fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
年始の雑感Part 1

年始の雑感Part 1


あけましておめでとうございます!
犬年ですね、今年は元気にいきましょう!


去年は市場は酉年で結構高く飛んだように思います。
犬なので負け犬にならないように気を付けないと(笑)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

大晦日からムッチャクチャ仕事してました~。。。
仕事終わったのが年越しした朝の3時とか(笑)
まぁ、でもやるべきことは終わったかな。

年始はちょっとアムロちゃんロスな気分ですねぇ。
紅白はアムロちゃんだけ見ました。
それ以外はただの週末な気分です。

それにしても、アムロちゃんはカッコいいですわ。
目力も、スタイルも可愛さもカッコよさも、ダンスのうまさも歌のうまさも完璧ですね。
ダンス好きなランケンとしてはキレッキレのダンスに惚れ惚れしてしまいます。
なんで、あの細さであんなダンスできるんだろ。
2018年はアムロの再ブームの年かもなぁ。

さて、2017年の振り返りでもしましょうか。
「バブル」でしたねぇ。
株価も凄かったですけど、やっぱりビットコインでしょう。

ガクトが怪しい人たちと仮想通貨を発行するなんてニュースも出てますけど、仮想通貨なんて割と簡単に発行できます。
今年はどうなるんでしょうねぇ。
ファンダメンタルズもないし、テクニカルも意味分からなく、どこで盗まれるかも分からんので、予想が出来ません。

1つこの手のもので思い出すのは10年ぐらい前に流行った二酸化炭素かなぁ。
二酸化炭素の排出権って奴の取り引きがありまして、今も取引されています。
今は8.15(ドルだったかな?)となっていますが、2008年ぐらいが30ドル前後の高値を付けました。

京都議定書にアメリカと中国が入ってないので、あまり効力が疑問ではあるものの、まだ取引はされています。
ランケンもCFDでちょっと触ったんですけど、本当に分からなかったです。
ビットコインとの共通点は流動性がない所とファンダメンタルズが機能しない所とテクニカルも意味をなさない所ですかね。

お金として使えるようになると言われ続けてる割にはあまり使えるようになった実感がありません。
なんか割れちゃったりするんで通貨として使うには安定性が明らかに欠けてる。
もうちょっと平たく書けば為替リスクが大きすぎる。

個人的には通貨としてはやっぱり使えないんじゃないかなと思うようになってきました。
前は制度として整えば可能性はあると思ってたんですけどね。
米軍基地の周りでドルでの支払い出来ますみたいなレストランとか少しありますけど、仮想通貨の為替リスクは米ドル以上なので、ちょっとお店側としてはマジメにやる程のものにはなってこないんじゃないかと。
やっぱり、暴落するとか価値がなくなる可能性がある通貨は通貨として受け取るには厳しい。

仮想通貨以外でもバブルが2017年は相当な規模であったと思います。
アメリカの株価指数の青天井状態はどうなるんだろうって思いつつ、ずーっとですもんね。
いやぁ、気持ち悪い。。。

アメリカの株価、昨年はほとんど調整なかったんだなぁ。
景気も絶好調ですし、インフレも落ち着いてるであれば、下がる理由もないって話になっちゃうんでしょうけど。
賃金も上がらないしなぁ。

なんか死角が見当たらないぐらいです。
どこに落とし穴があるんだろうかって気が気でない。

2016年のランケンの年始の雑感あたりを見るとテロの話なんかが出てますね。
これも、2017年は割と落ち着いていました。
散発的に狂ったのは出てましたが、宗教に関するものだったり、イスラム国みたいなのはほとんど無くなりました。

こうしてみると、世界経済は絶好調だったって事ですね。
上がり過ぎてるのが気持ち悪いぐらいか。
2018年がどうなるかの雑感、この先書けるかなぁ。。。
まぁ、思うままに書いてみようかなと。

今年もどうぞよろしくお願いします!

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張