FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アフリカ投資に対して米国が遅れの危機感

アフリカ投資に対して米国が遅れの危機感

アメリカの政府系投資サービス会社のThe Overseas Private Investment Corporation(OPIC)はアフリカに対する投資が中国やヨーロッパに比べて遅れており、今後キャッチアップしていかなくてはいけないだろうとのコメントをUS-Africaビジネスサミットで出しました。OPICとは日本のジェトロに該当する機関のようで、米国企業の海外への直接投資などを促進する機関で1971年に設立されています。

先日、中国最大の銀行が南アフリカ最大の銀行へ資本参加した事は記事にしましたが、中国はアフリカに対してもの凄い投資をしています。中国のやり方はすさまじくて本当に国レベルでの攻勢をかけるような状況になっており、OPICはこれを懸念している程です。

OPICとしてはアメリカ企業にできる事はもっとあるはずだと考えているようで、US-Africaビジネスサミットは非常に重要と位置づけています。ただ、アメリカ企業が進出するには法的整備などを含めた透明性がより確保される必要があるとも述べていまして、この点に関しては妥協はしないだろうと述べているのですが、なりふり構わない中国は脅威のようです。

現在の所、アフリカへの投資は原油関係が主なものでアメリカはアフリカの経済成長の恩恵を受けていないという話もあります。アフリカに関しては今度記事にしようと思っているのですが、日本も完全に出遅れていると思われます。

今日の日経新聞に甘利経済産業相が昨日から南アフリカに商社の幹部60人を連れて官民あげて資源調達のため訪問中って出てました。日本もやっぱり遅れているようで希少金属を調達できないとハイテク産業に影響が大きいので焦ってはいるようです。

日本はアジアがあるからいいという議論もあるかもしれませんがアフリカももっと考えるべきかもしれませんね。少なくとも中国はかなり動いています。日本で中国の銀行が南アフリカの銀行に資本参加して活動してるなんてランケン読者ぐらいしか知らないんじゃないかと(そんな事ないかな…)。アフリカの重要性は今後高くなるでしょうね(元々重要視されてないので上にしか行かないって噂も)。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
アメリカの資本が・・・
ウォーレンバフェットがアフリカへ投資を検討しているとの情報を以前ランケン様よりいただきましたが,個人レベルでなく,国家レベルとしてのアメリカが動けばひとつの潮流となると思います。
ランド30円とか見てみたいものです。
(そういうときに限って18円で決済していたりして・・・。)
日本も分散投資の意味から南アフリカは注目すべきだと思います。
資源供給のセカンドソースとしての意味合いは非常に強いと思いますよ。距離は遠いですけどね・・・。
2007/11/16 (金) 21:20:44 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
もう一件,岩崎様から・・・
岩崎かおるさまからも,ランケンさまはお仕事忙しくて,講演も時間を縫って来てくださったとうかがいました。
そんな貴重な機会を逃してしまい,さらにがっくりとしています。
時間が出来たら,また,講演お願いいたしますね。

お体にお気をつけて。
応援投票しておきました。
では。
2007/11/16 (金) 21:23:33 | URL | nekki5149 #D6tukr2g[ 編集]
どうもありがとうございます
Nekki5149さん

こんばんは。
ランド30円は期待しすぎかと…。
不可能じゃないかもしれませんがさすがにそこまで行くには相当時間がかかると…。

資源戦争は既に始まっているみたいです。
日本としてどういう形でアフリカに貢献できるかが大事なのかもしれませんね。

セミナーの方ですが、年内はちょっと厳しいかなって思ってます。
前回と同じネタでしたら年明け早々にでもなんとかできるとは思うんですが、前回と同じですと人が集まらないですしねー。

あ、それとランケン様はくすぐったいのでランケンさんぐらいでお願いします。
なんか恥ずかしい・・・
2007/11/17 (土) 01:19:11 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張