南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
今週の相場とか雑談とか

今週の相場とか雑談とか


ゴールデンウィークは連休ひたすら某詐欺に関する裁判の書類を読んでまとめてました。
一応お断りしておきますが、訴えられてる方じゃないですからね。
ホント、詐欺する奴ってクソだし、だいたいその周りにいる金融にいる連中って何も分かってない。(どこの世界もそうかもですけど)

法律の重要性やらコンプライアンスの重要性ってものがよく分かります。
コストばかり追いかけちゃいけないなぁと改めて思ったりしますね。

IT本業のはずのランケンは金融の上から下まで全部やってる気がしますわ(笑)。
どっかで繋がるのかなぁ。(スティーブジョブズ)


一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ランケンスクールの受講生さんが船橋の方の行列のできるパン屋さんのパンを持ってきてくださいました。
ランケンは行列のできるお店で並ぶのが苦手でして、こういう美味しいものを食べる機会が少ないのですが、確かに美味しいですよねぇ。
やっぱり人気店は違うなぁと。

しかも、受講生さん全員分持ってきて頂いて、クラス前に食べさせて頂きました!
美味しかったです!
Kさん、どうもありがとうございます!

P_20180512_184044_vHDR_Auto.jpg
カレーパン、美味しかったです!

無料イントロクラスも面白い方がいらっしゃってくださいました。
お若いのにベトナムで某飲料会社の工場長をやってらっしゃったそうで、原油の値動きを見てたとか言ってました。
あんまり実需の原油取引してる方にあった事がなくて、面白かったんですけども、なんかいろんな意味で油っこい方でした(笑)。
結構、面白い方がいっぱい来るのでスクールは楽しいです。

土曜日のクラスはアルゼンチンペソの金利40%の新聞をニュース編で読んだりしてました。
アルゼンチン国債ってのがあるんですが、なんと100年債です。
これ、面白いと思える人は、割と金融リテラシーの高い人です。

100年債ですから、100年間アルゼンチンにお金を貸し付けるって事です。
どこにそんなバカいるんだよぉって感じじゃないですか(笑)。

しかも、アルゼンチンって通貨はペソですよ。
誰も貸したくないじゃないですか、為替リスクとか考えたら。
40%でも嫌でしょ。
100年間貸し付けたら、4000%(爆)
ウケる~。

まぁ、もっともアルゼンチン国債はドル建てのようでして、さすがに為替リスクはそれほど大きくないようです。
そりゃ、そーですわな。
例え、40倍になっても、100年経ったら40分の1になってもおかしくない訳ですからね。
ちなみにドル建てのアルゼンチン国債はさすがに40%の金利はつかなさそうです。
当たり前か(笑)

そう思うと、南アフリカ国債がランド建てで日本でも発売してましたが、ランドで調達できるだけでも立派かも?
信用力って大事ですわなぁ。

さて、南アフリカの新聞をいつものように見てましたら、同国最大の産業の1つ観光業の話が出ていました。
南アフリカへの観光客は昨年1000万人だったそうです。
東京の人口ぐらいですかね。
なかなかの数ですね。

でも、日本への外人観光客の数は2017年2869万人を超えてたので、もっと増やせる気がしますけどねぇ。
治安さえ良ければいい所だと思うんだけどなぁ。
観光地だけに限れば、まったく治安が悪いとも思いませんでしたけどね。

多分、先進国やある程度の経済力を持った国からはちょっと遠いので、高くなりがちなんだよなぁ。。。
日本だと、2869万人の内、2471万人がアジアで、中国と韓国と台湾と香港だけで2000万人超えます。
比較的、すぐ来れてそれほど高くもならずに来れるので、手近なんでしょうね。

観光と言えば、沖縄から来てる麻疹(はしか)。。。
気になりますね。
東京でも感染者が出てるそうで、簡単にアウトブレークしそうです。。。

観光客が増えるのは経済的には非常にいい事だと思うんですけど、病気の対策だけはしっかりしたい所です。
日本の観光客が3000万人を突破するのは確実だと言われてますから、365で割ると1日10万人。
どんな病気が持ち込まれるか分からん訳ですから、麻疹みたいな空気感染するのは怖いですよね。

今週の相場は、ドルの行方が引き続き気になります。
基本的にはドル高だと思います。

円も110円つけてくるかもなぁと。
日経先物は上抜いてますので、ドル円が110円超えれば更に上を目指すかって感じでしょう。

ボラティリティーも低いし、コールもプットも売れないわな。
そのくせ、動きもたいして大きくないので、ガンマトレードもやりにくい。
んー、ファーアウトを売って、更に大外買ってみたいなチマイトレードしか出来ないかも。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張