南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アメリカ、今後10年でエネルギー産出の伸びが凄い事に

アメリカ、今後10年でエネルギー産出の伸びが凄い事に


東芝がテレビ子会社を売却するとの報道が出ています。
先週のランケンスクールでも時事経済のクラスで取り上げましたが、資本戦略(Capital strategy option)の1つとしてテレビの売却を決めたと言う事ですね。
レグザブランドは当面残りそうですが、東芝の解体が進みます。。。
優良事業部を全部売って解体して、稼ぎ頭のメモリーも売って、増資して会社を薄めて、何が残るかって大問題の原発ですか。。。
ゾンビ企業とかって言われますが、まったくですね。
ただただ存続する事が意義があるみたいな。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの債券利回りが上昇しています。
ま、当たり前ですやね。。。

10年物国債は10月後半以来60ベーシスポイント上昇しており、新規発行債券にも影響が出ます。
南アフリカ政府の資金繰りとしてもツライ所。
借金の金利を上げないと、貸してくれる人がいないって分かりやすい話ではあるんですが、理由は格下げの見通しが強まっている事と、むしろ財政の悪化の見通しと言うべきかもしれません。

見通しの悪化が実際に財政の悪化を引き起こすなんて、卵が先かニワトリが先かみたいな気がしなくもないですけどね。
世の中なんていつもそんなもんですかね。
結局のところ、評価が悪化すれば評価じゃすまなくて本当に悪化する。

なんだか人の評価と同じですね。。。
うまく行きそうな人には、良いリソースが与えられてうまく行き、うまく行かなさそうな人には乏しいリソースでうまくやれと言われる、みたいなね。。。
普段からちゃんとしてれば応援してもらえるんでしょうけどねぇ。。。
大統領がちゃんとしてないからなぁ。。。

今日はアメリカの原油産出についてのニュースが出ています。
IEA(International Energy Agency)は2025年までのアメリカの原油産出の伸びは世界で最も強いだろうとの予想を出しています。
しかも、サウジアラビアやロシアが今まで経験した事の無いような伸びが出来ると発表されており、今後の世界のエネルギー需要の増加分の実に8割をアメリカが産出できるとされています。

すげーなぁ。
こりゃ、原油価格はあまり上がりませんね。
直近はやや上昇気味ですが、100ドルとかは来なさそう。
IEAは2040年までは価格は1バレル40ドルから70ドルと予想しています。

アメリカがいきなりエネルギー大国になるのは、やはりシェールオイルなどの技術が進んでいるためです。
うーん、原油が枯渇するなんて話はどこにも無くなりつつあるような。。。
原油ってどっから湧いてくるんでしょうかねぇ。。。
あちらこちらの油田が枯渇したって話がある一方で、需要は増えててそれにミート出来てる訳で。。。
でも、枯渇したから岩に貼りついてるオイルを引っぺがし、がシェールなはずで。。。

なんか恐竜やら植物やらが変化したものだから化石燃料って習った気がするんですけど、信じられないなぁ。
だいたい、サウジとか中東なんて木が生えない砂漠じゃん。
水もないし、生き物に適した場所とは言えないんじゃないかと。

ロシアだってクソ寒いですよねぇ。
あそこに体温調節が苦手そうな恐竜がそんなにいたんかいな?
やっぱり地球の奥底から湧き出てくるってのが正しいんじゃないかと。。。

話を元に戻すと、IEAは今後はグリーンエネルギーが強い成長を示し、再生エネルギーは2040年までに40%を占めるだろうと述べています。
再生エネルギーの中では、大量電池がやはり最も大きいとされています。

エネルギーが安く済むってのはありがたい事ですけどね。
人間の消費量が増えてくるのは間違いないので、供給に対する目途があるってのは少なくともいい話ですね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張