南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
保守的な右派は変化に生き残れるか

保守的な右派は変化に生き残れるか


ホントによく雨が降ります。
涼しくなって今日は気持ちがいいのはちょっと嬉しいんですけどね。
夜がよく寝られるようになりました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先週はボストンの白人主義への抗議だったり、トランプのTweetだったり、白人至上主義の殺人だったり、裏のアメリカ大統領とまで言われたBannon氏の解雇だったり、スペインのテロだったりと、全体的に社会問題に関する話が多かったです。
社会問題の裏側には経済問題があったりするものですけども、アメリカは景気はいいですし比較的経済問題の色合いは薄い感じがします。

個人的に興味深かったのはトランプの支持者の黒人がAmerica Firstだ!ってプラカードを持ちながらも、俺はナチズムなのかって抗議してる写真を見た事です。
これ、グローバル化と言う名の元に仕事を失ったか仕事の選択肢が減った黒人層がアメリカ政府に対してもっと国内の対策をせよって抗議してる絵なんですよね。
この人、オバマに反対だったって事なんだろうなぁと思いました。

誰にとっても職を奪われるのはツライ事でしょうが、グローバル化の流れでよその国に産業自体を持っていかれると、そこで仕事をしていた人々はにっちもさっちも行かなくなり窮地に陥ります。
特に環境要因が大きいと本人の努力とかって話は全く関係なくて、工場の海外移転などでいきなり仕事が無くなり、生きるすべを失ってきた人々がアメリカには相当数いるんでしょう。
トランプは無茶苦茶だと第三者的には思いますが、それでも4割近い支持を未だに持っているのは、こういう層がここ数十年で累積してきた結果なんだろうなぁと、トランプ支持の黒人の写真を見て思わざるを得なかったです。

海外の新聞なんかを見ると保守層の右派対リベラルで革新的な左派の構図が見られます。
傾向としては田舎の保守層右派と都会の左派な感じで、まさにそれがトランプ当選の理由だったとも思います。

保守層は通常変化を嫌う人々で、環境の変化により生活が脅かされるのに対して強い嫌悪感を抱くイメージがあります。
この環境の変化を嫌うのはある意味で社会主義のイデオロギーに通じるものがありまして、村社会を形成し、外にいる人と敵対しがちです。
過激化すると人種差別になるのは世界を見渡してもあちらこちらで見られます(日本を含む)。
また、宗教のような閉鎖的で考え方を変えない人たちとも相性がいいように思います。

一方のリベラルな左派は変化を受け入れる人々で、変化による刺激を楽しむ人々かなと言うイメージがあります。
環境が変化すれば割と自在に動きを変えながら、外に出ていきます。
左派で過激化するのってあまりない気がするんですが、それは環境に乗って考え方も変えられるし、生活も変えていける器用な人々なんでしょう。
従って環境の変化の恩恵を享受しながら豊かになっていける可能性が高くなりますし、右派の考え方とは本質的な合わない。

人種問題がクローズアップされていますが、本質的には変化に乗れる人々と遅れてしまった多くの人々の対立が世界規模で起きてるんだろうなと思っています。
変化に乗ればいいんだよって言うのは簡単なんですけども、そもそも変化のない環境にいる人々はやれる事がないんでしょう。
ゆっくりと日々出てくる差は10年でとんでもない差になってしまい、取り戻せない人が多くなる。
これが地方と都会の格差となるし、欧州なんかでは国家単位でこの差が開く。(欧州じゃなくても、北朝鮮と韓国の差を見れば明らかですけども)

環境を変えられるのは、お金があってチャンスを与えられてきたりとか、強い意志を持って何かをつかみに行く人でないとなかなか出来ない話です。
それを思うと、今世界で起きている事は必然かなと思います。

ランケンはホリエモンのファンではあまり無いんですけども、彼は左派の過激派な感じがします。
自ら強い意志で環境を変えたり、権力とも戦う。
エスタブリッシュメントとも違うので、異端児に見られますが、スティーブジョブズにしてもビルゲイツにしてもイーロン・マスクにしてもジェフベゾスにしても異端児が世の中を変えてきている部分は常にあって環境は変化せざるを得ないんでしょう。

地方創生なんてちっともうまくいかないのは1つには変化を受け入れずに持っているものだけでやろうとしている点だと考えます。
持っていないものなんて出来っこないし、老人ばかりになっている地方で変化をしろって言っても現実的ではなくて自分で環境を変えるような事は出来ないでしょう。
結局は外から変化を入れこまないといけなくて、それは痛みを伴う。

変化って多かれ少なかれ痛みを伴うものですが、やらないといけないんだろうなぁとアメリカを見てて思いました。
環境を意識するってあまり無いんでしょうけども、意図的に見て環境を変えるという事もしていかないと取り残されて人生詰んでるみたいな事にもなりかねない。
ヒキコモリなんてのは最たるものかもしれないな。

ランケンも今が割と楽なので全然変化する気が無かったりしますが(笑)、良くないのかなぁとか思ったり。
まぁ、でも都会に住んで外資に勤めて相場やってるだけでも、世界の変化には多少気が付く環境にはいますかね。
変化に全く気が付かない人の方が圧倒的に多いんでしょうし。

少なくともテクノロジーがどう社会を変化するか、あるいは制度を変えていくかは見ておきたい。
ビットコインは制度がなかなか追いついてこないですねぇ。
ヒカルのValuのインサイダー取引なんて笑っちゃいました。
歴史は繰り返す。

さて、今週の相場に変化は出てくるでしょうか。
チャートだけ見てると戻りそうにも見えますけどね。
材料出尽くしになるか(上がる)、トランプ政権の政策に対する実効性を疑問視される相場(下がる)になるかのどっちか。

直近のBannon氏の実質解雇は相場にはプラスだとは思うんですけども。
上がる方が7割、下がる方が3割な気分です。

まぁ、どっちに行ってもいいのはいいけど、ちょっとベガが大きいのが気になるかなぁ。
上がるが基本なので、ボラティリティが下がると思うんですよねぇ。

どうしよう、カバードプットにしてベガショートのデルタ先物ヘッジにしようか。
ガンマはプラスにしておきたいなんて都合のいいことを考えてたらダメ?
あーそーか、期先でプット売ってヘッジしたらいいのかな?
板少ないはずだけどATMなら出来るかも。
考えよう。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/20 (日) 19:26:33 | | #[ 編集]
Re: Value訂正
Tomoさん

ご指摘どうもありがとうございました!
おっしゃる通りですね。
その辺、疎くて勘違いしてました。
修正いたしました!


> いつも楽しく拝見してます。
> ここ数日は色んな要素が絡んで(後付けの理由かも知れませんが)相場が読みづらいです。
> 常に変化を受け入れて相場にも上手く対応しなくては...。
> 標記のVALUの件、ヒカキンではなくヒカルではないですか?取り急ぎご連絡まで。
2017/08/20 (日) 19:32:16 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張