南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
TOEICの改訂と英語ができるようになるコツ

TOEICの改訂と英語ができるようになるコツ


アメリカがそろそろ休暇シーズンだったりして、相場もホントに小動きになってきましたねぇ。
チャート見てても、面白みのある戦略も出てこないし。
雑談モードで行きます~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ネットを見てて気になったのはTOEICの改訂です。
ただの会話だったのがチャットになってみたりしてるらしく、より現実の英語を使う場面に近い内容となっているそうです。

TOEICの改訂



一方で、英語学習者のツライ所は、今まで通用していた問題を解きまくれば点数が出る形式の小手先の英語学習法が少なからず通用しなくなる、と言う所でしょう。
ランケンも小手先の英語の勉強で高得点を出して留学して、エライ後悔したクチなので、若干複雑な気分ではあります。
ただ、英語の実力をつけると言う意味合いでは正しい流れかなと思います。

仕事で英語を使ってると確かにチャット使う場面って多くなった気がします。
一番多いのはメールとかパワーポイントでの英語を使う事なんですけど、LINEみたいなチャット形式ってかなり便利。
その理由は平行に他の作業をしながらチャット出来る点と、画像だとインターネットの資料だのを共有する時にチャットの方が便利なんですよね。

後は、3人以上でのやり取りは下手に電話にするよりもチャットの方がお互いに理解しやすい。
スレッドを追いかけやすいって言うんですかね。

にしても、上のURLの2ページ目ぐらいに英会話見てると、文法だけじゃ通じにくくなってるなぁって思わなくもないですね。
実際の英語に近いとは思うんですけども、口語表現を割と取り入れています。

ランケン、割と I am gonna send you email for details about itみたいな感じで"gonna"って会話で使うんですよ。
某銀行さんの会議で普通にそれを使ったら、その場に参加してた英会話学校の先生(アメリカ人)"going to"ってちゃんと言えって後で言われました。
なんか、学生っぽいって言うか、砕けた言い方でチャラいんでしょね。

でも、TOEICのテストでそれが使われるってのが若干混乱させてくれます。。。
シチュエーションに応じた英語ってのがあるって事なんでしょうけど。

後は英文が長くなってるそうですね。
英語が使えるか使えないかの差って、単にスピードです。
英語を英語のまま理解するスピード、読み取るスピード、話すスピードなど言語を使うスピードです。
TOEIC程度で時間がなくて問題が全部解けないって人はスピードが全然足りていません。

ディスカッションができるようになりたいって言う人、スクールにも時々来られます。
でも、TOEICでは時間足りなくって終わらないって。
ディスカッションって最もスピードが必要です。
TOEICは全部終わっても実際に必要な英語のスピードには足りないぐらいです。
ディスカッションなんて10年早いって、いつも思います。

スピードが求められる順番は以下です。
遅い方から順番で以下になります。

Reading
Writing
Listening
Speaking

Speakingの高度なのがディスカッションになりますので、その意味では最も高度ですし、実際にランケンも会議でディスカッションになると楽ではありません。(むしろ厳しい。。。)
日本語でもディスカッションは観点や文化が違ったりすると大変なんですけどね。

ReadingやWritingに関しては、しょせんは自分のペースで出来るので楽ですし、何回でも戻って見直せるのがいいんですけど、ListeningやSpeakingはその場で相手のスピードに合わせての理解が求められるので、やっぱり高度です。
これ、相場の会話も同じなんですけどね。

ランケンの飲み会で師匠とかと相場の会話してると周りの人は分からないって言う人がほとんどになっちゃうんですけど、ボキャブラリーも違うし、スピードにも付いていけないので周りの人は日本語に聞こえないし訳が分からんって話になるんです。

この後で、分からない人で分かりたい人はどんな本がいいですか?みたいな事を聞かれます。
会話で付いてこれない事をイチイチ教えてもらう訳にもいかないので、本で勉強しますってなりますよね。

いきなりディスカッションの英語の勉強とかしてもまず無理で、やっぱり読解からやらないとって話で、新聞ぐらい英語で読めないとディスカッションには到底届かないです。
子供の時に本を読みなさいって言われたでしょ。
あれ、英語でも相場でも同じです。

理解できるようになるには、やっぱり本ぐらいは読めるスピードがないと話にならないです。
それが出来て初めてアウトプットであるWritingとかSpeakingができるようになり、その上でListeningみたいな感じです。

TOEICに戻ると、その意味では正しい英語の実力測定に変わって来てるんでしょう。
TOEICの勉強も否定はしませんけど、英語で新聞ぐらい読めるようになりましょうね。
それにはスピードです!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張