南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
BREXIT後の月曜日の市場

BREXIT後の月曜日の市場


土曜日のランケンスクールは予想通りBREXITで盛り上がりました。
明日の相場が楽しみですねぇ。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

明日からの市場は日銀がどう出るかって所でしょうか。
もうちょっと言えば、世界の中銀がどうでるか。

BOEは介入したくないかもしれませんね。
ポンド安を利用したいぐらいでしょう。

ただ、株価が下がり過ぎたのは悩ましいんじゃないかと思います。
株価なんて二の次かもしれないけど(笑)。
他に課題が多すぎてって感じでしょう。

EUの中でも創立してコアメンバーであるドイツ、フランス、オランダ、イタリア、ルクセンブルク、ベルギーの6か国はイギリスに対して速やかにEU離脱をするように要請しています。
そりゃそーだろうなぁ。。。
EUのおいしい所だけ持っていかれても困るって話でしょ。

EUの国々にとって今大事なのは求心力です。
でないと、本当にEUが崩壊する可能性がある。
ユーロ崩壊でもあります。

求心力とは何かって話になるんですが、各国の国民がEUはいいものだと思ってもらえるかです。
難民は問題を持ってくるだけになってますので、厳しくならざるを得ないでしょう。
メルケルドイツ首相は東ドイツ出身で難民は救済したいと公に述べていますが、世論はもう無理って言ってます。

先週も書きましたが、ギリシャのような弱い国はしがみつき、イギリスのような強い国は離脱が意味することは、「汝の隣人を愛せよ」には限度があるって言う当たり前の事です。
ヨーロッパの周りの国々から逃れてくる難民を解決するには荷が重すぎる。

イギリスなんて中東やアフリカからは最も遠い海の向こうの国ですら、今回のような結果です。
ヨーロッパの大陸の国々の困難は相当に厳しいものでしょう。
特にトルコやシリアに近いギリシャは、経済危機と社会危機でギリギリのはずです。

でも、EUはギリシャに対してもより厳しくならざるを得ないでしょうね。
ギリシャもEUのお荷物で、多くのお金がEU各国からギリシャに流されていますから。
この状況で求心力って言葉が空虚に聞こえますねぇ。。。

イギリス経済の結果が今後数年でどうなるかは注目です。
意外と悪くないって言ったら、フランスも抜けるかって話になりかねない。
フランスが抜けたらドイツだけでリーダーシップを維持するかって話にもなる。
ドイツ人も嫌だろうなぁ。。。

地球の反対側の話なので、正直ピンとこない部分もありますが、当のイギリス人も経済なんて分からんって人が多いんでしょう。
EUがなんだか分からないけども嫌だってのは、日本がTPP反対って言うのと似たようなものだと思います。
どう影響が出るか知らないけども、反対って方に入れてしまう。

難しいですよねぇ。
EUに賛成か反対かって二元論で聞かれてもって気はします。
そんな単純な話ではないと思うんだけどなぁ。

なんか、今回の五分五分の結果は、賛成かどうかって言うよりも「分からん!」って回答に見えます。
そういう解釈っておかしいのかなぁ。

イギリスはEUにいるべきか離れるべきかってランケンが聞かれても答えられないもん。
経済の観点からは間違いなく「いるべき」なんでしょうけど、社会の観点から見たらそうではないでしょう。
社会の観点をうまく出来るようにしてほしかったと言う気はしますが、それが難しい事なのもよく分かる。
経済の面で正しかったかどうかは数年後のイギリスで分かるんでしょう。
EUとヨーロッパの繁栄を願うのであれば、イギリスに頑張ってほしくない気すらしてきます。
矛盾してるなぁ。。。。
ますます、今回の結果は残念な結果だと思わざるを得ません。

さて、明日の相場ですが、一回落ち着くと見ています。
別に世界経済が明日からイギリスのせいで悪化するとも思えません。
むしろ通貨安で企業はラッキーな感じかも。

一旦ポンド安で稼いで、EUのどっか税率の安い所に会社移した方がいいかって思うのが現実的な経営かもしれません。
なので、恐怖が恐怖を生むような展開にはならないんじゃないかなぁと思っています。

後はやっぱりこっからガッツリと明日売りに行く投資家がどれだけいるか。
普通に考えて中銀が何するか分からん時に売りに賭けるかって話はあると思います。

他の投資家もこの週末でBREXITは一旦Digest(消化)するでしょう。
そもそもBREXITがあるからって言って市場が薄い中で売りが売りを呼んでたと思っていますので、企業レベルで多くの被害は出ていないんじゃないかと。
だって、リスクが分かってたのに、対応していないプロが多いとは思えない。
だからこそ薄い市場だったし、その分ブレも大きくなってるはずなので、流動性が戻れば落ち着くと考えています。

個人的には日銀が入ってきて1000円ぐらい戻してくれると嬉しいんですけどね(笑)。
デルタをロングにしてベガをショートにしてガッツリと利益を出したい(笑)。
逆行ったら?
中途半端に落ちないと思うので、それはそれでガッツリなはず。
ホントにそんな都合よく行くのかなぁ~(爆)

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
決定を受け、嬉しそうに目をキラキラさせて「これで豊かになれるわ。」と言っていた女性がいました…。
離脱派のジョンソン氏は経済に影響はない、と言っていましたが根拠があるのか無責任なような気がします。中国を念頭に置いてるっぽいですかね。
だからChinese!と言って唾はくくらい英国民は好きじゃないみたいですけど。輸出できればいいのか…。投資と。

離脱派の方が現実感が具体的でしたね。病院の予約が半年先なのも移民のせいだ、等々。
ギリシャ危機の頃、イギリスも緊縮財政で社会保障をバンバン削っていましたよね。住宅手当てとか。涙を流していたおじいさんがいました。
それまで保障が厚すぎたのかもしれませんがバッサリ切って 、どうしたらいいか途方にくれる人を顧みない感じのキャメロン首相でした。仕方ないかもしれませんが。

ドイツが緊縮を強いすぎたのがやっぱり如何かと思います。
でもEUがバラバラになると先進国と言えど局地的に紛争の小さいのくらいは起きそうで心配です。
2016/06/27 (月) 00:06:08 | URL | みずほ #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張