南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
フランステロとユーロのイデオロギー危機

フランステロとユーロのイデオロギー危機


パリのテロ、死傷者の数が500人を超え規模も大きいですが、シリアからの難民問題も関係してしまっているので、単発のテロで終わらない欧州と中東の非常に大きな問題となってきています。
メルケル首相も難民受け入れを頑張ってきたのに、これで出来なくなるかもしれません。
シリアの難民はまた見捨てられる事になるのでしょうかね。
イスラム国に対する感情は言葉にならないものがあります。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テロに関する報道は日本語でも結構されてると思いますので、背景の方に焦点を当てて書いてみたいと思います。
今回のテロリストはISから難民に混ざって来ています。
イスラム国が100万の難民と一緒にテロの実行者をヨーロッパに送った結果で、イスラム国からしてみれば大成功と言う事になります。

通常、難民はどこに行かされるかは分からないので、フランスに行きつくためにはヨーロッパの中に既にいる協力者が必要となるはずです。
ヨーロッパでイスラム過激派のテロが最も起こりやすいは現在フランスと言ってもいいほどで、今年の頭にも新聞社へのテロがあったのは周知の事実です。
従って、フランスで起きたイスラム国のテロはある意味で必然です。

フランスもこれは恐れていた事態でして、もし難民に紛れてテロリストが入ってきた場合、彼らは対処出来るのかと言う危惧をずっと持っていまして、起こるべくして起きたと言う意識がフランス人には強いでしょう。
こうなると、フランスの世論としては難民の受け入れはやめるべきと言う勢力が強くなるのは目に見えています。

国境を閉じて受け入れなければいいじゃんって単純な話ではありません。
ユーロ圏ってのは、そもそも国境を無くして、貿易も自由にして、皆で繁栄しましょうと言う意図で出来たものですから、国境を閉じるって事の意味合いはユーロ圏がその大きな機能の一部を放棄すると言う事でもあります。

また、現在ヨーロッパの各国はシリアやイラクからの難民受け入れを共同で頑張っているのですが、当然ながら人道的な側面がほとんどすべての理由と言って差し支えないでしょう。
逆に言えば、自国民の犠牲を許しても難民を受け入れられるか?と言う事です。

もしもフランスが国境を閉じるとなれば、他のユーロ圏の諸国も国境を閉じるとなるでしょう。
なぜならば、難民の支援には莫大なお金がかかりますし、フランスだけが国境の閉鎖をと言う特例をいつまでも受け続けられる訳がないからです。(一時的にはやむを得ないと言う判断もありましょうが。)

ドイツはメルケル首相が東ドイツ出身でして、ベルリンの壁の向こうの社会主義国から来た首相です。
彼女自身も難民に近く西ドイツに救ってもらったと言う思いが強い政治家です。
そうはいっても、今回のフランスでのテロはドイツ国内でも想定されていなかった話でもなくて、こういう事態が起こる事を恐れてきました。

その思いだけで、ヨーロッパが難民受け入れを今後もするのか?
むしろ、国連が対応すべき内容ではないのか?
500人以上の死傷者が出てしまっては、当然そういう声が強くなるでしょう。

今後、難民は受け入れられない気がしてきました。
受け入れるにしても非常にシビアな管理をされますし、当然コストのかかる話です。
100万人に飯を食わせて、国内のホームレスにはしないってどう見ても難しい。

遠い日本から見ても、ヨーロッパの状況は気の毒です。
景気も良くないし、職がなく犯罪を起こす可能性のある大量の人たちを受け入れられるかって日本だったら絶対に無理でしょう。

下手をするとユーロはまた通貨危機っぽくなるかもしれませんね。
フランスの度重なるテロと国境問題が重なるとなった時に、ユーロと言う通貨の信任は受けにくいでしょう。

明日の日経平均はかなり下がるなぁ。
19000円を割れるかも。
プットの買いがあって良かったぁ。

若干、ボラティリティーショート、デルタロングなんだけど、まぁ下がるうちにボラティリティーロングになるでしょ。
思いっきり下がってほしいんだけどなぁ。


さて、ランケン経済英語スクールの懇親会、21日の土曜日です!
半年前と同様に六本木のJuppyでっす!
ユーロの宿命から世界経済の行方、原油までお話はなんでもありですかね。

二次会からは、転職の悩むを持った女の子が一人来るはずだな。
20代、30代女性の仕事とキャリアとお金の座談会でも夜はやろうかな(笑)。
40代以上の方もお仕事でお悩みかと思いますが、若者にアドバイスを与える立場でご参加くださいw。

どなたか、転職の経験談等お話できる方募集中~!
ランケンは正社員のくせに正社員以外のお金の作り方なんかなら話せるかな。
要するに副業の仕方とか現実問題みたいな。(爆)

過度な期待をされても困るので言っておきますが、副業なんて簡単ではありません。
が、出来ない事はないし、事例も割と持ってるよ。
あとは副業って割と成長する。

その他、相場にお悩みの方は、それはそれはディープな人たちがw。
英語の勉強の仕方でもいいですし、留学の仕方もありですね。
この辺はランケンがいっぱい話せるかも。
30代前後で留学を考えてる方は応援しますよー。

あー、あとランケンが相当に面白いネタを持ってるなぁ。
ランケンが出くわした金融の犯罪の話。(爆)

これ、すっごい面白いですよ。
裁判沙汰だと思うな。
あまり書けないし、最初は触りだけだけど、夜が深くなってきたらぶっちゃけます。(ウヒヒ)

お友達を連れてこられる受講生さんもいらっしゃいます。
スクールに関係ない人も毎回結構な数でいらっしゃるので、お友達もお誘いあわせの上お越しください!
別に無茶な勧誘はしません。

出来れば、水曜日ぐらいまでにお申し込み頂きたいです。
お店にも連絡しないといけないので、参加者の方の人数を知りたいので。
クラスのある方は一緒にそのまま行きましょう。
ご案内しますー。

詳細は以下です。


経済英語スクール飲み会場所

前回の雰囲気は下の感じ~



第12回懇親会
懇親会~


第12回スクール懇親会風景3mekakushi
懇親会2




二次会とか三次会とか場所の移動はなしで、朝までずーっとここにいますー。
飲み放題は最初の二時間です。
あとは、キャッシュオンデリバリーで、飲みたい人と食べたい人が各自カウンターで注文ください!


日時:11月21日(土) 19;30~21:30
会場:六本木 Resort Dining Juppy
参加費:5000円(税込・サービス料込)
飲み放題でっす!



申込方法

以下のHPからご登録ください!

第15回ランケン経済英語スクール飲み会!!!




☆どなたでも参加可能なので知人、友人とのご参加も大歓迎です!


【事前支払いのお願い】
 全てを実費で運営する為
事前支払いのお願いと、キャンセル料全額負担をお願いしております。

※1週間前までのキャンセルはキャンセル料かかりません。

【お振込先】
銀行名: みずほ銀行
支店名: 神谷町支店 普通預金
口座番号: 1232619
AOIA株式会社(エーオーアイエーカブシキガイシャ)

定員になり次第、お申し込みを締め切りますので
お早目にお申し込みください。

では、土曜日、楽しみにしております!!!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張