南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ギリシャ、自国通貨発行能力ないらしい。。。

ギリシャ、自国通貨発行能力ないらしい。。。


なんだかアクセス数多いですねぇ。
ここ1週間ぐらい、1日1000人ぐらいは普段より多いかなぁ。

最近ギリシャネタが熱いからですかね。
先日もオプションの会の青天でリーダーの人に、ランケンのギリシャブログ楽しみにしてるって言われたし。
サブプライムあたりから趣旨が変わったかも~(笑)

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

と言う所で、今日もギリシャ。
国民投票終わってからも、しばらく熱そうだなぁ。
経済危機、見てて興味深いです。

ギリシャは今のままでは現金が国内にないので、非常に困ったことになります。
お金がないと物々交換の世界になっちゃいますからね。
パンとかの食べ物を少しぐらい買うなら、物々交換でもいいでしょうけど、携帯電話とか電気代とか水道とか言い出したら、絶対に物々交換は無理です。

なので、何かユーロの代わりの通貨が必要で、新ドラクマ導入かって話が出てくるんですが、またバカな話が出ています。
ギリシャのバルファキス財務相は、以下のような話をしました。

「ギリシャ国内でユーロに代わる紙幣を印刷するための印刷機(輪転機)は既に壊れている」

そして、自ら

「通貨を発券する能力はない」

と話をしました。。。

ウソでしょ。。。
どう考えてもこの政権、頭が悪過ぎる。。。
お金の印刷も自分で出来る能力がないくせに、緊縮反対とか言うなと。。。

ふざけてるんじゃないだろうか、この政権。。。
どうするつもりだ、1000万人のギリシャ国民。。。

ギリシャ国民、本気でこの政権を支持してるのが半分近くもいるなら、大問題でしょ。。。
マレに見るバカ政権だよ、これ。。。
アフリカでも少ないかも。。。
少なくとも先進国レベルの議論ではない。。。

ランケンのFacebookでも、ひどいコメントをランケンに送ってくる人が出てて、いっその事ジンバブエから借りたらどうかとか(笑)。
いや、インク代が出ないんじゃないかってランケンが言ったら、インク代ぐらいならロシアが貸してくれるのではとかw。

他の人は、公務員がいっぱいいるなら手書きで書けとか。
商品券以下じゃないですか、それ。
パソコンぐらいあるでしょー。ワードで書けますよぉ。
てな感じで、もー、言いたい放題(爆)

まぁ、でも確かにありましたね。
ジンバブエが自国通貨の印刷放棄した時も、輪転機を買う事が出来なかったって話が確かにあった。
ギリシャ国内で、お金を印刷する能力がないとなると、新しい通貨って話すらない訳ですか。。。

さすがに、IMFも輪転機買うぐらいのお金は融資してくれる気もするんですけど、それすら今の政権には与えられないかもなぁ。
頭悪いから、乱発しそうだもん。

一方で、ドラクマが印刷出来たとしても、そんなお金は海外の人は受け取ってくれないので、原油も買えないでしょう。
しかも、米ドルやらユーロには変換できるか怪しい。
国内限定通貨。

ブラックマーケットなら受け取ってもらえるだろうけど、ブラックマーケットレベルの額で原油は買えないしなぁ。
ガソリンとか国内から消えるかもですね。

本気でギリシャ人は気が付かないと。。。
現政権は、クーデターおこしても倒さないといけないぐらい、おかしいと思う。
単に感情で国家の運営するようでは困るよなぁ。

まぁ、国民の多くが感情論で動いてしまうのは、日本も同じだったりしますが。。。
ヘイトスピーチなんて、そのもの。
論理的に考えて失敗するものは確実に失敗します。

ギリシャ、どこまで壊れるんだろうか。
将来の日本の姿とは思いたくないけども、結果は似たようなものかもしれない。
その意味では、見ておかざるを得ないですかね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張