南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの貿易黒字とかHSBCの南アフリカ株評価上昇

南アフリカの貿易黒字とかHSBCの南アフリカ株評価上昇


先週の話ですが、みずほ銀行のシステム構築費用が3000億円から4000億円になったと言う話が出ていました。
1000億円って。。。
1000億円増えるなんてのは、見積もりが悪いとしか思えないんですけどねぇ。
どういう意思決定でそうなったんだろうかと。。。

予算ありきでプロジェクトは動くものですから、優先順位もあるとは思います。
そこらへんをマネージ出来ていないか、東芝みたいにおかしな数字を積み上げてるか。
どっちにしても1000億円の差は大きすぎる気がします。

実はランケンもちょっとみずほ関連のプロジェクトに参加してた事があるんですが、なんかトラブルが酷かった記憶があります。
銀行本体じゃなかったですけども、銀行もなんだなぁって思いました。

やっぱり、上流の要件が決まってないんですよね。
みずほのトラブルは企業文化から来てると思うんですよねぇ。
対等合併がよろしくないんでしょうかね。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカの貿易収支が発表になっています。
4月は貿易黒字で50億ランドでした。
ブルームバーグのコンセンサスは74億ランドの黒字でしたので、予想よりは悪い結果となっています。

その一方で、今年は4月までで98.9億ランドの黒字となっており、昨年は4月の時点で264億ランドの赤字だったため、貿易修正全体で見ればだいぶ良い状況ではあります。
ただし、単純に喜べない点があって、それは南アフリカでの評価があまりよくない点です。
今回の貿易収支の結果は輸入も輸出も両方とも落ち込んでいまして、それは南アフリカの景気が悪いからだと言うのが、現地の評価なんです。

貿易黒字なのは悪い話ではないし、ランドも貿易収支に大きく影響を受けるものですが、そこが堅調なのは個人的には良いかとは思います。
政治やら格付けやらで厳しいにも関わらず、ランドが割と底堅いのは正直かなりビックリレベルです。

今日、HSBCは南アフリカの株式をオーバーウェイトにすると発表しています。
HSCBによると政治的な混乱は南アフリカの株式を買うチャンスを与えているとも述べており、強気な姿勢です。
先日、ウォール街の評価とは反対ですね。

理由としてはコモディティのサイクルがポジティブな背景があるとしています。
うーん、そーなのかぁ。
南アフリカの株売っちゃったなぁ。
買い戻すかって言われると悩むな。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
HSBC がいうことも…
1000億のシステム開発予算追加ですか!
ランケンサンいうとおり、上流の問題の感じします。日々細かい要件が変わってるのですかね…

今夜HSBCのコメント読みましたが、まあ、わからなくはないですが。

個人的には、
・先週から指標があまりよくない
(短期間ですが)
・今株価は頭打ち状態
※中銀が利下げの方向性なので、まだ上昇する可能性は感じますが…

マクロ的、見解をいえばまだいろいろ…

それより今週S&Pの格付けアナウンスありますが、下げでしょうね…
ブラジルも先週、政局混乱でS&Pはそく格下げアナウンスしましたから!

ま、問題は、moody,sですね。
おそらくは、先週頭moody 幹部と南アフリカの政府関係者で、大統領交代するなどのコンセンサスをとり、二段格下げは免れようとしましたが、失敗…

かなりの確率で二段下げ…
で問題が、どなたかブログ書いてありましが、シティーバンクのWGBIから取り下げられることになりますね!

ま、とんでもないことに、個人的にはUSA/zarは14間違いなくこえますね!

ということは、中銀利下げ見送り…
世界中の株価も高止まりのなか…
どうしたら、南アフリカの株価が上がるのか…

もしかしたら、日本でもよくある、証券会社のおすすめ株?内情はみなさんおわかりだとおもいますがww

ちと南アフリカ関連の買いは、控えられたほうが…

プラチナ、金は底値は硬そうですが、原油が、荒れそう…
2017/06/01 (木) 00:53:58 | URL | ともkk #no8j9Kzg[ 編集]
三代格付け会社の嵐がくる?フィッチ緊急today suddenly announcement!!
状況急変ですね!
フィッチが本日アナウンスと!
ニュースみると、昨日の時点で確定していた模様ですね。

本日の指標でPMIはよかったですが、失業率悪化…
昨日時点で決まっていたとなると本日の指標も関係なく…

ついでにいうと最近、南アフリカの指標はあまりよくないのですが、多分指標に関係なく…政局ですね…
おそらくnegative アナウンス…。

明日はS&P… 事前にアナウンスがあったので今週の指標は、基準にはならないですね…

そして1番恐れるMoody's.. 。
大統領交代のコンセンサスを否定されたので、恐らく二段下げ…

木金で、同時に発表されたら、
・通過スワップ、
・サーキットブレーカー


ま、そこまではないとおもいますが、先週のブラジルのように…
ただ、U/Zの動きが妙に静かな感じもしますし…

なぜかランドが上がってますし…ディーラーこの情報は知らないわけないですし…

手仕舞いしてる感じもしますし…

こんな状況で、元南アフリカマンデラさんが、zumaさんにやめろと…
2017/06/01 (木) 20:03:52 | URL | ともkk #no8j9Kzg[ 編集]
Fitch下げ。
早速フィッチ下げのアナウンス。

なのにランド高、ドル安。
他の通過ドル高。
おまけに株安、プラチナ大幅安!

なんか笑っちゃいますねww

テクニカル系が調整で、ズボズボ買いまくってるか、だれかDNPでもやってるのか…

ま、操作しやすい通貨ではありますよね!以前通貨戦争で南アフリカは痛い目にあってたとおもいますし。

ま、資金力があればあるほど、なんとかっていいますしね!

明日からは個人的に仕事が忙しくなりそうです。

ただmoody 'sの二段格下げとなれば、一斉にランド売りでしょうね。

ランドは、たまにわけわからない動きが面白くもあり、怒りを覚えますね!
2017/06/01 (木) 22:31:42 | URL | こう kk #no8j9Kzg[ 編集]
すみません。さっきのコメント間違いです。Fitch remain
Fitchは、BB+のoutlook stableですね。
すみません。
2017/06/01 (木) 23:16:26 | URL | こう kk #no8j9Kzg[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張