南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
北朝鮮でアメリカ人逮捕

北朝鮮でアメリカ人逮捕


今日の東京はちょっと涼しくていいお天気でした。
15分ぐらいの間にロードスターを4台も見ました。
みんなオープンにしてて、気持ちよさそう。
もちろん、自分もオープンにして満喫してたんですけど、同じ車を見て、いいなぁって妙な満足感に浸ってしまいます。
「Something special」な車とはこういうものですねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

北朝鮮でアメリカ人が逮捕されたと言うニュースがWall Street Journalで出ています。
北朝鮮の大学で教えていたクリスチャン系の教授だそうで、出国しようとした所を逮捕されたそうです。

アメリカのキリスト系の人権団体って北朝鮮に結構な数いるんだそうです。
近年は、逮捕される事が多く、今回の逮捕が始めてって訳では無いようですが、タイミングが妙ですよね。

と言うか、時々ある話なのを、このタイミングで大きく出してくるのは何らかの意図があると考えてもいいかも。
どんな意図だって話は当たり前ですが、北朝鮮への攻撃の口実でしょう。

アメリカは本格的な上陸作戦を伴う戦争を起こす前に人質救出の奇襲を起こすと言う戦略的なコマが出来たように思います。
洋上での訓練などで今は威嚇していますが、人質救出と言う形で武力行使を比較的小さい規模で実際に行う。
人質救出を口実にキーとなる軍事施設に対する攻撃も行う事で、北朝鮮の核開発にもダメージを与えられます。

これだと、中国としてもしゃーねーかって話になる可能性があるし、ロシアも同様です。
特に中国はアメリカがそうしてくれた方がいいかもしれません。
だって、トランプに強いられている北朝鮮を何とかせいって話を当面先送りに出来ますから。

この場合、金正恩の排除には至らない可能性が高くなりますが、西洋諸国から見れば金正恩の排除なんてのは二の次で核関連の脅威を排除出来れば、いいわけです。
北朝鮮は人質を取って脅しているつもりかもしれません。
でも、アメリカから見れば中国などへの政治的なソフトランディングを出来る攻撃のカードを与えてるだけとも言えましょう。

やっぱり中国は未だに軍事的観点から見ると中国とアメリカの間に北朝鮮があると言うのは重要でしょうし、本当に北朝鮮の体制が崩壊されるのも色々と面倒くさい。
特に韓国が北朝鮮を併合する形になるのが人種的にも最も合理的とは思われますが、その場合、中国との国境のある北朝鮮に米軍が駐留する形にもなりかねません。
これは、軍事的にはなかなか許容しがたい。

現在の北朝鮮の体制を維持しつつも弱体化させる方がいいはずです。
まぁ、生かさず殺さずって奴ですよね。

これをずっと続けてきたのですが、北朝鮮も時間と共に軍事力をショボイながらも付けて来て、核開発を何とかものにしつつある状況に来ました。
金正恩の体制崩壊よりは時計を巻き戻す核開発弱体が、アメリカや中国にとって一番理に適っているのではないかと考えます。

難民流出の懸念がある韓国や日本から見ても、その方がコストとしては楽でしょうね。
韓国も今更北朝鮮を併合するなんて心情的には無くはないでしょうけども、現実的にはしたいかって言うと、それこそ国民の真意を問うレベルでしょう。
そんなような事を考えると、今回のアメリカ人の逮捕のニュースはこれからどう発展するかが非常に気になります。

もちろん、トランプがスルーして本格的な北朝鮮攻撃を始める可能性も否定はしません。
ただ、その可能性は現時点ではあまり高くないんじゃないかと考えてて、今回のニュースを見て、別の落としどころが出来そうだなと思った次第です。

フランスの選挙もありますし、トランプが減税に関するスピーチなんて話もあるって噂だし、どっちに行くか分かりません。
んー、やや悩ましいぞと。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
初めましてよろしくお願いします。
もし北朝鮮との争いが起きた場合は円高になるとみなさん予測はしてるとは思いますが、
もし起きてしまったとして、円安になる可能性はありますか?
2017/04/23 (日) 21:59:56 | URL | まっつ #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張