南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
コインチェック見て、仮想通貨はオワコンが遠くないと見た

コインチェック見て、仮想通貨はそろそろオワコンかと見た


コインチェックで仮想通貨の盗難との事で記者会見を見ました。
なんか悲劇でも喜劇でもなく、狂騒曲になってきたかなと。
見てて興味深いですけど、笑える感じでもなく、同情する気にもならないって感じです。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ


記者会見自体はだいぶ悲壮感漂ってまして、会社って何かを全然分かってないんじゃなかろうか?とか思うレベルの会見でした。
大株主2人が並んで過半数しめてるのに、何も決められないもんで笑われてましたしねぇ。
ホント、子供が訳も分からず、誰の指導もなく、金融の真似事をやってたんだなと。
ただただ痛々しかったです。

社長の目が語っていたように、何も分かってない学生かなぁ、とか思っちゃいました。
と同時に、仮想通貨なんてオモチャなんだから、あんなに社長をいじめなくてもいいのにとも思った。。。

ただ、このような経験も法律の知識もITの知識すら未熟に見える若者が取引所なんて事をやって、お金の管理をしてたんだ、と言う事実にはさすがに驚きました。。。
ちょっと金融を舐めすぎてないか?とか思ったぐらいです。

お金を預かると言う事、責任はどこまでの範囲を誰が持つか、と言った事を考えてないから、こうなるんでしょうねぇ。
一回、ちゃんとした企業で働いてれば、コインチェックの社長さんも良かったんでしょうけど。。。
起業がカッコいい事、だけで突き進んじゃったんだろうなと。
まぁ、でも、ブームに乗ってお金が回っちゃったら、ランケンもきっと同じように動いただろうなぁとは思いながら見てました。

お金に目がくらむと、裏側の制度やら仕組みやら構造ってものが見えなくなるんでしょうね。
金儲けと言う派手な攻めのみしか考えられず、そういう守備面を勉強したいと思わなくなっちゃう。
儲かればいいんだろ、みたいな自己正当化をして勉強をサボるんでしょうね。

金融の知識や経験の無さとかって言われますが、その通りっちゃその通りで、サークル的なノリでやっちゃったから本来やるべきことが分からずやってきたんですね。
面倒くさい制度やらなんやらが世の中にはたくさんありますが、必ずしも無駄にある訳では無いはずで、こう言うのを知るために経験が必要。

ウケたのは会見を東証でやってたって所ですね。
東証でやってるくせに、取り引き高も売り上げも利益も出せないのかって突っ込まれてましたもんね。
さすがにランケンも失笑しました。
ホント、なんで東証でやったんだろ、あれ。

マルチシグの実装不備の方は笑えなかったなぁ。
マルチシグなんて言葉自体、ランケンも初めて知りましたが、常識的なものならそれもなしでインターネットに晒すってのは確かに痛い。

IT屋から見たら、ファイアーウォールの外側でインターネットからのアクセスが容易な場所に580億円のコインがあるってのがそもそも信じがたい。
技術的な問題があったって社長が言ってるけど、技術的な問題じゃなくて管理の問題としか思えんのですが。。。
システム開発やってる人は、大事なものはファイアーウォールの中に置くなんて初歩中の初歩の話で、冗談にしか聞こえないと思うんですよね。

セキュリティーの甘さをだいぶガン詰めしてた記者さんがいましたが、あのセキュリティーの説明で世の中通ると思ってたんでしょうね。
これもITの経験の無さでしょうが、やっぱり取引所自体が「オモチャ」だったって事でしょう。
オモチャの通貨をオモチャの取引所で、登録制なんてほとんどガバナンスのかからんものでやってれば、起こるべくして起こる。

にしても、こんなに盗難の起こる資産って他にないすよね。。。(中東の原油パイプから原油が盗まれるとかあるかもですが、被害者がこんなに出ないからなぁ。)
今の時代に銀行からお金盗まれたとか証券会社から盗まれたとかってあり得ないと思うんですが、なんでこんなに頻発するんだろうかと。

仮想通貨出て来てたらもう何年も経ったんですから、問題の本質が制度とか組織の問題と言う事にそろそろ気が付くべきではないかと思うんですけどねぇ。
新しい技術を魔法のように捉えて狂喜するのは分からなくもないんですが、やっぱり扱う人間の問題はどこまでもある。

仮想通貨は大丈夫だって言う人から、本質的な問題が何かを聞けた試しがないのが残念です。
なんのために、仮想通貨以外の金融商品はこれだけの法律から制度や仕組みを整備してあるか?と言う疑問を持たないと仮想通貨の進歩はない気がします。

そして、マウントゴックスの破たん以降、これだけ世界中で盗難が起こるのに制度として対応できてない理由はなんでしょう?
FXと同じと言う人もいますが、やっぱりガバナンスが効かないものってのはサステナビリティが無くて、だからこそ同じような問題が何回も起きる訳です。
また、起きるでしょうね。
それが分かってるから、これだけ多くの人にランケンもやれって言われてもやる気になれないんだな、仮想通貨は。

資産に対するガバナンスが無いってのものにお金を入れる気にならない。
投資に勝つか負けるか以前の話が多くては、何と言われようがダメでしょ。

色々と見れば見る程、なぜ仮想通貨をみんなやってるんだかがよく分からん。
今回、返金されると言う事ですが、逆に言えば取引所ってどんだけ抜いてたんだよって話じゃないですか。
だって、スプレッドが5%とか抜かれて、儲かったら税金を普通の金融商品じゃあり得ないぐらい持ってかれて、損してもほとんど法的な補償とかは無くって、金利もつかない、不利な条件しかない訳です。
単に「流行り」って奴でやってるんでしょうねぇ。

価格が上がってる内はいいですけど、上がらなくなったら「オワコン」って奴に成り下がるでしょ。
だって、実需とか無いんだから、価格が上がる以外の価値ないんだもん。
さすがに仮想通貨はまだまだこれからって言ってる人も、そろそろ気が付くんじゃないかと。
皆が気がついたら、一部の信者がこれからだって頑張った所で「オワコン」でしょ。

投資やトレードだけでなく、取引と言うのはディフェンスを常に考えないと、どっかでやられるっていう見本みたいなもんですね。
狂騒曲はもうしばらくは続くでしょうが、今年に入ってちっともいい事がないってボヤいてた受講生さんが昨日いましたが、上がらなかったら、飽きてくると見た(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:仮想通貨 - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
本質
お世話になります!
暗号通貨の本質は非中央集権型の管理体制である事では無いでしょうか。民主的、公平な技術です。
まだ生まれたばかりで成熟過程にあるので、扱いに問題があると思います。私もコインチェックには呆れました。
しかし、手数料は0に近く、コールドウォレットに入れておけば99%安全で書き換えられる事もなく安心で、両替をする事もなく世界どこでも使えるとなると私は単純に使いたいです。
契約も書き込めるのも良いですし、ブロックチェーンなら病院を移る毎に同じ検査を受けずにすむ技術が待ち遠しいです。
2018/01/29 (月) 12:00:51 | URL | takeda #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張