FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの予算声明

南アフリカの予算声明


旭化成のマンション傾きの件、イヤな話ですねぇ。
一軒家よりマンションの方が暖かいから好きなんですけど、マンションの2020年問題とかもあるし難しいよなぁ。
やっぱりワンルームマンション投資とかありえないわぁ。

日本の不動産ってどうなるんだろ。。。
地方で起きているゴーストタウンが進むんでしょうね。
アメリカにもいっぱいあるんですけど、どこの世界も似たようなものだろうから推して知るべしって奴ですね。

東京は大丈夫なんて人もいらっしゃいますが(特に不動産関係者の方。。。)、なんで東京だけ例外なんだろ。。。
NYも一時は結構酷かったんだけどな。
スラム化して、その後景気が上がれば再開発になるんでしょうけど、一旦はスラム化するのが普通のプロセスなイメージありますね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの2015年中期予算政策の声明が出てきました。
中期予算も気になりますが、過去10年の南アフリカの発展がなかなかに面白いです。

南アフリカ人の平均寿命って2004年は52歳だったそうです。
それが2014年は61歳になったそうです。
結構笑える数字です。

日本人どうなんだろって思ってググってみたら、1947年の平均寿命は男性50歳、女性54歳だったのが、1960年には男性65歳、女性70歳になっています。
これ、ずーっと伸び続けていて、2014年の平均寿命は男性80歳、女性87歳ぐらいとなっています。
あと、40年もすると10歳ぐらい更に伸びそうですかねぇ。


日本人の平均寿命推移


女性100歳、男性90歳みたいなね。
ちなみに日本の年齢構造における2060年の平均年齢は54.6歳とされています。
定年は70歳とかにしないとこの国もたないですね。

南アフリカに戻ります。
2004年から2014年の10年間で、フォーマルな住居の数は800万から1240万に増えたそうです。

フォーマルな住居って。。。フォーマルじゃないと雨漏りするとかそんなんですかね(笑)

電気が通るになった家は77%から86%。
これは、なんか少ない気がするなぁ、10年ででしょ。
95%ぐらい行ってほしい所だ。

また、水道へのアクセスも80%から86%へ増えました。
下水も62%から79%と増えています。
これ、トイレですね主に。

5歳の子供が幼稚園等に通う数は2倍に増えて87%で、大人の識字率も84%に上昇しています。
人々は地方から都会に出てくる傾向が強くなっており、南アフリカでも日本と同様に都市が膨らんでいき、地方は減っていくと言う構造が見てとれます。
世界中、そうでしょうね、これは。

こうやって見てみると、過去10年で大きな飛躍を遂げたのも事実ですね。
ちなみに、ランケンのブログもそろそろ10年。。。
とても、南アフリカほど成長したとは思えない(爆)
ま、こんな投資ブログだかトレードブログだか、経済ブログだか運営を10年続けられるのは、それなりに成長したって事で(笑)。

予算の中で足りていないとされているのは以下の点です。

・住宅建設
・教育や研修
・技術への投資
・リタイア後の保障
・経済成長


南アフリカの2015年中期予算声明



残念ながら、成長の鈍化は南アフリカの財政収入を下げており、これらの不足分へのお金が足りていません。
本来なら、こういう国にこそ投資して成長していけるとお金は有用に使われるのでしょうが、なかなかそうも行かないのがマクロ観点とミクロ観点での、かい離ですかね。

さて、肝心の財政ですが、今年の赤字は対GDP比で3.8%であり、中期的に3%にまで落ちていくとしています。
現在の累積財政赤字はGDP比で47%となっておりますが、2008年の26%から比べるとだいぶ増えています。
まぁ、それでも日本の200%とかに比べると全然良い訳で、ここはしっかり守って欲しい所です。

色々と他にも財政改革についてサプライチェーンやら税収システムやらの改革等が書いてあるのですが、詳細は上のリンクで読んでみて下さい。

結論として指摘されているのは、世界経済は当面は低成長となるため大幅な税収増は期待できないとされています。
とは言え、限られた予算の中で経済成長を進めていかないといけないので、大事な事としては、エネルギー能力の引き上げ、公共交通ネットワークの拡充、通信システムの改善などが挙げられています。
また、国民の債務レベルを上げないようにする必要があると指摘されていまして、政府も民間も借金漬けにならないように気を付けないとねって感じです。

政府のガバナンスもより強化すべきとしており、購買改革が求められています。
某大手カメラメーカーの購買改革やったなぁ、昔。

結局、このお金をどう使って南アフリカの人たちを働かせるか、暮らしをよくさせるかって話で、こうやって予算の観点から見ると経営と変わらない感じもしますね。
統治機構がポピュリズムによるってのが政治のメンドイ所ですが。

なかなか面白い予算声明でした。
規模の大小はあるにせよ、家計であれ政府予算であれ、基本的な考え方は同じようなものですね。
お金が健康的であれば、寿命も伸びるし、生活も改善すると。
馬鹿みたいに浪費してたら、生活もダメになり健康も悪化する。

普段からキチンとした生活を国民全体で出来るような仕組みを作っていけるかが大事なんでしょうねぇ。
当たり前と言えば当たり前ですが、政府レベルの予算ってなかなか見る機会がないので、勉強になります。
んー、今日のエントリー濃いーわ。(笑)

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ランケン先生今回のブログ濃い内容で非常に見応えのある内容でした。

関連記事を読みましたが(英語のページ)ですが、斜め読みして多少わかりましたが、改めてリテラシーの重要性を感じました。

私の専門はら企業ガバナンスのコンサルやってましたが、経済リテラシーのなさを改めて痛感し、detailまでは理解できない未熟さを痛感しました。

思った以上にインフラが進んでないことは、非常に深刻に感じました。

平均寿命は、興味あるデータでした。

今日のusd/zarが13.4のラインで留まるか非常に注目です。トレンドとしてはこのラインを保持出来れば13まで再度挑戦しそうですが。

いかんせんstatement の内容と各国中銀の政策発表が続くのでトレンドが当てになるのか?

日経平均は明らかに、日銀の緩和催促相場感を強く感じます。

今週、来週は相場があれるのは必須ですね。
2015/10/22 (木) 03:40:11 | URL | K #-[ 編集]
2008年から拝見させて頂いてます。南アフリカの情報を得るのに一番優れたブログだと思い、それから毎日拝見させて頂いてます。
ブログ約10年なんですね、いつも有益な情報ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
2015/10/22 (木) 11:39:42 | URL | ponta #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張