南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アメリカ大統領がトランプからクリントンへ変わる可能性とランケン経済英語スクールの懇親会ありがとうございました!!!

アメリカ大統領がトランプからクリントンへ変わる可能性とランケン経済英語スクールの懇親会ありがとうございました!!!


金曜日は帰宅が朝3時(土曜早朝)で、土曜日も朝10時に家を出てランケン経済英語スクールを昼から始めて、そのまま夜7時半から懇親会をさせて頂いて、帰宅が日曜日朝6時と言う生活になっています。
既に忘年会シーズンのピークを一足先に迎えたかなって言う感じのランケンです。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

土曜日はランケン経済英語スクールの懇親会にご出席いただいた皆様、どうもありがとうございました!!!
20名フルに来て頂きまして、1次会からだいぶ盛り上がりました。
夜の7時30分から朝の5時までほとんどお金の話で盛り上がると言う相変わらずの懇親会でございました。

一次会の野村ビルのバリレストラン、お店の雰囲気が非常によくて食べるものもまずまず量があったし、味は普通かなって所ですが良かったです。
7時半から11時過ぎまでお店で遊ばせてもらって一人5000円で良かったかなとか思っちゃいました。
2時間で追い出されてもおかしくないような気がしましたが、まぁ席が空いてるのでって話でしょうかね。

詐欺話はやっぱり初回参加の方には必ずしようと思いました。
ランケンだけじゃなくて、他にもありますね。
詐欺ってやっぱり多い。
被害が出ないようにしないと。

二次会はまたヒルトンのラウンジにしました。
11時30分から朝の5時までいさせてもらっちゃった。
ヒルトンのラウンジはソファーだしクッションあったりしてパーフェクトだなぁ。
ランケン、抱き枕状態で抱えたりひじ掛けにして使わせてもらってました。
かなりくつろいじゃった。

二次会の写真です~
ヒルトンのラウンジ、もうクリスマスツリーでした。

IMG_20161126_232013.jpg


11時からの2次会が既に12人の出席だったです(笑)
1次会20人なのに出席率、高!
しかも朝の5時までいた人の数がなんと8人(爆)

ランケンのブログ、実は今年10周年だったんですが、10年読んでるって方が初参加してくださいました。
ランドでやっちゃったらしいです(爆)。
10年読んでて今頃来るってのもだいぶ隠れファンですが、毎回数名は隠れファンが出て来て下さいます。
毎日数千人から1万人が来てたら、年間ののべ読者の数は数百万人ですが10年経つと数千万。
隠れファン比率0.01%であっても数千人。

あれ、1日の読者数と合致しちゃった。。。
もう一桁は下かな。

昨日の出席者の男性の2名ほど去年から今年に入って2000万円飛ばした人が二人いらっしゃいました。
師匠は3000万(だっけ?)飛ばしてたけど、これはプロなので取り返すから例外として、普通の方々が結構やっちゃってますねぇ。
投資をほとんどやってない方もとんでもない人々が普通にいたもので楽しんで頂けたようで、良かったです。
なんていうんですかね、週刊SPAのリアル版と言うか、SPAにすら出てこれないおかしな人々と言うかwww

一番個人的に盛り上がったのは20日に書いたエントリーのネタだったように思います。
やっぱり、夜の3時ぐらいだったですねw
だいぶイッチャッテマスが現実感がある所がスゴイ。

現実的には何が起きるか分からないのはあるけども、コンセプトレベルではだいぶポテンシャルが高そうです。
若干ハードル高いですが、なんとかしたいかな。

懇親会、ホント楽しかったですー。
皆様、どうもありがとうございました!

さて、アメリカの大統領選、まだ決着ついていなさそうですね。
これも今朝の3時ぐらいにヤバいって話で議論になったのですが、ウィスコンシン州で選挙結果の再集計が行われそうです。
ウィスコンシン州では2万7000票トランプ氏が勝っていると公式にはされたのですが、有権者の数が444万9170人です。
0.5%の差は余りにも僅差でして数え間違うと結果がだいぶ変わります。

このためウィスコンシン州では再集計する事になり再集計を12月13日まで行うとなりました。
ウィスコンシンがひっくり返るとヒラリークリントンが大統領に返り咲く事になるかもしれません。

スクールの皆様はスクールで提供しているFinancial Timesの記事にフルにアクセスできますので、下記リンクをぜひ読んでみてくださいね。
トランプがヒラリーにひっくり返るかもよ。

アメリカ大統領選ウィスコンシン州の再集計記事

また、再集計はミシガン州とペンシルベニア州でも行われる可能性が出ており、このあたりの大きな州でクリントンが取り返すと相当なインパクトです。
再集計を行う時点で今までの市場でのファンダメンタルなストーリーがひっくり返ります。

1つはFRBの早期利上げ。
これはトランプ氏が財政緩和をする事でバブルを防ぐべく、FRBの金融引き締めの可能性が高まっていたもので、これがトランプ氏でなくなるとなれば根本的に話が変わってしまいます。

トランプ氏が次期大統領に選ばれた後の動きは共和党による財政緩和策がFRBの金融引き締め期待を促し、債券暴落の金利上昇です。
金利上昇によりドル円は金利差が広がりますのでドル買いと言う流れになっており、113円まで上がってきました。

この流れは期待と言うか予想で出来ているものです。
しかし、これが違っている可能性が現実味を帯びた今、期待値は大きく修正せざるを得ない状況になると考えられ、明日はドル円は大きく下落する可能性が高そうですね。

そうなると日経先物も大幅に下げるなぁ。
結構荒れるかもしれませんねぇ。
うーん、どこまで値が飛ぶだろう?

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ランケンさん、こんばんは。
私も10年前から拝見させて頂いてます。10年前はスワップで大儲けできると思っていて、リスクヘッジの方法についてコメントさせてもらったりしました。でも、現実はそんなに甘くなかったですね。現在は、米ドルの短期トレードが中心で、ランドに手を出すことは少なくなりました。
ところで、ランケンさんの愛車はCX-3ですよね。実は私はマツダの社員なので、自社製品をご愛用頂き、とても嬉しく思っています。今後もどうぞ宜しくお願い致します。
2016/11/27 (日) 21:18:29 | URL | リターンライダー #9ekq1DpI[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張