南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
スペインのバルセロナ独立

スペインのバルセロナ独立


10月ですね。
電車乗ると、ちゃんと衣替えで上着着てる人いました。
まーだ、ちょっと暑いかなぁ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

ラスベガスで銃乱射があったりしてますが、気になるのはスペインのカタルーニャ州の独立、なかなか興味深い展開ですね。
バルセロナがスペインから独立って事は、日本から大阪が独立するイメージでしょうか。
バルセロナの人口は160万に対してマドリードは320万人と2倍ぐらい。

カタルーニャの地方政府は226万票の内、90%が独立賛成としています。
ただ、有権者は540万とされており、全体の4割が有効投票となっています。

ビミョウなのはスペインの最高裁判所がそもそも投票を違法としている点で、独立賛成が法的に有効とされていない点です。
もう1つ考えないといけないのが、EUとしてはどういうスタンスを取るか。
スペインは認めない立場を鮮明にしていますが、EUは民意を尊重する可能性がなくはない。
余計な干渉っちゃ余計な干渉なので、あまり可能性は高くはないと思いますけども

そんな状況なので、カタルーニャ独立は簡単ではありません。
どっかの海外が認めないと押しきれないかもなぁ。
ただ、カタルーニャの警察はあまり首都マドリードの言う事を聞いてないもので、それなりに平和に投票が行われているようです。

これは、国家のガバナンスが中央政府に行き届いていない事を意味しますので、マドリードから見ると厳しい状況を意味します。
なんかWiki見るとカタルーニャって10年以上独立しようとしていますね。
2015年にも独立宣言してるわ。

逆に言えば、今回も言ってるだけって感じかもしれませんね。
ちょっと暴力沙汰になってるのが、どこまで悪化するかって気はしますけども。

にしても、バルセロナ対マドリードなんてサッカーの試合そのままです。
ここは独立戦争はサッカーで決めてもらいましょう(笑)。
というのは冗談ですが、本当に軽く内戦になりかねないので、笑ってられる訳でもなさそうです。
ホントに独立してバルサ対レアルが見れなくなるのも、なんとなくイマイチだなぁ。。。

それにしても先進国のスペインの地方が独立なんて変な話です。
なんで、そうなるんでしょうね。
もう少し勉強してみようかな。
どうせ、失業率みたいな話になるんじゃないかと。。。

スペイン株価指数を久しぶりに真剣に見ました。
IBEX35のオプションやろうかなぁみたいなね。
なんか戦略が出てこない。。。
多分暴落はしないんですけど、プット側にスキューがだいぶ出てる感じします。

これだとコール売るのもイマイチだし、プット売るのも怖いし。。。
スペイン株価指数、なんとなく好きなのでやりたい。
でも、戦略が当たる感じしないので躊躇してますw
というか、市場にスキがないとも言える。
面白いですよね。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
事態はあまり平和ではなさそうですが、たぶんバスク問題の再燃が募集中ポイントかも。
2017/10/03 (火) 18:07:34 | URL | #a2H6GHBU[ 編集]
こんにちは。
スペインは元々バラバラの国だったのが内戦で統一されたので、不満がフツフツと続いていたのでしょうかね。

バスク地方の運動と違って暴力に訴えないのはバルセロナが経済的に豊かだからでしょうかね?
よその貧しい地域に予算とかがまわる、自分たちのものが取られるのはもう嫌だ、と言っていました、ニュースで。

景気が持ち直してきたので余計に不満なのかもしれません。
高度な自治権を勝ち取る、という目標もあるようです。
それなら穏便ですが。
でも政府は困りますね。

2017/10/04 (水) 10:29:01 | URL | みずほ #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張