南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMFの通貨SDRって実は仮想通貨じゃないの?いえ本物のお金です

IMFの通貨SDRって実は仮想通貨じゃないの?いえ本物のお金です


確定申告やらランケンスクールやらで、やる事たくさんです。
確定申告、年に一回なので毎年やり方を忘れて苦労してます。

でも、最近のクラウドのソフトはありがたいですね。
税理士がいなくても決算書がわずかなお金で自分で作れちゃうし、銀行口座から勝手にデータ取ってきてくれたり、スマホのデータアップロードしたら結構出来ちゃう。
ランケンスクールみたいな月に2回しか営業していないスクールには大変助かります。
だって、売上少ないにも関わらず、決算書つくる事は企業規模に関係なく労力がいる訳ですから、コストを抑えられるのは助かります。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

昨日のランケン経済英語スクールに、世界銀行の元職員で某有名大学の教授が見に来ました。
NHKに出た事がある人ですので、1コマ目のクラスにいた方はちょっとラッキーだったと思いますよ。

元々は受講生さんのお一人が中国の元は将来的に基軸通貨になるんでしょうか?って質問から始まりました。
これは将来の事ですし、そもそも中国が基軸通貨にどこまで本気にしたいかって話が政治的にありまして、答えのない世界ではあるのですが、教授が質問を気に入って説明してくれました。

まず、基軸通貨が米ドルになったのはアメリカの思惑が強く影響しています。
歴史的にはIMFが出してる通貨のSDR(Special Drawing Right)のような形が提案されていたそうですが、アメリカが政治的にドルを採用させました。
これにより、アメリカはエネルギーを為替リスクない形で手に入れられますし、アメリカの借金も容易になるなど大きなメリットがあります。

SDRなんて我々の生活では全く関係ないのですが、経済の大きな流れの中では見えない所ですごく活用されています。
例えば、IMFはSDR建てで援助国にお金を本当に出してるんだそうで、為替レートもあります。
引き出すときはこの為替レートを使ってドルにしたりユーロにしたりするそうです。

つまり、世界共通の通貨としてSDRは国家レベルで活用されています。
Special Drawing Rightって位ですから、お金を引き出す権利なんです。
なるほどなぁって思いました。
まぁ、でもこの通貨、世界銀行とかIMFとか国連とかの国家を超えたレベルじゃないと目に触れることはありませんね。

この辺の話はなかなか聞けないので、あれだけでも昨日のクラスは十分高い価値があったかなと思いましたし、ランケンも勉強になりました。
教授には御礼申し上げます。

今、思ったんですけど、ビットコインって流行らそうとしてる詐欺集団がいっぱいいるじゃないですか。
IMFが出してるSDRこそ元祖仮想通貨かなぁと。
違うか、本物の通貨だから仮想通貨って言ったら教授に怒られるな。

でも、紙幣が存在してる訳ではなくてコンピューター上の数字って意味では仮想っぽい。
仮想通貨なんて昔からあるっちゃあるんですよね。
別に珍しい話じゃなくて、単に流行らそうって人がいるだけか。
SDR流行らせても、個人レベルで扱えない以上は流行りようがないですしねぇw

なんて事を考えると通貨ってなんでしょうね?って疑問にぶち当たりませんか?
お金って何でしょう?

昨日、教授はちらっと言っていたのは金との兌換性って奴が本質的な価値なんでしょうけども、それも形骸化してる今、お金とは何か?
モノやサービスを受ける権利って所かな。
ただ、そうだとしたらデパートが出してるデパート商品券もお金な訳だし、マクドナルドの割引券だってお金になっちゃいます。
もっと身近な所で言えばTカードとかポンタとか。

そんなの発行し放題ですよね。
ドルや円などのどう見てもお金であるものと、IMFのSDR、商品券とビットコインの違いは何でしょうか?
深いなぁ。

ところで、そもそも、なんでそんなエライ教授が小さな英語スクールに来るのかって?
実はランケンの親戚です(笑)。
異常なエリート家系でして。。。

でも笑っちゃうのが、昨日の午前中はランケンが教授に講義してあげてて、ランケンはスクールが終わった後に師匠に面白い事を教えてもらったりしてました。
何が笑っちゃうのかって?
師匠、学歴とかない人で、腕一本で生きてる人です。
昨日の図式は師匠がランケンに物事を教えてて、ランケンが元国際公務員の教授に物事を教えてると言う形。

完全に下剋上www
肩書きなんて関係ない世界は面白いですね。
師匠、ありがとうございますー!

さて、もう2月も終わりです。
恒例のランケンスクール懇親会は3月25日です。
詳細はまた別途来週ぐらいに告知いたしますが、受講生の皆様は先行予約で、いつもの予約ページにて入れて頂ければと思います。
7時30分から新宿で5000円でーす。
よろしくお願いします。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張