南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
BRICSサミット

BRICSサミット


夏休み明けの会社、眠かったです~
午前中、半分寝てたかも。。。
休み中に返ってくるはずの回答も来てなかったし、まぁいっか。。。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

北朝鮮の水爆で市場が少し下げてますが、さすがにパニック相場にはまったくなっていませんね。
昨日も書きましたがやや飽きた(笑)。
どーせ、アメリカも軍事力行使にはまだ至らないでしょう。

ただ、軍事攻撃の可能性がないかって言うと多少はあるんじゃないかなぁと言う気になってきました。
今すぐになんらかのアクションがあるとは思わないのですが、放っておいていいとは誰も思っていないですし、中国は特にメンツをつぶされまくってる感じがあります。
このまま本格的に北朝鮮が核武装するのを許容するかと言うと中国としても認められないんじゃないかと思います。

そこそこ限定的な軍事作戦は中国とアメリカの間で出来なくはないかなぁと。
当然ながら程度問題ですし、経済制裁が先だとは思うんですが、北朝鮮が核保有国に名実ともになるのはかなり嫌でしょう。
金正恩体制がひっくり返るレベルには中国は少なくとも出来ないでしょうし。
特に難民が大量に中国側に出てくるのは最悪ケースです。

となると金正恩体制の弱体化を狙う作戦は米中共に利害が一致できなくはないし、中国は反対と言いつつも見逃したりするかもしれない。
国際政治なんてそんなもん。

で、中国がメンツをつぶされている理由は、中国が今ちょうどBRICSサミットの真っ最中で、これに合わせて水爆実験をされている部分です。
BRICSサミットのHP行きましたが、世界の平和と安定を維持するなんてのがトップクラスの表現になっています。
中国とロシアも北朝鮮問題にだいぶ時間を割かないといけなくなりそうです。

そのBRICSサミットには南アフリカのZuma大統領も出席しています。
南アフリカの立場は恐らく中国追随でしょうかね。
中国の投資が南アフリカにとっても大きいので、なんらかのお土産を持って帰りたいぐらいでしょう。

まぁでも南アフリカもアフリカ代表で入れて良かったかなとは改めて思いました。
ナイジェリアに入られても困るしねぇ。

BRICSサミットは各国の経済をよりよくするために協力して経済政策を実施していくとも述べられています。
それにしては経済格差がかなり開いてる気が。。。
ブラジルと南アフリカの経済は全然良くないはず。
インドとかまで知らないですけども、インドがいいって話もあまり聞きません。

どこまで重要なんでしょうね、この会議。。。
なんとなく具体策がイマイチな気がします。
少なくともBRICSサミットで市場が動いた感じはしない。。。
頑張って南アフリカの経済を伸ばしてほしい所ですが。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
核実験ですが、アメリカの地政学サイト(サイト名覚えてませんが)が実験が成功した事で「日米防衛のソロバンが違ってくる」と言っているようです。

はるか彼方、大気圏外の高高度で爆発させても水爆の威力なら電磁パルス攻撃で都市機能を麻痺できる。
電気、通信などが破壊されることで。

2007年かな、アメリカ議会に「電磁パルス攻撃に対するインフラの脆弱性の指摘」が提出されているとの事。

そして朝鮮労働党機関紙が「電磁パルス攻撃も可能」と書いたと。(産経新聞)
そういえば垂直打ち上げもしていましたね。着々…。

ミサイルが落ちてくる心配ばかりしていましたが、これが狙いかと思い始めました。軍事大国アメリカには打たずとも…韓国も近すぎるし…。

復旧するにしても数週間かかる、とアメリカメディアでは言われているそうです。
9日の独立記念日が意識されていますが10月10日の労働党創立記念日もある、との指摘も。杞憂って言葉があるけど…。
2017/09/06 (水) 08:46:17 | URL | みずほ #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張