南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
年初の雑感Part4

年初の雑感Part4


コメントで土日は記事書かないのぉなんての頂きました。
土日ぐらい休ませてくださいw。

土曜日はランケン経済英語スクールが割と入ってますし、日曜日も仕事してたりしてます。
ほとんど全部タダ働きでよく働くわ、ランケン(笑)。
結局、お金で動いてるわけでもないんですよね。

あと、非公開になってますが、ブログに感謝してますって書いていただいた方がいらっしゃいます。
こちらこそでございます~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

相場は荒れてますが、少し息抜きしたいので、今日は雑感にします。
年初から荒れてたもので、新興国の雑感にたどり着けずにここまで来てしまった(笑)。
年初の雑感も、既に年初な感じはしない(爆)。

昨年は新興国はヒドイ年でした。
2015年はトルコ危機から始まりましたが、最後はランド危機で〆ました。。。
まったくもう。。。

ランドなんて、この1年で対ドルは11.6ポイントから16ポイントまで下げています。
いくらドルが強かったとは言え、下げっぷりがどうよって感じです。
ブラジルレアルなんて、対ドルで2.4ポイントから4.2ポイントまで下げてます。
ランドよりもだいぶ悪い感じ。

トルコリラも年初に対円で51円だったのが、38円まで下落。
2,3割下げてますかね。

ただ、今年になってからはランドの方が悪そうです。
ズルズルと後退してくれますよねぇ。

昨年も新興国は下落するって書いてきましてトルコリラも売りですって話を書いた記憶あります。
ランケンがセミナーやった頃だなぁ。
いつだっけ。。。

ランドの下落ヘッジにリラショートがいいんじゃないかなんて書きましたけど、機能してくれます。
ランドだけ落ちる感じじゃないんですよね。
だって、ドル高要因が強いもん。
そしたらランドだけ下落ってのは理屈に合わないです。

今年の南アフリカとしては、やっぱり格付けが気になります。
2016年はついにジャンク入りでしょうか。
多分、そうでしょう。。。

既に織り込んでるとしか思えない動きはしていますが、なかなかおさまってくれません。
どこまで下げる事やらって感じです。
S&Pがジャンクに落とすのは最初だとは思います。
意外と早く落としたりしたら市場はビックリしてまた下げるんでしょう。。。

救えるとするならば、やっぱりズマ大統領の退任かと。
まぁ、ドル高や原油安が続く限りはそうはいかないでしょうけどね。
原油もゴールドマンサックスは40ドルじゃんなんて予想出してるし、さすがに20ドルまではやりにくいんじゃないでしょうかね。

ノルウェーも原油安でサブプライムバブルを超える痛手を負ってるなんて話が出てる位です。
せいぜい20ドルでしょう。
買いに行きますよ、ランケンは。

Zuma大統領に期待はしないものの、電力問題を解決できるリーダーシップ、汚職の一掃、成長率の改善って所はやはり誰かにになってもらう必要があると思います。
雇用の改善はヨーロッパ市場が回復しないとなかなかかもしれません。
ドイツは少しよくなってる感じしますので、このまま回復してほしい所ですけど。
株価が気になるな。

ヨーロッパのような大きな貿易相手がしっかりしてくれれば、南アフリカのマクロ環境としてはだいぶ良くなる。
ランドも安いし、ある程度は取れるんじゃないかとは思います。
ただ、ヨーロッパは冴えないのも事実で、なかなか厳しいです。

なにはともあれ、2016年はズマ大統領に退任してもらいたい!
このままでは南アフリカの評価が上がらないし、南アフリカの国債が買われない。
それはお金が入ってこない事を意味しますので、ちょっとなんとかしてほしいですね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
ランケンさん、こんにちは。
いつも拝見させていただいています。
ランドですが、下げてますよね。かなりの人がつらい目にあってますよね。
ここからは私の想像なんですが。ランドを買ってたファンドなとの大口はまもう、ほとんど売っているのかなと。ああ言うところは逃げ足は早いのかと。下げってから売るような事はしないのかと。
で、先週月曜日のどっかんで、きれいさっぱり、個人のロスカット混みで、一掃されたのでは。
今残っているのは、小口、個人投資家かなと。今後は短期のショートとかはいるかもしれませんが、かなり下がってるので、影響は少ないのかなと思ったりしますが。
どうですかね。
2016/01/18 (月) 08:10:39 | URL | たか #zFDpiS3U[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張