南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
イギリスのEU脱退は欧州連合崩壊の始まりか?

イギリスのEU脱退は欧州連合崩壊の始まりか?


BREXIT 熱くなってきました。
BREXIT をちょうど土曜日のランケン経済英語スクールのニュース編でやったので、受講した方はテンション上がるでしょう?
なんと反対派が逆転で優勢になっています。

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!

人気blogランキングへ

Financial Timesの6月13日の世論調査では、イギリスがEUから離脱する方に投票する人が47%となりまして、EU残留の45%を2ポイント上回っています。
BREXIT が実現してしまうかもしれません。
これは、ちょっとヤバい数字になってますねぇ。

6月23日が国民投票ですので、あと10日。
この時点で逆転は嫌な感じです。
当然ながらイギリスの株価は急落しています。

そもそもEUって何でしょうか?
EUはヨーロッパの平和と経済的な繁栄を目指して創設された仕組みです。

平和を目指してなんて大げさなって思うかもしれませんが、真面目な話で軍事面においての共同管理を規定しています。
元々、欧州は国が分かれ過ぎていて戦争の歴史だったんです。
特に冷戦時代は社会主義国と民主主義国でぶつかっているからこそ、ドイツは2つに割れていた訳ですし、未だに戦火のある国が近くにあります。

また、経済的な繁栄は非常に重要であり、EUこそが人・モノ・お金が自由に行き来できるための法的な裏付けをするために必要な枠組みを提供しているのです。

EUの目的には以下のように書かれています。(英語が苦手な人、ゴメンナサイ)
ランケンの意訳で申し訳ないですが、以下の感じです。

The main objectives of the Union are now to promote peace, the Union's values and the well-being of its peoples.
EUの主たる目的は平和、EUの価値、人々の幸せを促進するものである

これは具体的には下記に書き下されています。


an area of freedom, security and justice without internal frontiers ;
国境のない、自由で安全で公正なエリア

an internal market where competition is free and undistorted;
競争が自由に歪みなく行われる市場

sustainable development, based on balanced economic growth and price stability, a highly competitive social market economy, aiming at full employment and social progress, and a high level of protection and improvement of the quality of the environment;
バランスの良い経済成長と物価安定を礎とし持続可能な発展、高い競争力のある社会市場経済で、完全雇用と社会進歩を目指し、環境の質を高水準で保護・改善する事

the promotion of scientific and technological advance;
科学と技術の進歩を促進する事

the combating of social exclusion and discrimination, and the promotion of social justice and protection, equality between women and men, solidarity between generations and protection of the rights of the child;
社会の疎外や差別と戦い、社会的正義と保護、男女平等、世代間の連携、子供の権利を守る事

the promotion of economic, social and territorial cohesion, and solidarity among Member States.
経済、社会、領土的結束、EU諸国の連帯を推進する事

となっています。

やたらと深い言葉が並んでいますね。
世代間の連携とか厚生省に問い合わせたい!(年金どうすんだ~)

当たり前と思いがちな事ばかりなんですが、北朝鮮を見るまでもなく決して簡単な事ではないのです。
EUの一部の国では、まだまだこの状態に達していない国がありますよね。
これが出来れば先進国入りも遠くないんでしょうが、出来ない国の方が多いのです。

イギリスはこの同盟国から離脱しようとしている訳で、独自路線を歩もうとしています。
まぁ、もともとは無かったと言えば、その通りで、無理やり統一しようとするから変な難民を引き受ける羽目になるし治安は悪化するしロクな事がないと。

イギリスの場合はユーロを採用していないのも大きいですよね。
採用していないというか、採用したかったのにどっかのとんでもない投機家にやられて追い出された訳ですが。。。
イギリス人はソロスを名誉国民にすべきじゃなかろうかと。。。

ソロスの言葉を思い出すな。
ヨーロッパはConversionではなくDiversionしようとしている。
それがギリシャから起きるんじゃなくてイギリスから起きちゃうんだ。。。

弱小国はしがみつき、強国は弱小国を助ける訳でもなく、一抜けを決めると。。。
多数決にしたらEUの理念なんてものは通じないんでしょう。
人間と同じだなぁ。

と言う所で市場は大きく下落しています。
先日書いたようにデルタは下に取っているのでいい感じ。
投票前まではボラティリティーは下がらないでしょうね。

日銀もBREXIT の懸念があるので、バズーカーは出さないと思います。
BREXIT が実現化して市場を抑える手段はそれしかないし、FRBは既にその意向を示しています。
コールを売りましょう(笑)。

人気blogランキングへ

一生役立つ英語と経済を身につけるには?!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張