むちゃくちゃ悪いとは思いませんでした。

これから南アフリカに旅行に行く方は十分気を付けるべきとは思いますが、治安が悪いから行かないって程じゃないと思いましたよ。特に観光ツアーで行くのでしたらガイドさんの言う事を守るとか、夜は一人で出歩かないとか(海外では当然です)、昼でも危険な所には行かないっていう基本的な事さえ守ればそんなに問題は無いのではないでしょうか。行く前にあれだけ怖がってたのは一体なんなんだと。やっぱり無知が一番怖いと言う事を改めて感じました。


もう十分書いちゃった気もしますが、旅行記は明日以降に詳細を記しますのでお楽しみに!(ひょっとしたら来週末かも…平日はレポート書くの苦しいんですよね…)。ジンバブエとボツワナのサファリなんかから始まると思います。動物たくさんですので、本日の記事とはだいぶ違う感じになるはずです。書くのが楽しみですのできっと楽しい記事が書けると思います!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/06 (日) 21:05:40 | | #[ 編集]
ご指摘ありがとうございました
通りすがりさん

ご指摘どうもありがとうございました。
無意識に使っていましたがそうなんですね。さっそく修正致しました。また何かあれば是非ご指摘頂ければと思います。
よろしくお願いします。
2008/01/06 (日) 21:18:40 | URL | ランケン #-[ 編集]
こんばんわ♪
テレビで南アフリカ見たときも治安がいい
という印象を受けたんですけどやっぱり
思っていたよりも全然悪くないんですね~
ちょっと安心しました。なんと言っても
100万ランドを保有しようというアホな
人間ですのですごい気になるところです。

・・えっと画像の方が見れないんですけど
もしかしてTOMOのパソコンがおかしいのかな??(汗
他の方達が見えているのでしたら
気にしないでくんださいね
2008/01/06 (日) 22:16:59 | URL | tomo #-[ 編集]
おかえりなさい
はじめまして&おかえりなさい。
いつも拝見させて頂いてます!

アフリカ旅行おつかれさまでした。写真を拝見いたしましたが、意外と綺麗で、想像以上に発展しているんですねー。

縁起でもないですが、正直、ランケンさんが傷だらけで、帰国のするのかも・・と思ってしまいました。(失礼しました。。(汗))

今週木曜日のwebセミナー楽しみにしております^^
有益な情報をいつもありがとうございます。

今後共、宜しくお願いします。

2008/01/06 (日) 23:19:35 | URL | Hiro #-[ 編集]
お帰りなさい。
文章から楽しかったことが読み取れます。
私も少し行きたくなりました。
現地に行かれてランド通貨の魅力は
増しましたか?
2008/01/07 (月) 17:05:07 | URL | yasuda #-[ 編集]
ご帰還おめでとうございます
無事帰られて安心致しました。
私も南アフリカは大変興味がありますが,きっと外国では銃で撃たれるタイプなので,自粛しています。
ランケンさんは在米経験もおありなのですね。国際派の感覚はそのせいだったのですね。
セミナーは時間確保して必ず受講いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

応援投票完了です。
2008/01/07 (月) 19:12:59 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
こんばんは
tomoさん

こんばんは。
画像の方は無事見れましたでしょうか?
どうもアクセスが増えると画像が見えにくくなるようです。
ご迷惑をおかけします(どうしようもないんですが…)

南アフリカは治安がいいという訳ではありません。
ただ、世間で言われるほど悪くないんじゃないかなと思いました。


Hiroさん

はじめまして。
お陰さまで無事帰ってきました。
私も思ったよりも問題なくてかえってびっくりしてます。

Webセミナー楽しみにしてくださいね。
個人的にはパソコンに向かってしゃべるだけなので皆様の反応が分からないので余り面白くないかなとも思うのですが…
まーしょうがないですね。


Yasudaさん

こんばんは。
楽しかったですよ~南アフリカもジンバブエもボツワナも。
ちょっと遠いのが難点ですが…
ランドの魅力は倍増ですね。
良くないかな…


Nekki5149さん

こんばんは。
無事帰りました。
是非一度行ってみてください。世界が広がる事うけあいです。

セミナーはそんなにムリさせるほどのものではない気もしますが見ていただければ大変幸いです。
また、他にもセミナー出来そうですので、無理していただかなくても結構ですよ。

応援どうもありがとうございます!
2008/01/07 (月) 21:42:58 | URL | ランケン #-[ 編集]
はじめまして。
チョコチョコ読ませていただいているので
初めてという気がしないのですが・・・。

とある女史さんブログ経由、岩崎かおるさんブログ経由でたどり着きました。
南ア情報はホントにすくないのでうれしいです。 とてもいいサイトですね。

私もランドを知ってから、南アフリカに旅行したいと思ったのですが、
すっごく危険で今でも想像を絶する人種差別だと聞きました。

ランケンさんの「治安が悪いから行かないって程じゃないと思いましたよ。」
とか写真やコメント、すべて参考になります。
2008/01/07 (月) 22:03:44 | URL | miyuki #bGf9qjkw[ 編集]
ばんわ~
ご心配をおかけしてすみませんでした。
しっかり見えました(笑
私が住んでいるところよりよっぽど
いい感じの街並みですね。
2008/01/07 (月) 22:38:35 | URL | tomo #-[ 編集]
はじめましてとこんばんは
Miyukiさん

はじめまして!こんばんは。
お褒め頂きどうもありがとうございます。

南アフリカは想像を絶する人種差別だなんてよく言われていますがはたからはそうは見えなかったですね。
だいたい人口の8割は黒人ですから、アパルトヘイトという制度が無くなったら黒人の方がマジョリティなんで差別が成り立たなくなっちゃうんじゃないかと思いましたよ。
世界中見ても差別ってのはだいたいがマジョリティ(多数派)がマイノリティ(少数派)に対して行うものですから逆は成り立ちにくいのかもしれませんね、今の状況は。

是非行ってみてください。
行く価値あると思いますよ!


Tomoさん

こんばんは。

そーでしょー?我々が住んでるところよりよっぽどいい感じなんですよ、まじで。
日本に帰ってきて電車乗ったら日本のほうがスラム街に見えた…。
あ、でもどっかでスラム街の写真もお見せしますね。
ではー
2008/01/08 (火) 01:28:53 | URL | ランケン #-[ 編集]
最高ですね!
おかえりなさい。

いま、会社の自席でランチをしながら
一気に帰国後の記事を読ませていただきました。

相変わらず面白い!

南アフリカまで飛んじゃうなんて
人生何があるかわかりませんね・・・。

ますますランケンさんという人物が
希少価値のあるものに思えてきました。
(失礼な言い方だったらゴメンなさい)

続きを楽しみにしております♪

写真もきれいにとれていますが、
一眼レフですか?
2008/01/08 (火) 13:13:01 | URL | oikawa #-[ 編集]
こんばんは!
Oikawaさん

こんばんは。
南アフリカ面白いでしょう?
旅行も楽しかったです!

本当に人生何があるか分かりませんよ。
まー楽しければそれでよしです。

希少価値ですか(笑)
苦笑いしてしまいますね、なんだか。

写真は普通のデジカメですよ。
割といい写真を集めて今回ははったからかもしれませんね。

今度またメールいたします!
ではー
2008/01/08 (火) 21:53:55 | URL | ランケン #-[ 編集]
ちょっと甘いと思います
どれだけの期間を掛けて、どこまで しっかりと南アを ご覧に なったのか判りませんが、表面を浚う観光旅行だけで南アのことを解った気に なるのは、大いに危険なことだと思います。この国は、そんな甘っちょろいところではありません。私の家の近所でも、殺人・強盗・暴行といった凶悪事件は日常的に起きています。観光しに来た日本人が、毎度毎度アホらしい程に犯罪へ巻き込まれてるんですよ。
2008/01/14 (月) 22:21:38 | URL | 南ア在住者 #CZrp1sfs[ 編集]
治安について
南ア在住者さん

こんばんは。
現地の治安情報どうもありがとうございます。

やっぱりそうなんでしょうかね。
余り治安が悪いようには見えなかったのは観光に行った所がそういうところを選んでいったと思うべきなんでしょうね。
安全だと言うつもりは全く無いので早いうちに記事の訂正をいたします。
どうもありがとうございました。
2008/01/14 (月) 23:49:52 | URL | ランケン #-[ 編集]
おかえりなさい
南アを旅されてたんですね。
ケープタウンにも行かれたそうで、僕も年末年始をケープタウンで過ごしたので、もしかしたらどっかですれ違っていたかもしれないですね。中国人観光客の多さに驚きませんでしたか?10年前は日本人の方が多かったのに、今では中国人や架橋が大挙して押し寄せてきているようです。
2008/01/15 (火) 03:58:49 | URL | kazu #-[ 編集]
お久しぶりです
Kazuさん

お久しぶりです。
お元気ですか?

Kazuさんもケープタウンに行かれてたんですか?よっぽど、お会いできないかななんて連絡しようと思ったりしてましたが、時間が無くってあきらめました。
日本にお帰りの際はご連絡頂ければななんて思います。

南アフリカの治安について安易に述べたら怒られてしまいました。
南アフリカからこのブログ見ていらっしゃる方も結構いて間違った事を書くとすぐご指摘頂けるというのはありがたいですね。
しっかし、下手な感想も言えなくなってきましたね、このブログ(苦笑)。

中国人観光客には正直あまり気が付きませんでした。完全におのぼりさん状態ですので、余裕もなく。世界中どこ行っても中国人が幅をきかせているような気がしますよ。こないだ、アメリカ行った時もそうでした。
中国人にだってアフリカは遠いと思うんですが、そこまで来れちゃう中国の凄さは認めざるを得ませんね。
2008/01/16 (水) 00:57:29 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張