南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
海外オプション、始めました~

海外オプション、始めました~


昨日のランケン経済英語スクール2名の方がご入会頂きました。
最近、受講生さんからのご紹介の方が多く入会されます。
受講生さんが勧めてくれてるのは、受講してて満足してるって事だと思いますので、とても嬉しいです。

英会話スクールで、そういう話聞いたことって、ほとんどないもんなぁ。(広告には書いてあるんですけど、実際に聞いたことが無い)
受講生の皆様、どうもありがとうございます!

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

アメリカのデリバティブ会社のIB証券で口座を開きました。
いよいよ、オプションも海外トレードへ。
日経225も並行してやりますけど、楽しみです。

IB証券、噂にはだいぶ前から聞いてたんですが、そこまでやるかなぁって感じでした。
やっと動かせた。
口座開いて送金してって数か月かかってます。
で、正直、ツールが複雑すぎてなんだか色々と分からんのです(笑)

とりあえず、アメリカの株価指数SP500のミニ(SPY)のオプションを1単位プット買って、同値で決済しました。
さすがに単位も証拠金も訳が分からん状態で、プットでもコールでも売る気はしないので、とりあえず試し打ち。

結果、25セントを1枚で25ドル取引。
同値撤退で手数料200円負けw
いいんです、触ってみる事がまずは大事。

アメリカの株価指数とVIXをオプションでやりたいんですよねぇ。
VIXのオプションってスゴイでしょ。
VIX自体オプションから計算されるんですが、更にVIXのコールとかプットって、ボラティリティのボラティリティな感じです。
IVが90%とかって出てる(爆)。

あ、今気が付いた。
ボラティリティのボラティリティか。
VIXのベガってVommaなのかな。
あ、やっぱり、それっぽい、二階微分なんだ。

なるほどぉ、直感的にIV90%は理解出来るけども、二階微分ならそうだわな。
なんだか、映画マトリックスの世界に迷い込んだような気分です。
そのトレードなんて出来るんだろうか。。。

うーん、だいたいにおいてVIXのPut売りとかでインしたら、現受け出来ないよな。。。
先物と同じで決済されて終わりかな?
でも、VIX先物ってのも別にあるんだよな。。。
意味が分からん。。。

SQ持ち込んだら、どーなるんだ???
損益確定で終わるだけかしらん?
色々と分からん過ぎるぞ。。。
自信無くなってきた。。。(元から無いけど。。。)

それにしても、VIXのオプションなんてボラティリティトレードもだいぶ変態の域に達しつつあるな。。。
出来るんだろうか。。。
ダメなら、普通にSPYのオプションやろぉ。

VIXのオプションは木曜が毎週満期らしいです。
で、前日の水曜日には取引停止と。
なるほどなるほど。

売買単位はVIXのに100ドルかける感じです。
13ポイントなら1300ドル。
13万円ぐらいですか。
全然安そう。

コールで残存15日ぐらいでもコールのATMが2ドルとかかな。
200ドルなので、2万円ですか。
余裕ですかね。

しかし、こんなもんに流動性が十分あるなんて、アメリカ人て奴は。。。
恐怖指数(VIX)の保険で金のやり取りするって、要するに人の恐怖の売買を超えて、人の恐怖に再保険かけて、人の恐怖の深層心理を売買するみたいな感じ???

それって、要はうつ病の取引だろうか。。。
俺のうつ病売るよぉ、うつ病買ってよぉみたいな???
いらねぇっちゅうのね。。。
この思考自体が精神を病んでる気がする。。。

でも、流動性あるんだから、現実にお金として常に取引されてる訳ですよね。
なんでもお金にしちゃうんだから、まったく。。。
ヘッジ目的で基本的にはコール買うみたいですけどね。
まぁ、確かにVIXのコールなんて売る奴の気が知れないw

なんで、ランケンはそんな面倒くさいものやるのかと?
当たったらバカみたいにおいしい気がするですよ。
人の恐怖を食い物にしてるなんて、なんか妖怪みたいw

現物の株オプションもあるので、GoogleでもPut売りしてターゲットバイイングで現受け狙おうかなとか思いますね。
ただ、SP500が暴落すると怖い。
やれる事が多すぎて、とても手が回らなさそうです。

原油のオプションもあるのか。
原油のETF持ってるからコール売って、カバードコールにしようかなぁ。
いい考えかもしれないな。

CFDで先物系、だいぶやったので、だいたい分かるんですが、色々あり過ぎます。

SPYのプットをちょっと買っただけで、市場が買ったのがAMEXで売ったのがBOXとかって出てくるんですよ。
AMEXはギリギリ分かるな、アメリカン証券取引所。(カード会社じゃないです)
BOXはなに???

ボストンオプション取引所でした。。。
ボストンにも市場があるんだ。。。
ナスダックに買収されたらしいですが、会社としては同じでも市場としては別って事かな。
ナスダックのデリバティブ市場かな、それとも。

シカゴしか知らなかった。
当たり前か、日本だって大阪だけじゃないですもんね。
名古屋とかあるし。

ある程度、絞らないとダメだな、こりゃ。。。
ひたすらディープになってくなぁ。
でも、これ以上は無いでしょ。

こっから先はエキゾチックオプションしかないはず。
エキゾチックなんて、個人がやる理由は恐らくないので、これで一通りでしょう。

オプション始めたのが2010年の年末ぐらいかな。
6年やってるのか、オプション。
それもビックリです、3.11の大地震でプット売り食らいそうになったり、日銀バズーカーもろに食らったりしながらも、よく生きてるwww

少なくともオプションのポートフォリオが225だけだったのが、SP500も動かせるようになれば、パフォーマンスは多少は安定するとは思うんですよ。
きっとアホみたいな上昇では、両方ともやられるんでしょうけど、先月みたいな日本だけおかしな上昇する所は抑えられると考えてます。

手間は2倍になりそうだけど。。。
ワークロードだな、問題は。
まぁ、今までもFX触りながらCFDやってたり、原油やらコモディティ市場もしてますし、あまり変わらんか。

そういえば、ランドのオプション探してみました。
無かった。。。
さすがに流動性なくて作れないんですね、ちょっと残念。

でも、南アフリカの株価指数ETF(EZA)はオプションありますね。
IV、35%www
VIXまで行かないけど、アメリカの3倍だわ。
でも、日経オプションも18%になってるので、意外と低め?

でも、35%見ると売りたくなりますねぇ。
きっと、スプレッドすげーだろなぁ。。。
ランド建てだしなぁ。。。

確実に減価するでしょー。。。
コール売りも怖いし、プット売りも怖いし、ランドで引かされるのもなんとなくね。。。
カバードコールなら機能するかなぁ。

うーん、南アフリカ株価指数のカバードコールって、やっぱり変態すぎる。。。
勝てる気がしない。。。
そこまで、人柱しなくていいよね。。。
やめとこ。。。
他にやりたい事たくさんあるし。

また、ちょいちょいネタが増えそうです。
どんどんディープになりますね、このブログ。。。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張