南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
Zuma大統領の支持率、なんと18%とか日本の労働市場とか

Zuma大統領の支持率、なんと18%とか日本の労働市場とか


遅ればせながら、インディ500の佐藤琢磨の優勝レースを見ました。
いやぁ凄いですねぇ。
インディで日本人優勝なんて信じられない。

しかもホンダですよ。
久々に熱い日本車ですね!
にしても、インディのエンジンってホンダとシボレーだけなんですね。
最近、F1も見なくなっちゃったしなぁ。(と言うか、テレビでやってないんだよね)

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

南アフリカ与党ANCの投票者によるZuma大統領の支持率、なんと18%だそうです。
与党ANCのですよ。
よく、そんなんで大統領のままでいられるなぁ。。。
民主主義国家で最も低いとされています。

また、与党ANCへの投票者の内62%がZuma大統領に不信任であるとしており、こちらも相当高い調査結果が出ています。
結局は与党ANCの政治家がZuma大統領に抱き込まれてるって事なんでしょうね。
このままだと与党ANC自体への支持率も下がっていくでしょう。

現在の南アフリカは与党ANCへの支持率が高すぎる部分もあります。
アパルトヘイトからの脱却とマンデラと言うカリスマで絶大なる支持率を誇っている政党ではありますが、今の与党ANCは既得権益でガチガチになっているように見受けられます。

野党のDA辺りがもっと頑張ってくるか、歴史と関係ない第三勢力が台頭してくるといいんですけど。
少なくとも、民主主義の体をなしていないと言われてもおかしくない支持率でしょう。

さて、Financial Timesに日本に関する記事が出ていまして、日本の労働市場が1990年代のバブル時代のピークを越えているとの事です。
4月の求人倍率は1.48倍となっており、求職者1人に対して求人数が1.5倍近くとなっています。
そんなになんだぁ、転職しようかなぁとか思っちゃいますね。

一方で、日本経済に対する歪みも指摘されています。
今回の労働市場が引き締まっている理由は労働者の供給が急速に減っている事が理由となっており、仕事が増えていると言う訳では無いそうです。

これ、結構昔から言われてましたよねぇ。
労働力が足りなくなるだろうって話は10年ぐらい前から言われていたいと思います。
少なくとも、数年前には言われてたはず。

特に団塊の世代がリタイアして、労働者が激減するのは人口動態から分かっていました。
景気が良いものですから、労働者の減少と共に仕事も増加しているため、かなり逼迫しているんでしょう。

OECDの調査では10%がニートになっているとの話も出ていました。
人が足りないのにニートは増えてるってのも、なんだかなぁって感じですよね。
ニートが政治が悪いなんて言った所で、国としては仕事はたくさんあるとしか言いようがない気もします。
マクロ経済の観点から国が出来る事はあんまりなくて、後は本人のメンタルの問題な気はするなぁ。

それにしても、10人に1人がニートってのも凄い数な気がします。
うつ病も相変わらず多そうですし、何ででしょうね。
仕事が嫌なのも分からなくはないですけども、仕事が無くなったらかえってメンタルやられそうだなって最近思います。

1つには日本人が豊かになり過ぎたってのもあるんじゃないかと思います。
ムリにキツイ仕事をしなくてもいいですし、ちょっと裕福だと稼ぎに行かなくても10年ぐらいは生きるのにたいして困らない。

10年、仕事以外で何かする事を探すってのも結構大変な話だと思うんですよ。
絶対に時間を持て余す。
人間、やる事ないとロクな事考えない、って言いますけど、若者の死因の一位が自殺だってのも、結局その辺にあるんじゃないかなぁとも思います。

する事ないと病みますよ、普通に。
特にエネルギーのある若い人はそうだと思う。
退屈ってかなり苦痛ですもん。

Financial Timesに戻ると、これだけ労働市場がタイトであれば、もっとインフレになるであろうとされており、今年後半はインフレ圧力が出てくるだろうとの指摘が出ています。
インフレして労働市場がタイトだと株価も上がったりするかな?
でもなぁ、人口減によるGDPの下方圧力も厳しいものがあるでしょうしねぇ。
インフレして成長はしないじゃ困るは困るな。。。

市場の方は小動きですねぇ。
うーん、今月は厳しいなぁ。
後3日で逃げる場所出てくるかな。。。
8割がた負けるな今月は。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張