南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
スクール懇親会、お疲れ様でした~!

スクール懇親会、お疲れ様でした~!


昨日はランケン経済英語スクールに学生さんが一人入会されました。
お父さんと一緒に見て話題になってたとかで、親子のコミュニケーションに使われるとはちょっと驚きました(笑)。
若い人、みんなしっかりしてるなぁと感心しました。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

昨日と言うか今日と言うか、ランケン経済英語スクールの第19回の懇親会、お疲れ様でした!!!
今回、何がビックリしたかって、ここ一か月ぐらいで数百万円の利益あげてた人が5人ぐらいいたんじゃないかと。
爆発し過ぎでしょー!
ランケンは乗れてませんでしたよ、はい。。。
だいぶ、師匠にイジメラレタ。。。

今回も朝の5時まで8人いましたね。
なんかあっという間だったです~。
笑い過ぎて、いつものように声が枯れてます。

東大の大学院まで行かれた受講生さんがいらっしゃるんですが、だいぶオプションの変態になってきてましたねぇ。
まだグリークスまで分かってないのでボラティリティトレードを理解するレベルには行ってないみたいですけども、20代であそこまでハマってれば、もう戻れないかなとw

オプションが出来ると、上がるか下がるかのバクチじゃなくなってきて戦略の世界になってきます。
戦略が市場とマッチすればほとんど何もしなくてもお金が落ちてきちゃいます。
後は市場とマッチしない場合に如何に対処できるかって話になりますが、ここは守備の能力の話。
これが難しい部分ではあるんですけどね。
守備しないと、いきなりボール飛んできてゴールが入っちゃったりしますし。

オプション理解出来ると食えて行けちゃう気がします。
実際、オプションで食ってる人知ってるし。

面白いんでしょうね、新しい世界が開けていくのが。
その感覚もよく分かります。
こっから先は更にディープですよぉ。

後はビットコインの話も面白かったですね。
誰でもが通貨を発行できる時代に入ってきてる事を実感しましたが、社会の制度が追い付いていない。
インフラがソフトもハードも極端に弱いんですよね。

また、誰でもが通貨を発行できる時代に通貨を発行してデファクトを流通させられる人が出るのか?
歴史を振り返れば法定通貨以外にそれを出来た事は恐らくあまりないのですが、通貨も時代と共に変遷してきた事を考えると、新しい事が起きてもおかしくはないです。
ただ、単にブームに乗っかってとは思わないので、どう世の中が変わるかの方が興味深い所です。

そんな混沌とした新しい通貨の時代で制度もないので、今みたいな世界的な金余りバブル期には詐欺が活躍できる時代なんでしょう。
破たんしたMt. Goxの債務がビットコイン上がって回復したって話も面白かったです。
でも、債権者は本当ならばもっと凄い利益をあげてたはずと思うと、イマイチ納得行ってないんだそうです。
笑っちゃいますね。

他にも不動産ローンの話もクラス中に受講生さんにして頂きました。
元利均等返済と元金均等返済だと、元金均等返済の方がだいぶ安いんですね。
ランケンは住宅ローンを組んだことがないのですが、家に帰って調べてみたら3000万のローン3%だと数百万円の違いが出ててビックリしました。
まぁ、イマドキ3%の住宅ローンなんて高すぎるかもしれませんが、こういうのも知っておくと知らないとではだいぶ違うもんですね。
だってロードスター1台買えちゃうもん。

懇親会はランケンが持っていない知識を色々と教えて頂けるので、勉強になります。
普段はどうしてもこちらから知識を出すばかりになるため、あぁ言う機会は本当に勉強になります。
まだ文書化されていない(出来ないものもw)知識の価値を改めて感じます。

それにしても、トレードってあんなにイージーにお金が入るものへの税金が20%ってのもなんだかなぁって気が帰りにしました。
金融って格差を生むものなんでしょうね。
お金とか数字、それに関する制度に強くないと弱者になってしまう時代かもしれません。
誰でも勉強すれば身につけられるものではあるとも思うのですが、トレードなんかに頼るのもどうかなぁとどこかで思ったりします。

一方で、懇親会でも少し話しましたが、60歳で引退してから100歳まで40年間あります。
特にガンの研究でブレークスルーが出ている状況で、今後の寿命は更に長くなると思うと、どうお金を担保するかはシビアな問題でしょうね。

今回の懇親会はあまり社会の方に話題が進まなかった気もしますが、次回はそんなのも入れたいですね。
色々と知的好奇心を刺激して頂きまして、参加者の皆様に御礼を申し上げます。

師匠もいつもありがとうございます!
またよろしくお願いします!

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張