南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ランド危機、収束か

ランド危機、収束か


この状況で、名前も書かずにありがとうございますってコメント頂きました。
先週は迷惑なブログだって訳の分からんコメントも頂いたりしてましたので、立ち直れます。
こちらこそ、どうもありがとうございます。

これだけ人数来るとアンチファンもいるのは分かってはいるんですが、ランケンがGoogle一位なのはケシカランみたいな意味不明のイチャモン付けられると、多少は凹んだりします。
それはランケンにはどうしようもないっての。。。
誰も見に来なければ、Googleの検索で上の方になんか来ないんだから。。。

でも、9割以上は理解もして頂けてるし好意的に見て頂いてるのが分かるので、こんな状況かであっても応援のコメント助かります!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日のランドはまた大きく上げて開けて始まりました。
先週、今からショートしたら危ないよって書きましたが、ホントにその展開です。

にしても、凶暴な相場だわ。
こんなのレバレッジ取ってショートしてたら、大やけどじゃすまないな。

大統領辞任とかって話はないのですが、週末に動きがやはりありました。
前の代の財務大臣のPravin Gordhan氏を財務大臣に再度就任させる人事が行われています。
これにより、一気に5%のランドは上昇です。

一度は氏名されたVan Rooyen氏はわずか4日で退任です。
なんか、かわいそう。。。
ただ、Gordhan氏が務めていたCooperative Governance and Traditional Affairsに同氏は就任して入れ替えた形です。

この人事であれば、とりあえずは市場も納得した形です。
まだランドは下落傾向ではありますが、パニックは一旦収める事に成功したと言えるでしょう。
Gordhan氏はいいと思います。

Gordhan氏は更に前任のTrevor Manuel氏から引き継いだ後もしっかりとした財政堅持をして市場からの評価が高かった人です。
にしても、Zuma大統領、退任になったら爆上げなんじゃなかろうか(笑)。

今回の出来事は、Zuma大統領は完全に大失敗をしました。
南アフリカのアナリストは、今回の出来事がZuma大統領の終わりの始まりとしています。

まぁ、元々今の時代に合わない人って感じはしていたので、追い出すにはいい機会でしょう。
水曜日には反Zumaのデモが計画されています。
ワールドカップ南アフリカ大会でZuma大統領ブーイング受けてましたからね。
結構、決定的な出来事かもしれないな、今回は。

とりあえず、ランド危機は一回終わりな気がします。
Gordhan氏が出て来るなら、格下げの可能性も下がるし、うまく行けばZuma大統領退任に結びつくし、そうすると次の大統領への期待は高まるしと言う所で、あんまり売りにくい状況だと考えます。

ランドが上がるとは思わないけど、暴落は一旦なくなったんじゃないかと思います。
「ランド危機」ってカテゴリ昨日作っちゃったのになぁ。
Van Rooyen元財務大臣以下の時間で終わったのかも。
その方が誰にとってもいいんでしょうけどね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/15 (火) 00:29:55 | | #[ 編集]
南アフリカの状況が分かりやすくとても勉強になります。
2015/12/15 (火) 00:52:40 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/15 (火) 02:15:51 | | #[ 編集]
南アフリカの情報が欲しくて赤の他人の思い出話を読まされるのが嫌な私はワガママなんでしょうか?友達でも家族でもない人の車について興味を持てない私は変なんでしょうか?クラシックカーでも高級車でもない車のオーナーに憧れを抱けない私はどこかおかしいんでしょうか?会議室をわざわざ東京ドームと大きく誇張する人に母性本能を発揮できない私は心が狭いんでしょうか?南アフリカで検索した時に南アフリカ以外の情報はいらないんです。難しいお願いはしておりません。日本人の美徳はどんどんなくなりますね。謙遜や奥ゆかしさやマナーはあなたの母国にはないかもしれませんが、日本に住むなら必要な要素です。マナーとは人に迷惑をかけないための知恵であり、自分を守るための知恵ですよ。これが最後のメッセージになるでしょう
2015/12/15 (火) 04:44:53 | URL | 情報氾濫の被害者 #-[ 編集]
いつも楽しく読ませてもらってます。
有名ブログになると、アンチも多いんですね。
毎回参考にさせて頂いてますので、批判に負けず頑張って下さい。
2015/12/15 (火) 07:00:34 | URL | 景虎 #-[ 編集]
このウェブサイトは、南アフリカの数少ない情報が掴めるので非常に助かってます。いつもありがとうございます!
2015/12/15 (火) 08:18:11 | URL | よっちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/15 (火) 08:51:02 | | #[ 編集]
なんとか被害者さんへ
自分で情報仕入れてブログ書けばいい
2015/12/15 (火) 23:45:54 | URL | #-[ 編集]
ランケンさんランドの情報源です(^^)

FXは初心者です。1年ちょっとで今までは他の方のブログ等みることはありませんでした。自分の考えが迷いそうだったので(笑)
先日のランド暴落から初めて拝見させていただしました(^^)
数少ない南アフリカの為替に関する情報を自分の言葉で明確に伝えてくださってすごく参考になっています。
ときどき人はその情報に対して誤解を受けることもあるかもしれませが、ランケンさんのご意見はとてもランド為替をしている有意義であることは事実です。
全ての情報は膨大です。でも選べる時代です。本人が情報に対して不服なら見ないスルーを選択するのも可能ですね♪

長くブログやられているのは素晴らしいです!
これからもよろしくお願いします(^^ゞ
2015/12/16 (水) 01:13:39 | URL | 南アフリカ生まれロシアンブルー #ApRp8ZyE[ 編集]
情報氾濫さんは難しいお願いはしておりませんって書いてるから、過去にランケンさんに何かお願いしたつもりになってるみたいですね〜。
2015/12/16 (水) 09:52:02 | URL | さかい #-[ 編集]
てか、情報氾濫みたいなアホのコメントは、公開する必要ないんじゃないですか。
いちゃもんにすらなってない、ただのアホ。
2015/12/17 (木) 03:12:45 | URL | 一般市民 #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張