南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
詐欺と陰謀のお話し

詐欺と陰謀のお話し


今週はクルマ三昧しております。
1月だと言うのに、オープンカーでブイブイって言わせてます。
ロードスター、完璧!
もうね、自分に酔っちゃいますw
今日はデューカスコピーとまた詐欺を見かけたお話しにしますw

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

先週、ちょっと書きましたが、FX会社デューカスコピーさんのパーティーにお誘い頂きまして、行ってきました。
行ったらトモラニさんがいた。

パーティーで参加されてた人を紹介して頂いたのですが、トモラニさんのランケンの紹介の仕方がヒドイ。。。
「ランケンさんはぁ、顔は悪いんだけどぉ、一番マトモなの~」って紹介。
ちょっとちょっと、ウケるんですけどぉ(爆)

まぁ、そりゃーね、こんな顔ですからねぇ

Ranken_Mono.jpg


どー見ても、堅気じゃないですねw
実際は、ちんちくりんですよwww
カッコいいと言ってくれる人もいらっしゃるんですが、作りまくってますから。
面白がって作って本人もまぁまぁ気に入ってたりしますが、どう作っても悪くなるw

で、こんなクルマ乗ってる訳ですわ。

ロードスターRF2


極悪人にしか見えないですよねぇ。
トモラニさんの紹介も否定できない所が悩ましい(爆)

デューカスコピーのパーティーに話を戻します。
2015年の夏ごろにスイス中銀がスイスフランの介入を放棄したため、フランが崩壊しました。(崩壊っていうか、爆上げなんですけどね)
このお蔭で多くのFXトレーダーもぶっ飛びまして、顧客が損をカバー出来ず追証も払えずな状況に陥り、当時MT4のチャートで人気のあったFX会社アルパリが顧客の損を被り、ほぼ破たんしました。

当時、スイスフランはユーロ安フラン高に苦しんでまして、当時のスイス中銀総裁がスイスフラン安政策をとっていました。
要はフラン売りを中銀がやってた。
日銀が円高介入するのと同じですが、レベルが違ってフランを対ユーロで1ポイント割れないように操作していました。

ところが、ユーロ安が長引き、スイス中銀の国庫が大量のユーロ買いによりユーロ建て資産であふれかえると言う状況に陥り、続けられなくなってきました。
悪い事に当時のスイス中銀の奥様がフラン売りを介入前にやるなどして、完全にインサイダー取引。

この件でスイス中銀の総裁が辞任。
後任のスイス中銀はフラン介入を停止すると言った瞬間、フラン売りをしていたトレーダーが売りを全面停止し、売り方がいなくなった結果買い方のみ残る結果となりフランは爆上げ。

フラン介入が前提でフラン売りしていた個人投資家も大量におり、全員即死。
結果として追証が発生しつつもほとんど誰も払わないと言う事でFX会社アルパリが大きな被害にあいました。

そのアルパリは顧客保護のために奔走したようで、スイス銀行グループのFX会社デューカスコピー社がアルパリを買収したと言う経緯があります。
当時、ランケンもスイスフラン売りトレードをその1年前にブログに書いていた事もあって、激烈な動きには注目していました。

スイス中銀の被害、続々と

アルパリはMT4で有名だった会社で、日本にもファンは多くいたのですが、スイス中銀の失政のせいで、会社が破たんしそうとの事でランケンも記事に取り上げていました。
たぶん情報を流したのも一番早かったと思います。


アルパリ復活(違う会社で)


そんなのもあって、当時のアルパリのマーケット担当の方がランケンを覚えていて下さり、ご招待頂けました。

破たん処理なんて大変だったと思うんですよねぇ。
日本にいたアルパリの担当者の方も苦労されたようで、デューカスコピー社(ヨーロッパで結構大手のはず)と顧客の資産保護なんかをかなり頑張ってやられたようです。
アルパリの資産やら顧客の資産やらを救済しに行ったデューカスコピーには感心する。

FXなんてバクチな面も多い世界で、破たんさせて終わらせちゃいいのにと思わなくもないんですが、よく頑張ったなぁと。
顧客のお金を出金できなくなると投資家は困るしビットコインなんかでも普通にありましたから、ホント真面目。

金融業界なんて、モラルも何もないような部分結構ありますから、
さんざん詐欺にあったので(w)、当たり前とは思わなくなったな。
だいたい出金させてくれなくなるっての多いんだよなぁ。
ほとんどおかしな事になってる気がする。

ご飯頂いちゃったし、アルパリの破たんを救ったので、同社の紹介をちょっとします。
デューカスコピーは日経のFX会社と違って、手数料はスプレッドではなく取引当たりの外だしです。
何がいいかっていうと、FX会社が客の注文状況を見て飲んだりしない。
顧客の注文状況も板で見せてるそうで、高い透明性があるとしています。

こういうのって大事なんですけど、なかなか分かってもらえないんですよね。
下で書きますけど、透明性のない儲け話はみんな食いつくんですけどねぇ。。。


デューカスコピー


さて、詐欺をまた見かけたお話しの方ですが、デューカスコピーのパーティーに行った日は、ちょうど日経平均がアゲアゲだった日で、仕事が終わってから利確したくて銀座のカフェに寄りました。
時間無い中で、どれを切ってどれを食うかみたいなのを考えてたんですが、席の後ろでビットコインの話が聞こえてくるではないですか。

思わず振り向いたら、中年のやや小太りで見るからにうさんくさい男性がお年寄り3人を相手にビットコインを熱く語っていました。
もう見るだけで十分察しがつくんですが、こちらも相場から手が離せないし、パーティーに行かないといけなくて忙しいので、とりあえず無視。

でも、聞こえてきちゃう。。。
ビルゲイツとかの富裕層が世界を牛耳りたくてビットコインやってるとか、ビットコインは暗号化でお金を隠せるとかなんたらかんたら。。。
もう無茶苦茶。。。

なんで世界一の慈善事業やってるマイクロソフトのビルゲイツが世界を牛耳りたいんだと、ぶん殴ってやりたくなってきましたが、相場は動くので手が離せない。。。
だいたい、ビルゲイツが世界を牛耳って何するんだと。。。

でも、ここで気が付いた事が1つありました。
世の中で陰謀論って無くならないじゃないですか。

ロスチャイルドやらロックフェラーがFRBの裏側にいて、世界経済を牛耳ってるんだとか、フリーメイソンが米ドルを動かしてるとか、そんな話。
あぁいうのって、詐欺師が経済の仕組みとか説明できないもんで使うんだって気が付いた。

お金に関して説明が出来ない事を、どっかの富裕層が陰謀を企んでて世の中にビットコインみたいなのを広めててそれに乗るべきだってやってるんですね。
ビルゲイツがやってるんだから、あなたもやると儲かるよって話になってるんです。

ビルゲイツ、ビットコインやってないと思う。。。
ビットコインやってる人全員集めても1兆円しかないじゃん、市場規模。。。
ビルゲイツの資産、9兆円だぜ。。。

マラリア撲滅に尽力してて9兆円の資産を持って、多くがマイクロソフトの株だったりしますよ、ビルゲイツ。
しかも、マイクロソフトの時価総額50兆円。
ビットコインなんざやる意味が分からない。。。
陰謀でやるならマイクロソフト株、ちょっと上げた方がどう考えても儲かる訳で。。。
そもそも9兆円を死ぬまでに使い切る事が既に不可能な訳で。。。

当然、ITのテクノロジーとしては見てはいるはずですが、技術的な観点と世界が変わる技術としての要素で見てるのであって、彼がやるならばビットコイン自体よりも技術をマイクロソフトでどう活かすかに決まってるじゃん。

マイクロソフトでビットコインやる事だって出来るし、日本のその辺の訳の分からん企業がビットバンクやらなんやらってブロックチェーンテクノロジーで似たようなもの作れるんだから、マイクロソフトで出来ない訳がない。
っていうか、IBMなんかクラウドでビットコインのブロックチェーンテクノロジーを無料で公開してる気が。。。

で、その詐欺師(ほぼ確定w)はビットコインは世界に安くお金を送れるのどうのこうのって話をお年寄り相手に延々としています。
お年寄りは分からないでしょうねぇ。
ランケンが聞いてても訳が分からんのですから。。。
っていうか、完全にデタラメ。。。

テクノロジーも経済の仕組みも分からない人たちが、分からない事を全て陰謀にして、いかにも説得力があるようにするんだって、その構造をランケンはその時に理解出来ました。
で、それを悪用する人たちが詐欺師でいて、あまり賢くない詐欺師は全部陰謀論に乗っけちゃうから、あの手のレベルの低い陰謀論って無くならずに、延々と続いていくのね。
なるほどなぁ。

テクノロジーとか社会の仕組みは確かに難しいので多くの人が理解出来ないのは分かります。
ランケンも分からない仕組みに乗って詐欺にあったので、あまり人の事は言えない。

ただ、詐欺は詐欺の仕組みがあるのは良く分かりました。
知識のある人が知識の無い人を利用するのは、相対的な問題に過ぎず、レベルが高かろうが低かろうがやっている。

銀座で見かけた詐欺の場合、ウソの知識でもっと知識の無いお年寄りをはめ込んでるって事です。
で、ランケンはその詐欺をどうしたか?

その時は詐欺の確定をするに十分な情報を持ち合わせていなかったし、急いでいたので面倒な事にかかわらず放っておきました。(ビットコインの説明を胡散臭くしてただけですからね、全部聞いてた訳じゃないので)
で、デューカスコピーのパーティーでトモラニさんにビットコインのリージョンとかってねずみ講があるよって聞いて、そこで詐欺だって分かりましたが手遅れ。
お年寄りが被害にあっていないことを祈るしかない。

ビットコインでビットリージョンとかって1日1%の配当がつくねずみ講が流行ってるそうです。(年率365%ですよ!)
トモラニさんの知り合いもやって出金が出来なくなってるって話まで聞きました。
一時的なものか半永久的なものかの区別はついていないのですが、ねずみ講ですので法律違反ですし、どっかで破たんするから法律で制限をしているものです。
気を付けてください。

みんな、テクノロジーも社会の仕組みも苦手でしょ?
変なものに手を出す前にランケン経済英語スクールでちょっと勉強した方がいいですよ。
どういう仕組みでどこに付加価値があるから金儲けにつながるかをちゃんと見極められるようにしましょうね。
じゃないと、カモがネギしょってって奴に遅かれ早かれなります。(ランケンもなりましたから。。。)

と、ここまで書いて来て思ったのですが、悩ましいのは、ランケンの顔が悪いって話があって説得力が落ちる。。。
うーん。。。
いい顔に生まれたかった。。。
まぁ、こればかりは、どんなに勉強しても変わらない。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張