南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
手数料で考えた事

手数料で考えた事


なぜか立て続けにランドをいくらで買うべきか、コモディティの手数料をどう考えてるかのアドバイスをお願いしますとのコメントが入ってきました。
どっかでこのブログが引用されたのかなぁ。
強気なエントリー書くからかな(笑)。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

いくらで買ったり、いくらで売ったりの相場観はよっぽど気が向かない限りは書かないようにしています。
外すと叩かれるし、当たっても何もないので、ネガティブなバイアスの方が強いんですよね。

週刊誌と同じで、皆様叩く時にはいっせいに叩きに来るもんみたいです。
ムダに炎上する。
ランドなんてランケンが下がるぞって書いて急落しただけで何故か炎上しかけるんですから、外したらどうなるかなんて火を見るより明らかです。

相手がきちんと目の前にいれば、まだいいんですけどねぇ。
ランケン経済英語スクールとかでお互いに顔が見られる環境であれば、休み時間に昨日もアドバイスさせて頂いたりはしています。
でも、顔が見えない環境では、何を言ってもいいに人間はなっちゃうので、申し訳ありませんが控えさせてください。
(強調しますが、あくまでも休み時間で、金商法に触れない範囲でしかしません。プライスなんて厳密には絶対に言わないです。ランケンが法令リスクを負ってまで、教える気は毛頭ありませんので。)

スクールやってて感じるのは、教えるってのは信頼関係が大事なもんだなぁと思ったりします。
これはお互いにそうで、お金をもらえば誰にでも何でも教えるって話でもないし、教わる側の人もランケンを信用しないとわざわざ土曜日に時間を割いて毎回来ないです。
自分のジム通いの経験から行っても、ホント皆様よく来て頂けるなぁといつも思います。

ネットは簡単に質問出来て、簡単に答えも返ってくる便利な面もあるんですが、公に出る情報になるので、中身次第になります。
特にお金絡みの相談については、こんなブログであっても毎日数千人の方が来てらっしゃる以上は慎重にならざるを得ない状況です。
丁重にご質問頂いていますし、心苦しい部分もあるのですがご理解くださいませ。

と、これを踏まえた上で、コモディティファンドの手数料については若干お答えします。
コモディティの世界で1%以下の手数料なんて気にしていません。
経験的には為替リスクの方がよっぽど大きいです。

オプションなんて100万円儲かったとか思ってても30万円ぐらい手数料で持っていかれたとかあるので(爆)。
取引し過ぎですねw。
これぐらいの規模(30%とか)になれば手数料はやはり気になりますが、ETFでやってレバレッジもかからないものの手数料は個人的には全く気にしていません。

特に長期保有であれば、取引回数なんて少ないし、ボラティリティー大きいので基本的には手数料は関係ないと考えています。
取引が多くて0.1%が100回とかなら気になるでしょうが、そうじゃなければランケンは気にしてないですね。
(まぁ、これでも10%だから、コモディティならあんま気にしないかもw)

ただ、時間のコストを常に無視できるかって話でもないようには思いますので、バランスは必要です。
でも、2倍になるのを狙ってる時に手数料は気にしません。
普段からコモディティばかりやってるなら別ですよ。
底値でもないと思ってる時ならば撤退します。

銘柄に投資してるのであって、手数料に投資してる訳ではないですよね?
手数料負けってのは、同じ銘柄(例えば原油)で、先物にするかETFにするかって時に考えるべき二の次の事ではないかと思っています。
例えトントンで降りてコスト負けした時にやらなければ良かったと考えるのであれば、投資なんてやってはいけないかもしれません。

手数料がぁ!ってスゴイ分析をされてるのを見ますけど、当該銘柄を欲しいんだから、しょうがないじゃんとか思うんですけど。
取引しない理由にならないな、ランケンは。
コモディティ難しいので、やらない理由探しじゃないのかなぁ。

あ、ちなみにETFも先物もコモディティやってますけど、確かにロールオーバーのコスト発生します。
プラチナなんてずーっとロールオーバーのコスト出てます。
ゴールドはほとんど出ないのがあるので、それでやってますけど。
ゴールドは流動性が十分にあるので、FXぽくできますね。

コモディティにチャンスありと見て、それを取引したいのであれば、それをさせてくれる証券会社さんにコストを払うのは当たり前でしょう。
チャンスを安く提示してくれる彼らの人件費や運営費だってかかる訳ですから、しょうがないし、彼らがいないと我々は何も出来ない。

手数料ってばかばかしいと思う時もあるんですけどねぇ、3割も持ってかれると(笑)。
下手なんだからしょうがないか、とか思ってます(爆)。
負けて手数料まで考えちゃうと悔しいので、そこは見ないようにしています。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/15 (月) 23:40:52 | | #[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張