南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
トルコ危機に陥る瀬戸際

トルコ危機に陥る瀬戸際


日大の大塚学長の会見を見ましたが、興味深いものでした。
率直で、肝っ玉が据わってる感じがして、さすがだなぁと思いました。
ちょっとカッコよかった。

メディアの質問の方が悪意を感じる部分すらあったし、質が悪いなとも感じました。
前日の広報の態度が悪かった件についても説明がありましたが、なるほどなぁと。
自社の映像を撮りたいがために、何回も同じ質問をするってのは悪質だってのは理解出来たし、元共同通信社だからこそ腹が立つんでしょう。
まぁ、だからと言って、あの態度も無いだろうとは思いますけどね。

今回の3つの会見について思うのが、メディアってのは感情論で攻めたいんだなぁと認識出来ました。
一方で学長の話は感情論になってはいけなくて、組織側としては制度や規則に則って対応していくのは正しい対応ですかねぇ。。

部活のガバナンスと言う話もメディアから出てまして、個人的には最も興味深かった部分です。
部活って当然ながら学業とは違いますし、学生の自主的な活動です。
本来、学生が好きなようにやるんでしょうけども、学校の設備を使ったり顧問がついたり、予算もあったり、学校の広告であったりと色々とゴテゴテとつくと、好きなようにやっていいって話ではなくなる訳で、そうなると管理が必要でガバナンスもって事なんでしょう。
部活のガバナンスなんて、何だか非常に違和感を持たなくもないですけども、コンプライアンス上の問題になった今回の件なんかを見るとしょうがないのかなぁと。

まとまりがない話になってきた。。。
さっさと本文に移りまして、トルコ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

トルコは3%の金利引き上げを決めた話は先日書きましたが、通貨防衛に失敗しそうな流れとなっています。
あんまり効果があったようには見えませんで、対ドルで4.9ポイントだったものが利上げにより4.55ポイントまで上昇しましたが、結局4.8ポイント弱まで再度下落しています。

これだと利上げは経済を悪化させる方向にしか向かないので、防衛の意味合いが無くなります。
Financial Timesではトルコ危機に陥るギリギリと報じています。

Financial Timesに書かれてて大きな問題だなぁと感じたのは、トルコリラを今年大量に買ってるのが日本の個人投資家だと書かれている点です。
去年の2月から12か月連続で日本の投資家はリラを買ってるそうです。
全滅って事でしょうね。。。

リラなんてダメなのは世界中に知れ渡ってるのに、FX会社にそそのかされて買ってるのが日本人の個人投資家ばっかりってのは愕然とします。
リラ円のロングポジション1000億円だそうです。。。
アイタタタ。。。

FX会社さんも過当競争でツラいんでしょうけど、なんか適当なブーム作ってデタラメに売るのも良くないと思うんだけどなぁ。
少し考えた方がいいんじゃないですかねぇ。。。
いつまで経っても、個人投資家の投資とか経済のリテラシーが上がってないのは問題あるんじゃないかと。。。

海外のファンドは既に逃げ出してるそうで、イスタンブール株価指数も今年に1月末以降は下落。
こりゃ、トリプル安のキャピタルフライト間違いなしでしょう。。。
そりゃぁ、トルコ危機に陥るギリギリって書かれる訳だわ。。。

更に悪い事に、トルコ人もリラを投げてるそうで、リラを売って外国通貨に変えてるそうです。
当然ユーロでしょうけどね。
自国民に投げられてる通貨を日本人が買ってるこの歪み。。。
海外の投資家に笑われてるに違いない。

ランケンも数年前にトルコのセミナーをって某FX会社で講師しましたけど、買えってさすがに言えなかったですもんね。
覚えてる人もいるとは思うんですけど、怖い怖い。。。

今週はトルコにとって大事な局面になるでしょう。
対ドルで5ポイントを割り込むようなら底抜け。
トルコ中銀は更なる金利引き上げを強いられる事になるでしょうね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
リラ建て社債もあるよ
確かに昨年来、証券会社からパンフレットがよく来ます。またトルコリラ?て思ってました。
チャートが…。
国内、外交ともに政権基盤安定維持が困難そうなニュースが多く、買う人がいるとは思えなかったですが。

日大の件、収まらないですね。今度は選手が可哀想だから事件化した場合、選手は無罪にするべきだとか番組で言っていました。
感情の赴くまま、物を言っています。

個人的には監督が会見でかんさいがくいん、と校名を間違えて連呼と聞いてなんか脱力しました…。
相手には興味ないのですかね。まあ、他地域では知らない人が多いかも。

また関係ないですが、ラグビー日本代表監督だったエディーさんは厳しさで有名で、闘争心喚起のため「ころせ」とまで言った、言わせたそうで反発して離脱した選手もいたそうです。それ以外の要素もあるでしょうけど。
その後、イングランド代表だったかな?監督に抜擢され、その激しい物言いに選手が言い過ぎだと反発したところ、改めると言ったとのこと。
選手が大人だとこうやって収まるのかな。
もしかして宗主国のイングランドには強くは出れないとか??

学生には見守る仕組みがちゃんとないと だめなのではないでしょうか。
あの監督、自分の時代で時が止まったままのようですし。

あ、エディーさんは自身が誰よりハードワークを実行する方だったし、過程において結果を出し選手の信頼を得たそうです。選手をよく見ていたし。
ついていった選手も離脱した選手も大人だったのだと思います。
2018/05/28 (月) 10:18:20 | URL | みずほ #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張