南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!


あけましておめでとうございます!
酉年ですね、今年は更に高く飛べるようにしましょう!


逆にぶっ飛んだりして。。。
気を付けよう~。。。
今年は詐欺にあわない一年になってほしいぞとw

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

例年書いてる雑感でも書きます。
去年、何を書いてたかなぁなんて見直すいい機会だし、成長が分かる感じもする。

ブログって、自分のノートをひたすら残しておけるのはいい所ですよねぇ。
やっぱり、書いてて更に理解が深まる部分あるし、自分で言うのもなんだけど、これだけの知識が詰まったブログもそうはないはず。
ネットに乗ってるから検索しやすいのもいい所。
変な本を買うよりは自分のブログ読み返した方が勉強になったりするし、やっぱり自分がやってる事を言語化できなければ再現性はない。

もっとも、南アフリカブログでもなくなってきた気はする。
CFD-STATIONも後半オプションばっかりになっちゃったしなぁ。
まぁ、そんなもんでしょw。2006年から始めて10年もやってるんだから、このブログ。
同じ事ばかり書いてたら成長してないって事。

でも、だいぶ遠くまで来た気はしますねぇ、間違いなく。
ずーっと読んで頂いている読者の皆様も、成長されてる事でしょう。
とは言え、南アフリカの看板は降ろす気もないし、南アフリカも面白いので続けますよ。

と言う所で、書くの面倒くさいも無くは無いけども、書こう!
まずは、去年2016年の振り返り。

歴史的な転換点がいくつかあった一方で、世界経済のダイナミクスをあまり感じられない年だったように思います。
転換点はBREXITとトランプでしょうね、やっぱり。
共通点は政治。

去年の冒頭にも2016年は政治の年だなんて話は出ていましたね。
BREXITもなっちゃったし、トランプも大統領だし。。。
両方とも予想外でした。。。

失敗と思われてる割には、市場の反応は好意的だったりしてます。
トランプなんて、選挙終わった途端、おとなしく現実路線になっちゃうし。。。
やっぱり、やり手なのかなぁ。

閣僚の人選見てるとまだ不安はあるんですけども、ゴールドマンサックスの人が経済委員会みたいなのに就任してたりして、無茶苦茶なようで現実に即してる部分もありそうです。
まぁ、元々経済界の人なので、経済オンチで革命だけを謳ってるような政治家よりはって話かもですね。

BREXITにしてもトランプにしても、グローバル化の流れに付いていけない人が多くなりすぎて、その揺り戻しと見ています。
大きく見たら、グローバル化の流れは進んでいくのは間違いないんですけども、移動平均からかい離が大きすぎたって事でしょう。

大きく見てグローバル化の流れが止まれない理由は、テクノロジーです。
世界中で情報の格差が小さくなっているので、情報の不均衡が減っています。
知らなければ変わらない事も、知ってしまえば変わってしまう。
情報革命なんて言葉は数十年前の言葉かもしれませんが、インターネットは世界を変えています。

未だに北朝鮮みたいな国が存在しえるのがビックリですけども、北朝鮮人たちもそれを良しとして、周りの諸国もその方が面倒くさくないと考えちゃってるんですから、情報は流れ込まず変化も無いと。
それ以外の国は、ここ数十年でものすごい動いた訳ですが、やや行き過ぎた。

そこで移動平均からかい離したついてこれない多くの変化を嫌う人々が増えるのはやむを得ないのかなと考えています。
その意味では、テロもそうですよね。
考え方の変化を受け入れられない宗教で、教育をややはき違えて貧困の罠に陥っているイスラム教の貧困層が不満を爆発させてグローバル化の揺り戻しを図ったってのがそれでしょう。

この揺り戻しが先進国で具現化したのがBREXITであり、トランプかなと思います。
後は移民問題。
これもグローバル化の行き過ぎと捉えられる。
(北朝鮮を急激なグローバル化に組み込んではいけないって事か?絶対にグローバル化なんてついてこれないはずだから、社会が混乱してテロになるのかもね。。。)

ただBREXITしても手続きは増えるかもしれませんし、イギリスが移民を遅らせる事があってもやめたりは出来ないでしょう。
ドイツやフランス、オランダとの競争に苦しむでしょうから、結局は大勢に変化は出せないはずです。

ちょっと心配なのは右傾化しないといいけどなぁぐらいでしょうか。
まぁ、ギリシャですら右傾化の流れが落ち着いてきたから、イギリスは大丈夫かな。
情報さえ伝わってれば、極端におかしなものは排除されるでしょう。

2017年はグローバル化の揺り戻しが具体化される年です。
イギリスは志向は変えられないと思うので、どこで折り合いをつけるか。
アメリカはトランプがどこまで変えてくるか。
イギリスはそこまで変わらない気がしますが、アメリカはだいぶ変わる可能性もありますね。

グローバル化の揺り戻しと言うコンセプトレベルは以上かなと思いますが、具体的にどうなるかと。
やっぱり重要なのはアメリカ。
恐らくイギリスを含めてそれ以外は世界を揺るがすような事はないと思います。

トランプの戦略は興味深いかもしれません。
ロシアとかとどうしてくるんだろう?
中国をどこまで排除するのか?
その辺が2017年のキモかもしれませんね。

となると、やっぱり政治か。。。
難しい年になりそうですが、むっちゃ大きな波乱はないんじゃないかなと。
明日以降、各地域で考えてみます。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/04 (水) 16:35:34 | | #[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張